製造工場や自動車工場で働く期間工。満了金や寮が完備されていることが多いだけでなく、職歴の少ない人や未経験の人でも採用されやすいことから、興味がある人は少なくないようです。
  
期間工にはメリットがいくつかありますが、契約の期間が決まっているだけに「期間満了後の仕事が心配」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、期間工の具体的な仕事内容や期間満了後の仕事についてまとめてみました。参考にしてください。

期間工って?派遣社員とは違うの?

期間工とは企業で働く契約期間が決められている「契約社員」のことで、企業によっては「期間契約社員」や「期間従業員」などと呼ばれることもあります。契約社員というと、派遣社員と同じようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
  
派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社を通してほかの企業に派遣されます。派遣社員は派遣会社との契約なので、給料や手当は契約を結んだ派遣会社の規定に沿ったものが、派遣会社から支払われます。
  
一方、期間工は企業との直接契約です。そのため、企業の規定に沿った給料や手当、福利厚生を受けることが可能です。また、派遣社員の場合は、派遣会社に仲介マージンをとられることがありますが、期間工の場合は企業から直接給料や手当をもらうので、働いた分はすべて給料として受け取ることができます。

  
知らないと損!意外と稼げる「期間工」の求人
  

工場勤務の経験がなくても大丈夫?

製造工場や自動車工場で働くのなら、それなりの知識や経験が必要だろうと考える人もいるかもしれません。
確かに、工場勤務の経験者は優遇されることが多いようですが、学歴や職歴問わず採用してくれる企業もたくさんあります。
  
仕事の内容も基本的にそれほど複雑ではないですし、初心者には先輩がついて教えてくれる職場がほとんどなので、安心して働けるのではないでしょうか。最近では期間工として女性を雇う企業も増えているため、性別も問わず働けます。
  
ただし、一日中立ちっぱなしの仕事や、同じ作業の繰り返しという仕事内容の場合もあるので、ある程度体力があった方が安心でしょう。また、通院中の重い病気や、仕事に支障をきたすような健康上の問題がないことも大切なポイントです。

  
期間工の採用時に行われる健康診断、気になるその中身とは?
  

期間工のメリットやデメリットは?

期間工で働くなら、メリットやデメリットも気になるところです。期間工のメリットは、未経験者でも採用されることが多いことや、寮・食堂が完備されている企業が多いことでしょう。
  
寮が完備されていれば、自宅から通勤可能な勤務地以外からも勤務先を探すことができるので、より多くの職場から選べます。また、食堂が完備されているところなら、食費を節約することも可能です。家賃や食費など生活にかける費用が減るので、収入の多くを自由に使えるといえます。
  
意外とよい面がいっぱい!失敗しない寮付き求人の探し方とは?
  
デメリットは、配属先を選べないことが多いことです。特に希望する配属先がない場合は問題ないのですが「どうしてもこの仕事がしたい!」という部署がある人でも、希望した通りに配属されるとは限りません。また、契約の期間が決まっているので、満了後の仕事に不安を感じる人も少なくないようです。

契約期間の満了後は?

期間工の満了後は、いくつかの選択肢があります。
  
まずは、契約の更新です。ほとんどの企業では契約の更新を受け付けているので、同じ職場で働きたい人は、契約更新をします。更新するにつれて賃金が上がることもあるので、特別な理由がなければ、更新して同じ職場で働き続けるという人が多いようです。
  
もしも、何らかの理由でほかの職場で働きたいと感じたなら、経験を活かして他の企業で期間工として働くという選択肢もあります。
  
また、企業の中には、期間工として一定期間働くと、正社員登用制度を利用できるところもあるので、正社員を希望している人はチェックしてみてください。その場合は、上司の推薦があると有利なので、気持ちよく推薦してもらえるように日頃から真面目に仕事を頑張りましょう。企業の契約社員として働く期間工ですが、期間満了後に契約更新をして同じ仕事を続けたり、正社員登用制度を利用したりすれば同じ職場で長い間働くことが可能です。

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
期間工の志望動機はこれで完璧!
  
期間工に応募する際の履歴書の書き方のコツ
  
期間工の人が失業保険を待機期間なしで受け取りするために知っておくと良い知識
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
期間工のお仕事探しなら期間工求人特集をチェック
  
工場・製造業求人を探す