工場の仕事における食品衛生管理者資格の重要性について

工場の仕事における食品衛生管理者資格の重要性について

  • 投稿日:2018/05/21
  • 更新日:2020/07/14

目次

    工場で働くときは、資格を持っていると有利になる場合があります。資格を持っていることで特定業種において採用されやすくなったり、時給アップなどの給与面で優遇されたりすることがあるからです。
      
    特に食品を扱う工場で働く場合に注目しておきたい資格として「食品衛生管理者」があります。
      
    しかし、名前だけは聞いたことがあっても、具体的にイメージができない人もいるのではないでしょうか。
      
    そこで、この記事では食品衛生管理者の概要と仕事内容、資格取得のために必要な条件などについて紹介します。
      

    食品衛生管理者の概要と食品衛生責任者との違い

    食品衛生管理者は食品を製造する工場などで加工や製造をする過程で、特に衛生状態に気を付けなければいけない場合に選任することとされています。
      
    食品衛生管理者を選任する必要があるのは、ベーコンやハムといった食肉加工場、乳製品や油脂の製造工場、放射性照射食品を扱っている工場です。
      
    似たような資格に食品衛生責任者がありますが、こちらは飲食店などの飲食に関係がある業務すべてを対象としている点で異なります。
      
    また、食品衛生責任者は栄養士や調理師などの資格を持っているだけでなることが可能です。
      
    しかし、食品衛生管理者には医師や薬剤師などの資格を持っている人でも、講習会に参加しないと選任できません。
      
    つまり、資格を持っている食品衛生管理者は講習を受けなくても食品衛生責任者になることはできますが、その逆はできないのです。
      

    食品衛生管理者はどんな仕事をするの?

    食品衛生管理者が主に行う業務は「食中毒の防止」「食品衛生法の順守」です。
      
    食中毒は一度発生してしまうと工場全体にあっという間に広がってしまいます。
      
    工場の規模によっては全国に配送しているケースもあるので、食中毒が全国各地で発生してしまい大変な事件に発展する可能性もあるでしょう。
      
    医療の進歩によって新しい治療法が導入されているといっても、場合によっては被害者の生命を奪うことにつながりかねません。
      
    そうした事態にならないためにも、食品衛生管理者は正しい知識をもって職場の衛生状況を管理することが求められるのです。
      
    また、食品衛生管理者になるためには、医師や薬剤師であろうとも食品衛生法の講習を受けなければいけません。
      
    そのため、食品衛生責任者と違って食品衛生法に精通しているのが食品衛生管理者です。
      
    食品衛生法に則って適切な業務をするように従業員を教育、指導していくことも業務として必要になります。
      

    食品衛生管理者になるためにはどうすればいい?

    食品衛生管理者になるためには講習を受けなければいけませんが、試験があるわけではないので難易度はそれほど難しくありません。
      
    ただし、資格取得後の業務に有効に活かせるかどうかは、受講する態度次第だといえます。
      
    半端な気持ちで聞いてしまうと、知識が身に付かず、資格取得後にかえって苦労するでしょう。
      
    受講するための条件としては「中学校卒業以上(厚生労働省令の定めるところによって、同等以上の学力があると認められる場合も含む)で、食品衛生管理者を置かなければならない製造業又は加工業において食品又は添加物の製造又は加工の衛生管理の業務に3年以上従事した者」となっています。
      
    つまり、工場で働き始めて最低でも3年以上経過していないと、受講資格を満たせないということです。
      
    講義を受講するためには「公益社団法人日本食品衛生協会」へ申し込み書類を提出する必要があります。
      
    また、その際には受講料として30万円程度(平成30年度、テキスト代込)が必要になるので注意しましょう。
      

    食品衛生管理者の仕事は大変だけどやりがいもある!

    食品衛生管理者は乳製品や食肉製品の加工及び製造現場において、なくてはならない存在です。
      
    選任が必要な工場では食品衛生管理者がいないと、そもそもラインを稼働させることができないので、とても重宝されます。
      
    衛生管理を任されるということは食中毒を防ぎ、食品衛生法の観点から違反している業務はないかを確認する作業ですので、神経を使いますがその分やりがいも大きい仕事です。
      
    給与面でも手当が出る場合があるため、取得しておいて損はない資格だといえます。
      
    食品関連の工場で働くことを検討している方は取得を目指してみてはいかがでしょうか。
      

      
      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    異物混入は絶対ダメ!食品工場でできる異物混入対策とは
      
    食品工場の製造・加工の仕事内容を食品ごとに徹底解説!
      
    食品加工の仕事の志望動機で注意しなければいけないこと
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    食品加工の工場求人をチェック
      
    資格・免許取得支援ありの工場求人をチェック
      

    合わせて読みたい関連記事

    「お仕事ナビ」カテゴリの人気記事ランキング

    ジョブマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスで求人検索!

    運営者

    ジョブマガジン編集部
    ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
    工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

    ジョブコンプラス

    工場・製造業のお仕事いっぱい!

    • 1R寮
    • 期間工
    • 高収入
    • 日払い
      OK

    ジョブコンプラス

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP

    1. ジョブコンプラス工場求人TOP
    2. ジョブマガジン
    3. 工場の仕事における食品衛生管理者資格の重要性について