期間工とは一定の期間のみ工場で働く人のことを言います。
  
期間工の強みは、何と言っても自由な時間を確保しやすいというところ。期間が限定されているため、平均的な時給相場も高めで、短い期間でたくさん稼ぎたいという人にはおすすめの働き方です。
  
期間工で働く場合、実際に手取りでどのくらい稼げるものなのか知りたいという人も多いでしょう。ただ、期間工は自由な時間を確保しやすいため、その時間に別のバイトを掛け持ちしたり、工場勤務で有利に働くような資格の勉強をしたりなど、その旨みは給料の良さだけにとどまりません。
  
未経験からでもスタートしやすく、工場勤務の登竜門とも言うべき期間工について、詳しく見てみることにしましょう。

☆高収入が見込める期間工

期間工として工場で働くと、かなりの高収入を期待することができるでしょう。
  
勤務する工場の規模にもよりますが、大手の工場の期間工として働けば、厚生労働省の賃金構造基本統計調査において発表している約300万円という平均年収以上の年収に達することも決して珍しくありません。
  
期間工は限定された期間での契約であり、正社員とは違った資格で働くということになります。そのため、社会保険などに加入できるか心配という人もいますが、勤務日数や勤務時間が一定の条件をクリアすれば社会保険の適用を受けることも可能です。
  
高い年収を獲得できると同時に社会保険の控除を受けられるので、実際の手取り金額も年間で300万円から400万円程度と高い金額が見込まれます。

☆期間工の満了金とは

期間工は契約期間の満了に際して、満了金というお金が支給されるのが一般的です。
  
満了金は月々の給料とは別に支給されるため、一般の正社員で言うところのボーナスのようなお金になります。こうした満了金を受け取れることによって、期間工の年収は大きく押し上げられます。
  
期間工の年収には残業などの時間外手当や皆勤手当、また深夜手当などのさまざまな手当が含まれていますが、満了金もそうした手当の一種として期間工の年収に組み込まれています。満了金はだいたいどこの工場であっても、1か月分の月収と同程度の金額が支給されるので、まさにボーナスと同じ形の給金と言えるでしょう。
  
期間工は正社員ではないとはいえ、このようなボーナスに値する給金が出るので、実感としては正社員と変わらない雰囲気で働くことが可能です。

☆出費を少なくできる

期間工はその年収や月収の高さもさることながら、出費を最小限に抑えることができるという点も魅力です。
  
期間工として工場と契約すると、寮を与えられてそこで生活するのが一般的です。寮の家賃と光熱費は無料だというケースも珍しくなく、たとえ無料でなくとも格安の定額制であることが多いので、もらった給料をほとんど減らすことなく生活をすることもできてしまうでしょう。
  
なかには朝食や昼食に限り、無料の食事が提供される寮もあり、食費の大幅な節約をすることも可能です。
  
期間工は年収が高い一方で、出費を少なく抑えることもできるため、稼いだお金をそのまま貯蓄に回しやすく、お金が貯めるのには最適な環境が整っています。

☆短期間の荒稼ぎには持って来い

年収期間工が高く、手取りの月収期間工も高い期間工は、副業がOKである場合が多いのも特徴です。
  
勤務する会社にもよりますが、ほとんどは副業をしても構わないので、工場が休みの日や時間などを利用して、ダブルワークを試みるのも一つの手です。土日や祝日に単発でできるバイトなど、日給の良い仕事を見つけることができれば、期間工の給料に上乗せして更なる給金を得ることができるでしょう。
  
もちろん、休みの時間を資格の勉強などに利用して、更なる高収入を目指してみても良いかもしれません。期間工は文字通り期間限定の仕事であるため、長い年月をそこで働き続けることはできませんが、短期間の荒稼ぎをするには持って来いという働き方なので、工場で高収入を目指したいなら是非とも一度検討してみましょう。

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
期間工が年間で手にする給与はどれくらい?待遇は?
  
期間工で働いたときにどれくらいの貯金が出来るのか、貯金の仕方
  
期間工は住民票を移すべき?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
期間工のお仕事探しなら期間工求人特集をチェック