工場勤務は職歴や学歴などを重視しない会社も多く、比較的仕事を始めやすいことが大きな利点です。
  
しかし、工場勤務はさまざまな理由から離職率が高い傾向にあります。
  
工場の仕事=簡単な単純作業だと思っている人もいるのではないでしょうか。
  
たしかに、食品の工場など場合は単純作業も多いですが、長時間同じ作業を続けるためには集中力も求められます。
  
また、重い荷物を持つなど体力が必要な工場もあります。
  
今回は工場勤務での離職率の高い理由などを紹介します。
  

単純作業以外にも多岐に及ぶ業務を任されることが多い

工場勤務での離職の1番大きな理由は仕事が辛いことといわれています。
  
工場勤務は特に専門知識がない人でも仕事が始められる利点があるため、簡単な業務だと考えて仕事を始める人もいるでしょう。
  
しかし、実際の業務では緻密さやスピードなどを求められることも多く、重量物を持ち上げたり運んだりするなど、体力を使う業務を任されることも少なくありません。
  
そのため、同じ作業を長時間正確に続けられる集中力のある人や、普段から体力に自信がある人でないと離職につながる可能性があるでしょう。
  
そして、工場では夜勤作業も多く発生しますが、夜勤は日勤帯よりも少人数で業務を対応することも多く、また生活リズムも乱れやすくなるため体力管理が難しい一面もあります。
  
さらに、工場勤務ではチームワークが重要視されるため、先輩や同僚などとのコミュニケーション能力が低い人は仕事が長く続かないこともあるでしょう。
  

残業代・家賃補助・光熱費などが出ない工場もある

工場勤務の離職率が高い2つ目の理由として給与制度などの問題があります。
  
ライン作業など定刻で働く場合には、残業がない工場もあるでしょう。
  
しかし、裁量労働制を取り入れている工場の場合、みなし労働時間によって残業代を削減されやすくなるため、残業代が一定額だけしか出ないこともあります。
  
また、工場勤務の場合には寮などの家賃補助などの有無も大きく関係してきます。
  
家賃・食費・光熱費などの補助がある職場だと、経済的な負担が軽減するため貯金しやすい利点がありますが、補助が全くなく給与もそれほど高くない勤務先の場合には離職の原因にもなるでしょう。
  
面接時などに給与制度の疑問点をあらかじめ確認しておくことをおすすめします。
  

プライベートの確保が難しい寮生活

工場勤務の離職率が高いもう3つ目の理由が寮生活でのトラブルです。
  
工場勤務では多くの人が会社の寮に住みながら働いています。
  
しかし、寮の場合には1人暮らしなどよりもプライベートが確保されていないことも多いため、ストレスを感じる人も少なくありません。
  
たとえば、風呂やトイレなどが共有の場合もあるので、他の人と共有で風呂を使用することに抵抗がある人にとっては大きなストレスになるでしょう。
  
また、工場内の人間関係でトラブルを抱えたときなどに、苦手な人と寮でも顔を合わせなければならない可能性もあります。
  
寮生活は人とコミュニケーションを取ることが得意な人にとっては仲間も増えて楽しく過ごせますが、1人の時間を大切にしたいタイプの人には楽しいことばかりではなく、つらく感じて離職してしまう人もいます。
  

気になる点を面接で確認すれば離職につながるトラブルを軽減できる

工場で長期的に働くためには、具体的な業務内容や寮生活についてなど、気になる点を面接時に確認しておくことが大切です。
  
ただし、業務内容については仕事に徐々に慣れてくると幅広い業務を任されることもあります。
  
新しい業務を任されることは信頼されていることとポジティブに捉えて、柔軟な対応をするようにしましょう。
  
また、寮に関しても寮内部や周辺の生活環境について確認しましょう。
  
たとえば、他人と風呂やトイレなど共有することが苦手な人は、寮に共有スペースがあるかも担当者に聞いておくことをおすすめします。
  
さらに、職場と寮までの距離や賃料などが発生するのかも確認しておきましょう。
  
このように、工場勤務は離職率が高い傾向はあるものの事前に注意点をしっかり確認しておくことで、離職につながるトラブルを回避できます。
  
自分に合った職場を見つけてキャリアプランを一歩ずつ築いてください。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
期間工で働くなら知っておくべき!?失業保険について
  
福利厚生はどうなの?工場勤務の退職金が気になる!
  
工場勤務経験者に聞いてみた!退職までの期間はどのくらい?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
工場・製造業求人の仕事探しをする