工場で働くことが決まった後、初日が近づいてくると不安になる人も多いでしょう。特に職場に馴染めるのか心配になる人が多いのではないでしょうか。人間関係が辛くて、仕事を辞める人は少なくありません。それだけに職場に早く馴染むことは重要です。早く馴染むには初日の振舞いに気を付ける必要があります。最初に悪い印象を与えてしまうと、覆すのは簡単ではありません。そこで今回は、職場に馴染むために初日に必要なことを紹介します。

見た目は大切!服装や髪型に気を付けて

服装や髪形は第一印象に大きく影響します。初日の服装を指定されている場合は必ず従います。指定されていない場合は私服でも問題ありません。ただしビジネスライクな服装にした方が良いでしょう。心配な場合はスーツを着ていくのが無難です。カジュアルな服装で行くと、働く自覚がないと思われてしまうかもしれません。
  
作業服が支給されており、到着と同時に着替えるのであれば、もっと気楽に考えても大丈夫です。ただしロッカールームにも人がいるので、人目をひく服装は避けましょう。髪型は清潔感があることが重要です。男性であれば、前髪やサイドは短めにして、襟足を整えると良いです。女性の場合も眉毛や耳が見えるようにして、髪が広がらないように注意しましょう。

  
工場で働く上で、髪型や髪色は制限されている?
  
工場で働くときの服装や制服を着る時の注意点とは?
  

挨拶の影響は大きい!笑顔を忘れないで

初日は仕事を始める前に、全員の前で挨拶する場が設けられることが多くあります。このときに初めて自分のことを目にする人が多いので、非常に重要な機会といえます。挨拶の良し悪しによって、自分に対する職場内での印象が決まってしまうことが多いです。はきはきと簡潔に話しましょう。大勢の前に立つと緊張してしまう人は少なくありません。
  
しかし、緊張していることをマイナスに考える必要はないです。緊張は仕方がないことですし、それだけで人柄を判断されることはありません。ポイントは一緒に仕事をしたいと思ってもらうことです。背筋を伸ばして笑顔で挨拶しましょう。猫背だと消極的に見えますし、暗い顔をしていると親しみにくいと思われてしまいます。

待ちのスタンスはNG!自分から話しかけよう

職場に早く馴染みたいなら、自分から一人ひとりに話しかけましょう。このときも笑顔を忘れてはいけません。特に全員の前で挨拶する機会がないなら、必ず個別に挨拶した方が無難です。先輩との距離を縮めるには、自分のことを知ってもらう必要があります。積極的に自分の情報を話すなど、オープンな心構えで接しましょう。
  
また先輩のことを知ろうとするスタンスも重要です。先輩が自己紹介をしてくれない場合は、いくつか質問してみましょう。自分との共通点が見つかれば、休憩時間などに世間話をして親睦を深めやすくなります。全員と気兼ねなく話せるようになるのは、簡単なことではありません。しかし少なくとも、全員の名前と顔が一致するように、早く覚える努力をしましょう。

スタートダッシュが大切!早く戦力になろう

職場に馴染むには、仲間と認められるのが一番です。そのためには職場の戦力になる必要があります。初日だからといって、気を抜いてはいけません。最初は教えてもらえるのが当然と考えて受け身でいる人もいますが、新人の様子を気にしている先輩は少なくありません。だらだらと行動していると、それだけで悪い印象を与えてしまう恐れがあります。初日から先輩たちの仕事を観察して、覚える努力をする意気込みが大切です。仕事について積極的に質問すると好印象を与えやすいですが、何度も同じことを聞くと迷惑をかけてしまいます。記憶力に自信がない場合は、メモをとるようにしましょう。
  
また仕事を早く覚えることは、もう一つのメリットがあります。分からないことが減ると、ストレスを感じにくくなることです。精神的に楽になると、リラックスして周囲と打ち解けやすくなるでしょう。ぜひ今回紹介したポイントを踏まえて、初日から職場に馴染むことを意識してみてくださいね。

  
ライン作業をうまく続けていくためのコツ
  
工場の仕事で人間関係をよくするには?職場環境の特色や心がけなどを紹介!