どれくらいかかるの?大型免許の教習所の料金費用の相場とは

職種・免許ガイド

どれくらいかかるの?大型免許の教習所の料金費用の相場とは

  • 投稿日:2019/08/05
  • 更新日:2021/11/03

目次

    こんにちは。ドライバー求人サイト「ジョブコンプラスD」の編集部です。

    ドライバーとして勤務している人のなかには、収入アップを目指して大型免許の取得を考えている人も多いかもしれません。

    実際に、大型免許を取得するためにはどのくらいの費用がかかり、取得する方法としてはどんな方法があるのでしょうか。

    そこで、今回は大型免許を取得するための方法と料金費用の相場について解説します。

    ※大型免許の取得費用について詳しく知りたい方はまずこちらの動画をご覧ください!

    【大型免許の教習所の料金費用の相場とは】
      
      

      
      

    そもそも大型免許とは?

    大型免許とは、車両総重量が11トン以上、または最大積載量が6.5トン以上、または乗車定員が30人以上の大型車を運転できるようになる免許のことです。
      
    大型免許を取得することで、大型車より小さいほとんどの車も運転できるようになります。
      
    大型トラックには、バンボディやミキサー車、ダンプカーなどの種類があります。
      
    建設業界や物流業界で活躍の場を広げたければ、大型免許はぜひ取得しておきたい免許だといえるでしょう。
      
    なお、大型免許は第一種と第二種に分けられます。
      
    路線バスなど、人を運搬して運賃をもらう大型車を運転する場合は第二種免許が必要となるので留意しておきましょう。
      
    大型車の特徴は、内輪差が大きく、車体の周りに死角が多いことです。
      
    大型車は前輪と後輪が大きく離れており、右左折時の内輪差によって事故が生じやすくなります。
      
    巻き込み事故などに発展してしまうケースもあるため、運転の際は細心の注意が必要です。
      
    また、一般的な車に比べて車高が高く、全長が12m程度と大きいため、死角が生じやすいことも注意が必要なポイントです。
      
    ミラーなどで周囲の状況をこまめに確認しながら、安全第一を心がけて運転する姿勢が求められます。
      
    大型車の運転では、車体の大きさに慣れながら、高い技術を身に付けていく必要があります。
      
      

    取得中の免許によって変わる!大型免許を取得するための費用

      
    大型免許取得にかかる費用は、教習に通う時点で本人が取得している自動車免許に応じて異なります。
      
    そのうち、費用を最も抑えられるのは、中型二種免許を所持している場合です。
      
    反対に、最も費用が高くなるのが、普通免許(8t限定なし)だけを所持している場合です。
      
    教習所に通学するときの費用相場は、普通免許の場合は45万~55万円前後、普通二種免許なら35万~43万円前後。
      
    中型(8t限定)免許なら40万~50万円前後で、中型免許であれば35万~45万円前後となり、中型二種免許の場合は20万~24万円前後になります。
      
    ただし、地域によっても多少金額に差が出ることがあるのでしっかりと確認をしましょう。
      
      

    どんな人が取得できる?大型免許を取得するために必要な前提条件

      
    大型自動車免許を取るための条件の1つ目は、所定の運転経歴を満たしていることです。
      
    免許取得には、普通自動車免許または中型自動車免許、大型特殊自動車免許のうち、いずれかを取得して通算3年以上経過していることが必要です。
      
    ただし、免許の取得後に免許停止処分などを受けた場合、その期間は含まれません。
      
    2つ目の条件は、免許の取得日に満21歳以上であることです。
      
    普通免許に関してはマニュアル車の免許が必要で、オートマ車の限定免許を所持している場合は受験の条件を満たしません。
      
      
    さらに、身体的な条件も決められていて聴力と視力に条件があります。
      
    聴力は普通免許などと同様に、10mの距離で警報機が発する90デシベルの音が聞こえないと大型免許の取得はできません。
      
    視力は両眼で0.8以上、かつ片眼の視力が0.5以上である必要があります。
      
    また、深視力検査の検査を数回受け、3回の誤差が2cm以下でなければ大型免許の取得は不可能です。
      
    なお、この検査では眼鏡やコンタクトレンズを使用できます。
      
    ドライバーの求人ならジョブコンプラスD
      
    運転免許取得には欠かせない視力検査!免許の種類ごとに徹底解説
      
      

    大型免許と同時に取れる免許にはどんな種類がある?

    大型免許と同時に取得することで、活躍の場をさらに広げられる免許がいくつかあります。
      
    その代表的なものが、大型特殊免許と牽引免許です。
      
    大型特殊免許を取得すると、大型特殊自動車を運転できるようになります。
      
    大型特殊自動車の代表例として挙げられるのが、ブルドーザーや除雪車、クレーン車などです。
      
    これらの車は特定の状況において高いニーズがあり、運転できれば幅広い仕事を引き受けられるでしょう。
      
    けん引免許を取得すれば、750kg以上の重量がある車をけん引できるようになります。
      
    タンクローリーやトレーラーなどが運転できるため、運送業における仕事の幅が広がるでしょう。
      
    これらの免許を同時取得することで、資格手当が支給されて収入が上がる可能性もあります。
      
      

