製造業は、主に工場で行われていることの多い仕事で、そのなかでもイメージしやすいのが自動車の製造です。

自動車は、日本が誇る製品として国内だけでなく世界中に輸出されているため、あらゆる地域で自動車を製造するための工場が稼働しています。

そして、1日で大量の自動車を製造するため、大勢での作業を必要とする仕事であり、求人誌や求人サイトでは常に従業員を募集しています。

では、自動車製造の仕事は具体的にどのようなことを行って、どれくらい稼げる仕事なのでしょうか。

今回は、自動車工場の仕事における年収などについて紹介します。

正社員じゃなくても稼ぎが良い?自動車製造における従業員の年収

自動車工場は、それぞれの担当をライン上に配置して流れ作業で自動車を製造する仕事です。

ラインでのそれぞれの作業は、同じことを繰り返す単調作業となります。

そのため、未経験者でも行えるため、やる気さえあれば誰にでもできる仕事が自動車製造なのです。

しかし、未経験者歓迎で採用がされやすい反面、身体を使う仕事なのでなかには体力が持たずにすぐ辞めてしまう人も一部にはいます。

そのため、人の出入りが激しく、常に求人が出ているのが自動車製造の特徴です。

では、自動車製造に関わる仕事は、どれくらいの年収を稼げるのでしょうか。

自動車製造の工場で主に出している求人は「期間従業員」です。

これは、文字通り期間限定で働く人のことで、職場によっては期間が終了しても契約更新をして仕事を続行することができます。

期間従業員の収入は、年収にすると400〜450万円といわれており、正社員と違ってボーナスがないにもかかわらずかなりの年収を稼ぐことができます。

その理由は、期間従業員は職場によって、ボーナスがないかわりに仕事開始と同時にもらえる祝金や、半年や1年間の期間を終えたら支給される慰労手当などがあり、月収以外の収入もあるからです。

また、職場によっては夜勤などもあり、その場合は通常の時給に加え夜勤手当が出ます。

また、職場によっては社員登用制度があり、期間従業員から正社員になれるチャンスもあります。

正社員の場合は固定給であることが多いので年収をみれば400万〜500万と期間従業員とそれほどかわりはありません。

しかし順調にいけば管理職などにも就くことができ、出世すればそれだけ収入も上がり、大手の自動車工場の場合は、700万円ほどの年収が見込まれます。

また仕事に必要な資格取得も会社側がサポートしてくれ、資格を取得すればそれだけできる仕事が増えるため収入も上がります。

このように安定した収入が保証され、努力次第でさらに収入アップが期待できるのが自動車工場の仕事なのです。

意外と稼げる!?自動車工場での年収とは

車作りに関わりたい!自動車組立工の年収はどのくらい?

年収が低いは過去の話?自動車整備工の平均年収は?

自動車メーカーの工場勤務、その年収はいかに!?

自動車関連の工場で一番人気なのはどこ?

日産、本田技研、ダイハツなど、日本にはいくつもの工場があり、毎日稼働して多くの自動車を製造しています。

そのなかでも、自動車工場での勤務の経験者、これから工場で働こうと考えている人から指示を受けている自動車会社の工場が「トヨタ」です。

トヨタは、日本国内で一番の人気と知名度を誇る自動車メーカーであり、国内だけでなく世界中に自動車が輸出されて多くの信頼を得ているメーカーです。

そのような自動車会社の工場なので、数ある工場のなかでも一番安定しているというイメージがあるというのが、トヨタ工場の人気の秘密のようです。

そして、その知名度や会社の規模から、福利厚生、待遇、労働環境も充実し、安心して働けるというイメージあるという意見も少なくありません。

また、単純にトヨタの車が好きなため、好きなメーカーの工場で働いてみたいという考えの人もいます。

自動車工場で働く!一番人気があるのはどの会社?

工場選びのポイント!自動車メーカー別販売台数の比較から見えるコトとは?

工場勤務経験者に聞く!将来性を感じる自動車メーカーランキング

工場勤務経験者が選ぶ!技術が高い自動車メーカーランキング

自動車工場、いつ頃が稼ぎ時?

自動車工場で働いて多くの収入を得たい場合は、自動車業界の繁忙期に入社をすることです。

繁忙期というのは、それだけ生産台数が上がる時期なので、連日長時間の残業があり、さらに休日出勤もあります。

そのため、繁忙期は多くの収入が見込めるのです。

自動車業界の繁忙期は、1年のうち数回やってきます。

まずは2~3月です。

この時期は、年度末の決算をむかえて、在庫を処分したいディーラーが最も自動車を売りたい時期なので、それだけ生産台数が上がります。

また、春の新生活の時期は自動車が売れる時期なので、それに備えて大量に自動車の注文がやってくるため、工場も生産に忙しくなるのが2~3月なのです。

そして、ボーナスの時期も、初めての自動車の購入あるいは買い替えが多い時期なので、7月と12月は生産台数が伸びて忙しくなります。

ディーラーにとっての仮決算である9月も、自動車の在庫処分に力を入れるため自動車が売れる時期であり、それに合わせて自動車工場も忙しくなります。

よって、自動車工場で稼ぎたい人は、工場の繁忙期である2~3月、7月、9月、12月に入社をすることをおすすめします。

特に2~3月の決算期は忙しい時期なので、その時期に働けば高収入が見込めます。

自動車工場の繁忙期はいつ?ピークは2月~3月

工場で働くために知りたい!自動車工場ではどの製造工程が人気?

自動車はどんな環境で生産される!?各社工場の特徴とその仕事内容とは?

自動車の製造工場での仕事とは?生産工程ごとに内容をご紹介!

求人の詳細をチェックしよう!

自動車工場での仕事は、単調な作業なのでやる気と体力さえあれば高収入を得られる仕事です。

また、決められた作業を黙々とこなすことが大事な仕事であるため、スーツを着て行うような仕事と違い余計な人間関係もなく、精神的なストレスが少ないこともメリットです。

そして、大手の会社であれば福利厚生もしっかりして、従業員専用の寮も完備し、充実した労働環境で仕事をすることもできます。

自動車工場の勤務において、快適に仕事の日々を送り、多くの収入を得るためには、求人情報をしっかりとチェックすることです。

従業員にとってどのような高待遇が用意されているのか、面接をする前に確認することが重要です。

1年のうちでどの時期が忙しいか、平均して従業員はどれくらい稼げるのか、月収以外の手当はどのような手当が用意されているのかなど、疑問に思ったことは面接前、あるいは面接時に質問をして疑問を解消しておくことが大事です。

働き始めてから待遇が思っていたことと違う、あるいは後になってからもっと条件の良い求人があったなどの失敗がないように心がけましょう。

自動車工場の面接では志望動機の本気度が重要

働く雰囲気を事前にチェック!工場見学ができる、おすすめの自動車工場

▼他の記事をチェックしたい方はこちら!

気になる自動車工場の労働環境!知りたいホントのところ

車好きにはたまらない!?自動車関連工場の仕事!

自動車部品工場では何をするの?加工や組立などの仕事を紹介!

▼お仕事を探したい方はこちら!

自動車の工場求人をチェック

ジョブコンプラスでは工場・製造業の求人が多数掲載!
検索機能が充実しているため、仕事内容はもちろん、勤務地や給与、勤務時間など様々な方法から希望を絞ることができます。

また、会員限定の「適性診断」が受ければ、自分の性格や能力・仕事に活かせる強みが分かるので、より安心して仕事探しができます。

さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスをお気軽にご利用ください!