期間工の人は未経験でも比較的給料が高い職業として知られています。しかし、メーカーによって、3ヶ月もしくは6ヵ月ごとの契約更新となっているので、失業のリスクもそれなりに高いです。せっかく高い給料をもらっていても、失業をしてしばらく無収入の期間が続けば、すぐに貯金は尽きてしまうかもしれません。そのリスクを軽減するためにあるのが失業保険です。
  
期間工で働いている人は、失業保険のお世話になる機会も多いと思われるので、この機会に知識を身につけておきましょう。

退職から失業保険をもらうまでの流れは?

退職をしたらすぐに失業保険をもらえるわけではありません。最低限の期間が過ぎてからの受給となりますので、その間の生活費は用意しておくようにしましょう。
  
退職したら自宅に離職票が届きます。離職票が届くまでの期間は、会社によって1週間~1ヶ月程度とかなり差があるようです。平均すると2週間程度で届くようですが、最長で1ヶ月程度は待つつもりでいましょう。
  
注意すべきなのは、派遣やアルバイトの場合、労働者が言わないと自動的に離職票は発行されないことがあるということです。期間工の場合には、勤務先が大手メーカーなので、離職票が発行されないというトラブルはあまり聞きませんが、退職をするときは、会社に対して「離職票を発行してください」と告げておくのが無難です。
  
離職票が届いたらハローワークで手続きを行います。失業保険の受給資格があると認められれば、7日間の待機期間と、自己都合退職の場合には3ヶ月の受給制限の後、失業保険の給付が始まります。ハローワークで手続きをした日が始点となるので、早めにハローワークに行くようにしましょう。持ち物は、離職票のほかに、雇用保険被保険者証、本人確認書類、印鑑、写真2枚、普通預金通帳となります。

失業保険の受給資格とは?

失業保険の受給資格は、退職日からさかのぼって2年間の間に、被保険者期間が通算12ヶ月以上あることです。被保険者期間とは、1ヶ月の間に働いた日が11日以上あることですが、期間工の場合には月に20日以上は働いているので、シンプルに期間工として12ケ月以上働いたかどうかで考えればよいでしょう。
  
さらに、働く意思と能力があり、積極的に求職活動を行っている必要があります。病気で働けない人は、傷病手当などの別の制度があるので、そちらを利用しましょう。期間満了退職をした期間工の人は、この条件さえ満たしていれば、3ヶ月の受給制限なしで失業保険を受けられます。
  
期間中に自己都合で辞めた人は、3ヶ月の受給制限がついてしまうので、なるべく期間満了での退職を目指しましょう。なぜ自己都合で辞めた人には3ヶ月の受給制限がついてしまうのかというと、自己都合で辞めた人は正当な理由がなく自分の好きなタイミングで辞めていると推測できるからです。逆に、会社都合で解雇された場合には、予期せぬタイミングで仕事を失っているので、厚く保障をする必要があります。
  
ただし、自己都合で辞めた人でも、病気、体力が足りない、親の介護のためといったやむを得ない事情があった場合には、3ヶ月の受給制限をなくすことができる場合もあります。

特定理由離職者とは?

会社都合で望まぬ退職を強いられた人は、3ヶ月の受給制限もなく、通常よりも多めの給付日数を付与されるという手厚い保障が受けられます。
  
しかし、自己都合で退職をした人でも、一定の条件を満たして、正当な理由のある退職であると認められれば、手厚い保障を受けられます。これを、特定理由離職者と言います。特定理由離職者の条件としては7つありますが、期間工の人は、「有期の雇用契約が満了し、更新されなかった」という条件にあてはまる可能性が高いです。
  
他には病気や体力不足、妊娠、出産などの条件を満たしていても、 特定理由離職者として認定される可能性があります。ここで注意が必要なのは、「更新されなかった」という部分です。期間満了退職には2つのケースがあり、会社の事情で更新がされなかったケースと、会社は更新をしてもよいと言ってくれたが、自分でそれを断ったというケースがあります。後者のケースでは、更新の誘いがあったのにそれを断っていたわけですから、特定理由離職者には該当しません。

期間満了でも、離職票に自己都合と書かれてしまう?

実は、会社の都合で契約更新を断られ、期間満了で退職をした場合でも、離職票には自己都合と書かれてしまうことが多いようです。この場合、何も言わずにハローワークで手続きをしてしまうと、3ヶ月の受給制限がついてしまいます。
  
ハローワークで手続きをしたときに、「会社の都合で契約更新がなく、期間満了で退職をしました」ということを必ず伝えてください。そうすることで、3ヶ月の受給制限がなくなり、給付日数も大幅に増えることもあります。期間工の仕事はハードになりがちですので、自分の体力不足を感じて自己都合退職をしてしまう人もいるかもしれません。
  
そのようなときでも、「体力不足で退職をしました」などと事情を説明することで、特定理由離職者として認定される可能性があります。病気の場合には、あらかじめ病院で診断を受けておきましょう。失業保険の金額は、退職時からさかのぼって6ケ月の間にもらった給料によって決まります。期間工の給料は高めなので、失業保険もそれなりに高い金額をもらえる可能性があります。せっかく貯めたお金を失わないように、しっかりと手続きをしておきましょう。

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
期間工が年間で手にする給与はどれくらい?待遇は?
  
期間工で働いたときにどれくらいの貯金が出来るのか、貯金の仕方
  
期間工は住民票を移すべき?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
期間工のお仕事探しなら期間工求人特集をチェック
  
工場・製造業求人を探す

ジョブコンプラスは製造業専門求人サイトだから、期間工・期間従業員の求人も多数掲載!
誰もが知っている世界的大手メーカーや有名な製品の製造のお仕事も。

給料は月収例30万円以上や、入社祝い金10万円などメリットがいっぱい!
短期間でしっかり稼ぎたい!いずれは大手メーカーの正社員として働きたい!
そんな方にオススメの期間工・期間従業員の求人特集を今すぐチェックしよう!





求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

☆関連するタグ

保険 期間工

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断