ジョブコンプラスお仕事ガイド 働くなら知りたい!工場のお仕事をご案内

職種・免許ガイド
大型トラックドライバーは大変?運転手の仕事内容や年収などを総まとめ

大型トラックドライバーの仕事は、積荷を指定された場所に届けることです。大型トラックドライバーを目指している人の中には、勤務時間の長さなどの労働環境が気になる人もいるでしょう。
  
ここでは、トラックドライバーの仕事の特徴や報酬、働くために必要な免許などを紹介します。
  
大型車を運転するコツなどもわかりますので、参考にしてください。
  

大型トラックのドライバーが不足気味?トラック運転手の市場動向

大型トラック運転手は、スムーズな物流を維持するための大切な存在です。
  
大量の荷物を積み、日夜問わず長距離を移動するトラックドライバーの仕事は大変ではありますが、人々の暮らしを支えていることが実感でき、やりがいを感じられるという意見があります。
  
このように、トラックドライバーは重要な仕事ではありますが、年々トラックの運転手は減りつつあります。
  
このまま全体的なトラックドライバーの数が減れば、各事業所間で、ドライバー獲得競争が激化するでしょう。
  
トラック運転手が少ない背景には、労働環境と低賃金、若者の車離れなどがあると考えられています。
  
いつまでも厳しい労働環境が続く職場では、運転手の確保が難しいでしょう。
  
労働環境や低賃金を見直していけば、トラックドライバーを志す人を増やせると期待できます。
  
関連記事:「トラックドライバーが減少している現実とは?人手不足の危機について」
  
関連記事:「運送業界の現況はきびしい?働くメリットはあるのか」
  

きついと感じるのは勤務時間が原因?大型トラック運転手の仕事内容

大型トラックの運転手というと、きつい仕事といわれることが多いです。
  
個人の家や会社、お店などに荷物を届けるルート配送の大型トラックドライバーの仕事を確認してみましょう。
  
まず、朝出社して点検と点呼が終了したら、荷物を積み出発します。
  
その後は終日配送を行い、最後は会社に戻って報告書を出すなどし、業務が終了します。
  
配送する荷物によっては、昼夜逆転して夜のうちに配送する場合もあります。
  
このように、トラック運転手の主な仕事内容は、運転と荷物の受け渡しであることがわかります。
  
  
トラック運転手の仕事がきついといわれる原因の一つに、勤務時間の長さが挙げられます。
  
まず、運転にかかる時間は道路状況に左右されます。
  
特に、道路が事故や天候で通行止めになったりすると、大幅な遅延は免れられません。
  
さらに、荷物の受け渡しを行う「荷受け」でも余計な時間が発生する場合があります。
  
たとえば、荷受け場所が狭くて順番待ちをしたり、何らかのトラブルで荷受けの担当者と連絡がつかなかったりすると、待ち時間が発生してしまいます。
  
なかには6時間も待たされたというドライバーもおり、荷主側の都合で発生する待ち時間は、大きな問題といえるでしょう。
  
  
さらに、疲れていたとしても、荷受けを待つ間に仮眠をとるわけにはいきません。
  
うっかり寝てしまうと、他のトラックに順番を追い抜かされるリスクがあります。
  
休憩することもままならず、ただ待ち続ける時間はドライバーにとって非常に辛い時間といえるでしょう。
  
このようにドライバーが不利益をこうむる事態を改善すべく、2017年に施行されたのが「貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令」です。
  
これにより、大型トラックが荷主側の都合により30分以上待機させられた場合、待機状況を日々の乗務記録に記録し、1年間は保存することが義務付けられました。
  
記録することで運送会社が荷主側に待ち時間分のお金を請求することができ、最終的に荷受けに関する時間を短縮できると期待されています。
  
関連記事:「ドライバー志望の方必見!きちんと把握しておきたい勤務時間の仕組み」
  
関連記事:「定時はない?トラックドライバーの労働時間ってどうなっているの?」
  
関連記事:「トラックドライバーの勤務時間はどのくらい?休憩時間や休日などについての基準」
  
関連記事:「ドライバーの働き方を改善!勤務時間や待遇はこんなに変わる」
  

大型トラック運転手は稼げる?平均年収・ボーナスの相場

勤務時間の長さが問題視されている大型トラックドライバーですが、稼げる仕事としての一面もあります。
  
大型トラックドライバーの平均年収は、男性の運転手でおよそ450万円、女性ではおよそ400万円となっており、男女ともに稼ぎやすい仕事といってよいでしょう。
  
日々の給料に加え、ボーナスも支給されます。
  
ただ、これらはあくまでも平均的な数字であるため、仕事を始めたての頃は思ったように稼げないと感じる人もいるようです。
  
高報酬を得たいと思ったなら、長距離を走ったり、雇用が安定している職場を選んだり、資格を生かして高報酬を狙ったりという努力が必要になるでしょう。
  
今の職場ではこれ以上収入を得られないと感じたら、転職を検討してみるのもおすすめです。
  
  
なお、残業代が未払いにならないよう気をつけねばなりません。
  
荷受けにかかる時間や、道路の渋滞による遅延時間を残業と認めない運送会社もあります。
  
仕事を始める前に、賃金に関する契約をよく把握しておきましょう。
  
また、業務日誌を欠かさず記録しておけば、勤務時間を示す証拠になります。
  
関連記事:「トラックドライバーの平均年収と給与アップの秘訣」
  
関連記事:「運転手の転職情報、大型トラックドライバーの給料・平均年収は?」
  
関連記事:「トラックドライバーのボーナス事情」
  
関連記事:「トラックドライバー(運転手)の退職金の相場はどのくらい?退職金制度のある求人探しのコツは?」
  

大型トラックを運転するためにはどんな免許が必要?免許獲得のコツも紹介

大型トラックを運転するには、大型免許が必要になります。
  
まず、試験を受けるには普通免許または中型免許、もしくは大型特殊免許のいずれかが必要です。
  
もし何も免許がなければ、多くの人が持っている普通免許を取得するところから始めましょう。
  
次に、試験について説明します。
  
試験は実技試験と適正検査のみで、学科試験はありません。
  
すみやかに大型免許を獲得するには、いかに大型車ならではの運転技術を習得できるかがポイントです。
  
およそ30時間分の授業が準備されているので、集中して運転技術を磨きましょう。
  
なお、授業時間はもっている免許の種類で異なります。
  
たとえば、普通免許がオートマ限定ならば、マニュアルの運転技術を学ぶために4時間分の授業が追加されます。
  
  

