会社の寮には大きく分けて2種類があり、1つはワンルーム寮と呼ばれる完全個室タイプの寮で、もう1つは集合寮と呼ばれる、広い共有スペースを持つタイプの寮です。それぞれの特徴や魅力、寮に入るにあたって気をつけておきたいポイントなどをご紹介します。

☆ワンルーム寮とはどんなところ?

ワンルーム寮とは、一般的なアパート・マンションと同じ構造の建物を、会社が所有したり借り上げたりしているパターンの寮です。アパートやマンション生活と同じく、共有スペースは建物のエントランスや通路、階段くらいであり、完全個室タイプの寮だといえます。
  
室内の基本的な設備は、キッチン・洗面所・バス・トイレ・居室1部屋ですが、細かい間取りとしては、洗面所・バス・トイレが一緒になっているタイプや、独立洗面台や脱衣所がついているタイプなど、寮によって様々です。居室の広さも、5畳〜10畳程度までと多様です。郵便受けは、玄関に集合郵便受けとして設置されている場合と、各戸配達の場合とがあります。

☆集合寮とはどんなところ?

集合寮とは、会社が所有している比較的大規模な建物であり、従業員用の個室と、共用の食堂や大浴場、洗濯機・乾燥機スペース、洗面スペースなどが設けられています。プライベートな時間や就寝は個室で過ごしますが、共用スペースを使用する機会も多いため、他の従業員との触れ合いの頻度が高くなるタイプの寮だといえます。
  
個室の広さは5畳〜7畳前後が一般的で、寮によっては談話スペースやトレーニングジムなどを設けている場合もあります。郵便物は、他の居住者の分と一緒にまとめて配達され、常駐している管理人が各部屋に振り分けることが一般的です。

  
寮は相部屋であることもあり得る?相部屋だった場合の注意点とは?
  
寮の宅配物や郵便物の受け取り方とは?
  

☆それぞれに異なるメリットがある

ワンルーム寮にも集合寮にも、それぞれの寮の特徴に応じたメリットがあります。ワンルーム寮の場合は、プライベートが完全に確保されている点が何よりの魅力です。また、キッチンやバス、洗濯機などがすべて自室に完備されているため、他の住人に気を遣わず、自分のペースで生活することができます。
  
さらに職場以外の友人を比較的自由に招くことができる点もメリットといえます。一方で集合寮の魅力は、他の従業員と接する機会が多いことです。初めは職場に知り合いがいないため不安になることがあるものですが、寮で顔を合わせるうちに打ち解けていき、仕事にも張り合いが出るでしょう。また、テレビなどは個室に設置されている寮もあるため、自室でもしっかりプライベートを楽しむことができます。
  
そのほか、集合寮は大規模であることが多く、職場までの送迎バスが出ているというパターンもあり、その場合は通勤の負担を軽減することができるでしょう。

  
送迎バスがある求人案件のメリット・デメリット
  

☆寮に入るにあたって確認しておきたい点

ワンルーム寮と集合寮のいずれに入居するにしても、あらかじめ確認しておきたいのは各備品の有無です。集合寮の場合は共有スペースが多く生活設備が既に完備されているため、自室に必要な備品、たとえばテレビや小さめの冷蔵庫、寝具などの有無を確認しておくと良いでしょう。またワンルーム寮の場合は共有スペースがほぼないため、テレビや冷蔵庫、寝具などに加え、洗濯機やガスコンロ、バス・トイレ用品などの有無をチェックしておく必要があります。ただし、いずれの寮でも生活するために最低限の備品は揃っている場合が多いため、寮生活を始めるにあたっての初期投資は比較的少なく済む傾向にあります。また、寮によっては備品を有料で貸し出してくれるケースもあるため、先々のことを考えて購入品を減らしておきたい場合は問い合わせてみると良いでしょう。このように、ワンルーム寮と集合寮にはそれぞれの魅力があり、どちらも最低限の身の回り品の準備程度で入寮できる点がポイントです。

  
忘れずにチェック!寮を下見する際に注目したいポイントとは
  
冷蔵庫やテレビなどの生活家電は寮に備え付けてあるの?
  

  
寮あり・住み込みの工場求人はこちら