求人情報を見るときにはいろいろな条件が気になりますが、どれくらいの収入が期待できるのかは見逃せませんよね。そのためには、基本給や残業手当についてもきちんと確認することをおすすめします。自宅からの通勤が難しいときは、部屋を借りるかどうか迷うところです。しかし、家賃をはじめ水道光熱費が掛かるため、収入に占めるウエイトも大きくなります。そういった課題を軽減できる意味もあり、寮付き・寮完備の求人情報が注目されています。特に、工場の製造ラインなどブルーカラーのお仕事にはそのような案件が多いため、新生活を始めるための初期費用が少なく、スムーズに仕事に就くことが可能です。ここでは、生活費の節約だけでなく、効率的な貯金が期待できる寮生活の魅力についてまとめました。

寮の家賃はどうなっているの?

一人暮らしをするためには思った以上にお金が掛かるものです。特に、月々の家賃はほかの出費に優先して払う必要がでてきますね。そのため、親元を離れた兄弟姉妹同士が近くに住んでいる場合や、結婚を前提に付き合っているカップルなどは、同居したほうが割安になるでしょう。
  
求人の中には、寮付き・寮完備の案件も少なくありません。会社の寮には、単身寮をはじめ、カップル寮や家族寮、民間のアパートやマンションを借りる、いわゆる「借り上げ寮」もあります。寮費無料をはじめ、格安で利用できる寮もありますが、家賃負担については雇用契約時に確認しておくことが大切です。
  
寮には、ワンルームや2DK、集合寮などもありますが、家賃の負担を抑えるためには集合寮を選ぶ方法がおすすめです。集合寮には同じ職場の人ばかりが入っているため、職場仲間との交友を深めるためには理想的ではないでしょうか。
また、寮付き・寮完備案件にはカップルや友人と一緒に応募できるものもあるため、民間の賃貸住宅を借りるよりも家賃がお得になることが期待できます。

  
地域別で見る、寮費・家賃相場
  
ワンルーム寮と集合寮の違いを知ろう
  

寮の食費も気になる!

衣食住は生活を営むための大切な条件ですよね。何を優先するかは人に個々にもよりますが、毎日を健康に過ごすためにも食事をおろそかにすることはできません。そのためには、高級な食材を使った贅沢三昧の食生活を避けるだけでなく、ファーストフードに頼る食生活にならないように心掛けましょう。
  
ブルーカラーのお仕事には社員食堂付のところも多く、栄養バランスの取れた食事を摂取できるメリットが注目されています。また、寮には食事付のところもあるため、自炊の手間暇が省けるだけでなく、食費の節約にもつながります。
食費がどれくらい掛かるかは家族構成にもよりますが、一人暮らしの場合は割高になることも少なくないのです。三食とも外食にすると必然的に食費が高くなりますよね。また、自炊する場合でも、食材を余らせる可能性もでてきます。冷凍保存する方法もありますが、冷蔵庫の大きさの都合で限界があるかもしれません。このようなことから、食費を節約するためには食事付の寮を選ぶとよいのではないでしょうか。

  
工場求人の寮はバラエティが豊富「食事付き寮編」
  

水道光熱費や電気代なども見逃せない!

意外と忘れがちなのが水道光熱費や電気代などの費用です。特に、実家暮らしの人はそれらの料金システムを意識しない人が多いのではないでしょうか。水道料金は自治体によっていろいろですが、けっこう高いところもあります。ガスを使っている人は、都市ガスとプロパンガスの違いを把握することが大切です。電力会社が選べる時代になりましたが、どこの会社と契約するのかも重要ですよね。
  
これらの費用はどこで生活してもついてまわりますが、会社の寮には格安のところや無料のところも少なくありません。そのため、気になる求人情報を見つけたときは、積極的に募集することをおすすめします。
インターネット契約や月々の料金についても知っておくことが大切です。会社の寮には、回線の引き込みだけところや、プロバイダー契約まで済ませているところもあります。また、借り上げ寮のインターネット契約は個人で行うことが多いようです。なお、回線工事ができないところもあるため、工事不要で利用できるインターネットが注目されています。

  
気になる寮での水道・光熱費支払いは?
  

寮への引っ越し代や交通費などは?