大型車は車両の幅や高さが普通車とは大きく異なるので、要領をつかむまでが大変だという人が多いです。
  
また、視点が高くなり遠くまで見渡せるようになった一方で、近くの歩行者や自転車、自動車などに気づきにくくなったという意見もあります。
  
不安な点は教官に確認し、短い時間でしっかりと技術を身につけましょう。
  
関連記事:「どれくらいかかるの?大型免許の料金費用の相場とは」
  
関連記事:「大型免許の試験内容&合格率そして難易度について解説!」
  
関連記事:「大型免許取得で就職・転職や給与アップを目指そう!教習内容とは」
  

危険を回避!大型トラックを安全に運転するコツ

大型トラックを安全に運転するコツとして、見え方や車幅・内輪差に注意することなどが挙げられます。
  
まず、大型車は普通の車よりも大きいため、運転中にミラーや肉眼では見えにくい死角が発生することを意識しましょう。
  
特に見えにくいのは左後方部で、十分に注意を払って運転せねばなりません。
  
真後ろが見えないので、駐車をするときも気をつけます。
  
同乗者がいれば誘導してもらって停めるのがおすすめです。
  
  
また、車幅が大きいため、狭い道路ではすれ違えない恐れがあります。
  
なるべく狭い道路は通らないようにしましょう。
  
タイミング悪く対向車が来れば、どちらかがバックする必要にせまられます。
  
真後ろが見えないトラックはバックで事故を起こす可能性があり危険です。
  
さらに、左折する際には内輪差に注意しましょう。
  
普通乗用車よりも少し遅めにハンドルを切らないと、後輪がガードレールなどに接触する可能性があります。
  
見えにくい左後方を早めに確認し、人や自転車などの巻き込みを避けることも大切です。
  
関連記事:「トラックを運転するコツとは?乗用車との違いもチェック!」
  
関連記事:「ドライバー必見! 大型トラック走行時に運転手が気を付ける注意点」
  

大型トラックの運転手が乗るのはどんなトラック?形状や種類を紹介

トラックには、小型・中型・大型トラックといわれるサイズ別の分け方があります。
  
一般的に大型トラックとは10tトラックのことを指し、大型免許を取得してはじめて運転できるようになります。
  
大型トラックの形状としては、荷物を積む部分が大きい箱型であるバンボディタイプが一般的といえるでしょう。
  
バンボディタイプは、壁に断熱材を入れた保冷バンや、箱の側面が大きく開いて荷物の出し入れが便利なウィングタイプなどに細分化されます。
  
バンボディタイプのトラックがよく使われる理由としては、丈夫な箱型で積荷を雨風、落下の危険などから守れること、箱型の部分を広告に利用できることなどが挙げられます。
  
関連記事:「トラック運転手必見!トラックの種類の基礎知識をまとめました!」
  
関連記事:「トラックにはどんな種類がある?トラックドライバーの特徴と年収まとめ!」
  
関連記事:「勘違いをしていませんか?4t・8t・10tトラックの違いとそれぞれに必要な免許」
  

大型トラックドライバーは物流を支える大事な仕事!

大型トラックドライバーという仕事には、勤務時間が長いなどといった労働環境の問題があります。
  
一方、高報酬が見込め、物流を支えるやりがいを感じられる点では大いに魅力的な仕事といえるでしょう。
  
荷受け時間を短縮できるような法律の整備など、トラックドライバーの労働環境は見直されつつあります。
  
大型免許を取得し、大型トラックドライバーとして働いてみてはいかがでしょうか。
  

  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
関連記事:「トラックドライバーで働きたい!昼勤と夜勤それぞれのメリットって?」
  
関連記事:「トラックドライバーなら知っておきたい!トラックの事故率」
  
関連記事:「大型トラックに搭載されている速度抑制装置について正しく理解しておこう」
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
大型トラックドライバーの求人をチェック

ジョブコンプラスDは、トラックドライバー・タクシードライバーをはじめ、
配送ドライバーやバスドライバーなど、運送・物流業界の求人を多数掲載!
大型トラックを運転して資材・食料品・自動車部品等の配送や、
中型トラックでカゴ台車を配送したり決まった店舗にルート配送する仕事など、
運ぶモノや職種を細かく指定することも可能。

また、小型トラックや軽自動車での配達ドライバーとして個人宅へ宅配する仕事もあります。
さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスDをお気軽にご利用ください!

ドライバー・運転手求人の仕事探しならジョブコンプラスD



{{-- --}}

求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

☆関連するタグ

トラック 大型

☆関連記事

運営者

ドライバーマガジン編集部
  • ドライバーマガジン編集部
  • ドライバーマガジンは、トラック、タクシー、バスなどドライバーのお仕事に携わる方向けの情報メディアです。 ドライバーの職種の違いや免許の取得方法、職種別の年収情報など、お仕事を始めるために必要な情報から、タクシードライバーとして稼ぐコツなど、ドライバーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を届けます!是非ご覧ください!

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断