    どうやって取得する方法がおすすめ?大型免許を取得する手段

      
    大型免許を取得するには2種類の方法があります。
      
    1つ目は、指定教習所を利用して仮免許試験に合格し、運転免許試験場に行って本試験に合格する方法です。
      
    2つ目は、運転免許試験場で仮免許試験と本試験両方に合格する方法で、一発試験と呼ばれています。
      
    一発試験は、教習を受けずに免許センターで仮免許試験および本試験の両方を受け、合格すれば免許が取得できます。
      
    一発試験は、教習所と比べて格安ですが、試験の難易度は高くなっているため、受験者数は少ない傾向です。
      
      
    したがって、一発試験ではなく教習所や合宿免許を利用して短期間に集中的に大型免許を取る方法が一般的といえるでしょう。
      
    教習所なら大型車両が用意されているので、路上練習も安心して受けられます。
      
    ただし、大型の教習を実施している教習所の数は少なく、申込者数が多い場合には入校に制限が設けられるケースもあります。
      
    教習所の通学ができない場合は、合宿免許で取得する方法がおすすめです。
      
      

    取得方法によって費用に差は出る?

      
    教習所に通って取得する方法と、一発試験を受ける場合では、当然ながら費用が違ってきます。
      
    教習所に通う際の相場は、最初に触れた通り所持免許によって異なり、普通免許なら35万円前後で、準中型限定免許なら30万円前後、中型免許では18万円前後です。
      
    なお、所持している免許がオートマ限定の場合は、先にマニュアル車も運転可能になるように「限定解除」の教習を受けることが必要です。
      
    もし、自宅の近くに大型自動車免許の教習を実施している教習所がないなら、合宿免許がおすすめです。
      
    合宿免許は、一定期間に教習を完了するようにカリキュラムが効率良く組まれているため、最低限の時間で教習を終えることができます。
      

    そして、一発試験を運転免許試験場で受ける場合は、仮免許試験および路上試験の料金を支払います。
      
    たとえば、東京都で一発試験を受ける場合、構内試験(仮免許試験)は5500円、路上試験(本試験)は8650円です。
      
    これらには、受験料や試験車使用料、免許交付料も含まれます。
      
    なお、不合格になってしまったときは受験料および試験車使用料がその都度発生します。
      
      

    自分に合った方法で大型免許を取得しよう!

      
    大型免許を取得することができれば、ドライバーとして選べる仕事の幅が広がります。
      
    大型免許の取得にかかる費用は、所持している免許の種類によって変わってくるため確認が必要です。
      
    また、教習所に通う方法だけでなく一発試験を受ける方法もあります。
      
    取得する方法はさまざまなので、自分のライフスタイルに合った方法を選んで無理なく取得しましょう。
      
      

    まとめ

      
    大型免許を取得すれば、運転できる車両の幅が広がるため、任せられる仕事の種類も増えます。
      
    すると給与等の待遇面も今より良くなり、同じ労働時間でも収入アップが見込めるでしょう。
      
    しかし、大型免許を取得するには決して安くない費用を準備しなくてはいけないため、経済的な不安を感じたり、なかなか一歩を踏み出せない方もいるかと思います。
      
    そんな方にはぜひ、教育訓練給付金制度の活用をオススメします。
      
    国から補助金を受けて資格取得ができる制度がありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
      
      
    関連記事:免許取得で補助金(助成金)がもらえる!?教育訓練給付金制度の概要
      
      
    また、企業によっては福利厚生の中に資格支援制度がございます。
      
    仕事をしながら大型免許の取得を目指したい方は、仕事選びの基準の1つとして求人情報を確認してみましょう。
      
      
    >> 資格取得のドライバー求人をチェック
      
      
    ジョブコンプラスDは、ドライバー専門求人サイトとして大型トラックドライバーの求人情報を多数掲載しています。
      
    求人情報の中から、あなたの希望に合わせてカンタンに仕事探しができます。
      
    まずはどんな仕事があるのか実際に探してみましょう。
      
      
    >> 大型トラックのドライバー求人をチェック
      
      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    ドライバー必見! 大型トラック走行時に運転手が気を付ける注意点
      
    大型免許の試験内容&合格率そして難易度について解説!
      
    大型トラックに搭載されている速度抑制装置について正しく理解しておこう
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    大型自動車免許のドライバー求人をチェック
      
    軽トラックのドライバー求人をチェック
      
      

    合わせて読みたい関連記事

    「職種・免許ガイド」カテゴリの人気記事ランキング

    ドライバーマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスDで求人検索!

    運営者

    ドライバーマガジン編集部
    ドライバーマガジンは、トラック、タクシー、バスなどドライバーのお仕事に携わる方向けの情報メディアです。 ドライバーの職種の違いや免許の取得方法、職種別の年収情報など、お仕事を始めるために必要な情報から、タクシードライバーとして稼ぐコツなど、ドライバーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を届けます!是非ご覧ください!

    ジョブコンプラスD

    ドライバー・運転手のお仕事いっぱい!

    • 正社員
    • 未経験
      OK
    • 高収入

    ジョブコンプラスD

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • あなたを採用したい企業からスカウトが届く!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP