工場では、二交代制という勤務制度が採用されていることがあります。二交代制は、工場の24時間稼働を実現させるためのものです。
  
シフトによっては夜勤になるので、ライフスタイルが大きく変化してしまうことがあります。
  
しかしオフィスの仕事など、日勤の経験しかない人は、二交代制の働き方をイメージするのは難しいのではないでしょうか。
  
そこで今回は、二交代制の説明や注意点などについて紹介します。

どんな職種に多いか

二交代制の職種というと、看護師や医師をイメージする人が多いのではないでしょうか。
  
その他にも警備の仕事なども二交代制が多いですよね。
  
これらの仕事に共通しているのは、24時間体制の仕事であるということです。
  
入院患者がいる病院や救急病院の場合は、夜間も患者のケアをする必要がありますよね。
  
警備も夜間の方が厳しく行う必要があるほどです。
  
しかし、1人で24時間働き続けるのは不可能なので、2人で分担して勤務を行うのです。
  
同様に工場の生産ラインも、24時間稼働している場合は二交代制であることが多いです。
  
自動車工場プレス工場などは24時間体制のところがよくあります。
  
特に生産ラインが少ない工場では、納期に間に合わせるために24時間稼働させるのが一般的です。
  
また設備の都合で24時間稼働させている工場も少なくありません。
  
たとえば、製鉄工場は溶鉱炉の火を保つ必要がありますし、半導体工場は通電状態を維持しなければならない装置があります。
  
そういう工場では多くの場合、二交代制で生産し続けることになります。
  
一方で普段は24時間体制ではなく、繁忙期だけ24時間稼働させる工場も存在します。
  
その場合はその時期だけ二交代制になります。

二交代制のスケジュールとは?

二交代制では、24時間を2つの時間帯に分割します。
  
日勤と夜勤という形で分けるのが一般的です。
  
スケジュール的には7:00~19:00、19:00~7:00というように12時間ずつに分けることが多いですが、必ずしも均等に分割するとは限りません。
  
日勤が短くて、夜勤が長いこともあります。
  
また7:00~19:30、19:00~7:30というように、日勤と夜勤の勤務時間を少しだけ被らせる工場もよく見られます。
  
これは業務内容の引き継ぎを行うためです。
  
日勤と夜勤が毎日切り替わるケースは多くありません。
  
頻繁に切り替わると、体がスケジュールの変化についていけなくなるからです。
  
そのため、ある程度まとまった期間ごとに変更するケースが多いです。
  
多くの工場では、日勤の週・夜勤の週というように1~2週間ごとに切り替わります。

体力面で気を付けることとは?

二交代制は体調管理が難しいので注意しましょう。
  
日勤が連続している時期は問題ありませんが、勤務時間が切り替わる時期は、ライフスタイルが大きく変わることになります。
  
そのため体調を崩しやすくなるのです。
  
特に夜勤に切り替わると、睡眠がとれなくなってしまう人が多くいます。
  
夜勤だからといって、勤務中に仮眠をとれるわけではありません。
  
仕事のない昼間に睡眠をとっておく必要があるのです。
  
しかし明るいと、なかなか眠れませんよね。
  
睡眠不足だと体力を回復できないまま、仕事に行くことになります。
  
眠気で作業効率が落ちますし、通勤や帰宅の運転で事故を起こしてしまう恐れもあります。
  
できるだけ部屋を暗くして、眠りやすい状況をつくりましょう。
  
ノンカフェインの温かいお茶を飲むと、眠りやすくなるのでおすすめです。
  
また食事にも気を付けましょう。
  
日勤から夜勤に変わると、食事のリズムが狂いやすくなります。
  
仕事に行く準備が忙しくて夕食を抜いたり、勤務後の空腹で朝に暴飲暴食したりする人がいますが、これらは体力の低下を招いてしまうので注意しましょう。
  
関連記事:「工場夜勤で睡眠をうまくとるためのポイント」
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
工場の三交代制は稼げるの?給料の相場について
  
工場は2交代制?3交代制?工場の勤務体系とはどういうもの?
  
三交代制での工場勤務!最も人気があるのはどの時間帯?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
二交代の工場求人をチェック