新生活を始めるためには、引っ越しに掛かる諸費用の準備も必要になります。引っ越し料金は、業界の繁忙期(3~4月)や閑散期(それ以外の時期)、土日祝日や平日かによっても大きく異なることを知っておきましょう。やはり、安く引っ越せるのは閑散期の平日でしょう。もちろん、待ったなしの場合もあります。また、賃貸物件の新規契約・解約するタイミングによっては家賃が余分に発生する場合もでてきます。
  
寮付き・寮完備の求人の中には、家財道具や電化製品が付いているところもあり、極端な話ですが、カバン一つで引っ越せるメリットもあります。会社の寮から職場まで近いところが多いほか、遠い場合は送迎バスが用意されているところも多いことから、通勤のためにオシャレをしなくてもよいですよね。
また、実家や現住所から遠い求人に募集するときは、赴任・帰任旅費の自己負担ゼロの求人を選ぶ方法もあります。そのため、ブルーカラーのお仕事を探すときの目安にしてはいかがでしょうか。

  
工場求人は寮の引越し代や交通費が支給される!他にも嬉しいメリットが!
  

寮の敷金や礼金、保証人はどうなの?

賃貸住宅を借りるときは、月々の家賃がどれくらいか考える必要がでてきます。また、敷金や礼金などの初期費用が掛かるため、余裕を持って資金準備することが大切だといえます。カップルが同居するとき、どちらかが世帯向け住宅に入っている場合はそこで新生活を始めることもできますよね。しかし、二人とも単身用住宅に住んでいる場合は、同居に向けての引っ越しが不可欠になります。
  
賃貸住宅を借りるときに、保証人が必要なことはいうまでもありませんね。万一、家賃の滞納が発生した場合、保証人に迷惑が及ぶため頼みにくくなります。また、住宅を借りるときのネックになる人もいるのではないでしょうか。
寮付き・寮完備の求人に応募するメリットは、ここにもあります。会社が所有する寮に入る場合は、それらの費用が掛からないだけでなく、住宅を借りるための保証人も不要です。借り上げ寮の場合は会社によっても異なりますので、居住を希望する人はきちんと確認しておきましょう。

  
寮に住む場合は敷金・礼金・保証人が求められる?
  

寮生活では貯金ができるの?

家族と離れて一人暮らしをする場合でも、家賃をはじめ食費や水道光熱費など、いろいろな費用が掛かることがわかりました。また、一人暮らしの場合は割高になるため、生活に余裕ができにくいのではないでしょうか。
  
寮生活をすることで、そのような課題を大きく軽減することができます。特に、無料や格安で利用できる寮、食事付の寮を選ぶことで、浮いた生活費を貯金にまわすことも可能です。休日は寮でゆっくり過ごせるので、衣服にこだわらなくてもよいですよね。職場での付き合いは必要ですが、あまり無理しないように心掛けましょう。
  
ブルーカラーのお仕事には、時給や月給が高い案件が多いほか、祝金や慰労金などが充実している案件もあります。そのため、結婚資金や開業資金など、まとまったお金が必要な人には理想的ではないでしょうか。
会社からいただいたお金は生活費にまわす前に、まず、貯金する習慣付けをしましょう。普通口座からいくらかは定期貯金にしておくと、無駄使い防止にも役立ちます。

  
生活費節約にもおすすめ!寮生活で貯金をしよう!
  
期間工になったら目標を決めて貯金しよう!
  
期間工で働いたときにどれくらいの貯金が出来るのか、貯金の仕方
  

生活費の節約で貯金ができることが寮生活のメリット!

寮生活をすることで、生活費に余裕ができるだけでなく、その分を貯金にまわせることがわかりました。寮に入ると、家賃や水道光熱費などの大幅な節約をすることが可能です。募集案件によっては、寮費無料のところや水道光熱費が掛からないところもあります。
  
食事付の寮に入ると食費の節約にもつながりますね。その一方で、寮での団体生活に慣れることや、職場内での付き合いを良好に保つことが大きな課題になるかもしれません。しかし、そのようなデメリットを差し引いてでも、生活費を大幅に節約できるメリットのほうが大きいのではないでしょうか。そのためには、寮付き・寮完備の住み込みの求人を多く扱っているサイトなどを利用して、寮生活が可能なお仕事を探すことをおすすめします。

  
疑問にお答えします!工場求人の寮生活
  
意外とよい面がいっぱい!失敗しない寮付き求人の探し方とは?
  

  
寮あり・住み込みの工場求人はこちら