ボイラーを稼働している工場では必須のボイラー技士!1級・2級はどんな資格?

ボイラーを稼働している工場では必須のボイラー技士!1級・2級はどんな資格?

  • 投稿日:2018/05/21
  • 更新日:2020/05/13

目次

    大きな機械を動かすことによってさまざまな製造工程が成り立っている工場は多くあります。
    その機械を動かすエネルギーになっているのがボイラーによって生み出される熱です。
      
    そのため、ボイラーを稼働している工場では安全な作業をするために、必ずボイラー技士の資格を持っている人が働いています。
      
    ボイラー技士の活躍の場はビル管理会社や病院、ホテルなどの施設もあり、工場だけにとどまりません。
      
    そんなボイラー技士の資格のなかで、まずは2級について詳しく説明します。
      

    2級ボイラー技士はどんな資格?

    簡易ボイラーや小型、小規模なもの以外のボイラーを取り扱おうとするときはボイラー技士免許を取得している必要があります。
      
    ボイラー技士免許は労働安全衛生法によって定められた国家資格で、2級ボイラー技士と1級ボイラー技士、特級ボイラー技士の3種類です。
      
    1級や2級など級が異なると当然職務内容にも違いがあると考えるかもしれません。
      
    確かに、ボイラーを取り扱う作業の指揮や管理ができるボイラー取扱作業主任者として働くためには選考基準があり、規模によっては2級ボイラー技士ではなれない場合があります。
      
    2級ボイラー技士の場合は、伝熱面積の合計が25平方m未満の施設や小規模ボイラーを取り扱う施設でボイラー取扱作業主任者になることが可能です。
      
    ただ、実際に工場などでボイラーを取り扱うことに関してはどの級でも可能であり、級の区分による差はありません。
      

    ボイラー技士の実技講習とは?

    国家試験に合格しただけではまだ2級ボイラー技士としての免許を受けることはできません。
      
    なぜなら、免許交付要件として実務経験が必要になっているからです。
      
    そのため、実地修習を受けた経験や、ボイラー・タービン主任技術者など他のボイラーに関連する免許取得後にボイラーを取り扱った経験がある場合を除き、ボイラー実技講習を受講し、終了する必要があります。
      
    法令によって定められているボイラー実技講習は20時間です。
      
    一般社団法人日本ボイラー協会の各都道府県支部で定期的に3日間の日程で実施されています。
      
    内容はボイラーの点火や燃焼の調整、水処理および吹き出しなどの講習です。
      
    また、附属設備および附属品の取り扱いや点検および異常時の処理に関する内容も行われます。
      
    実技講習の受講はボイラー技士試験に合格した後に受けることができるほか、受験前でも受講は可能です。
      
    そのため、ボイラーを取り扱う作業の実務経験がない人でも、実技講習を受けて実務を学ぶことができます。
      

    資格を取得するための条件や受験方法は?試験の難易度はどのくらい!?

    2級ボイラー技士の試験は受験資格が特にありません。
      
    そのため、学歴や実務経験の有無に関係なく誰でも受験が可能です。
      
    試験内容はボイラーの構造に関する知識やボイラーの取り扱いに関する知識、燃料及び燃焼に関する知識などが含まれています。
      
    また、労働安全衛生法やボイラー及び圧力容器安全規則など、ボイラーを取り扱うにあたって知っておかなければならない法令も出題されるため、ボイラーに関連する法律面のことも理解しておかなければなりません。
      
    試験は公益財団法人安全衛生技術試験協会が国内7カ所の安全衛生技術センターで月1~2回実施しており、時間は13時30分から16時30分までの3時間です。
      
    公益財団法人安全衛生技術試験協会が公開している2017年の統計によると、受験者数2万7393人に対して合格者数は1万5609人、合格率は57%とそれほど難易度は高くありません。
      

    キャリアアップするために1級ボイラー技士を目指してみよう!

    ボイラー技士として仕事をするだけならば、2級ボイラー技士の免許を持っていれば大丈夫です。
      
    ただ、ボイラー取扱作業主任者として働こうとする場合、2級ボイラー技士の免許では限りがあります。
      
    その点、1級ボイラー技士の免許を取得すれば、貫流ボイラーのみの施設なら250平方m以上、貫流ボイラー以外のボイラーならば25平方m以上500平方m未満まで、ボイラー取扱作業主任者として働くことが可能です。
      
    1級ボイラー技士は2級ボイラー技士の指導も行う立場になり、責任ややりがいも増すでしょう。
      
    もちろん、働ける場所が広がることで、将来キャリアアップできる道もあるはずです。
      
    これからまだまだ自分の可能性を広げてみたいと考えている人は、1級ボイラー技士まで目指してみてはいかがでしょうか。
      

      
      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    工場でボイラー取扱いのプロになる!1級ボイラー技士の資格とは
      
    ボイラー技士は安定収入!?年収やその推移を紹介!
      
    生涯役立つ資格!ボイラー技師資格を取得する方法
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    資格が活かせる工場求人をチェック
      
    工場・製造業求人の仕事探しをする
      

    合わせて読みたい関連記事

    「お仕事ナビ」カテゴリの人気記事ランキング

    ジョブマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスで求人検索!

    運営者

    ジョブマガジン編集部
    ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
    工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

    ジョブコンプラス

    工場・製造業のお仕事いっぱい!

    • 1R寮
    • 期間工
    • 高収入
    • 日払い
      OK

    ジョブコンプラス

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP

    1. ジョブコンプラス工場求人TOP
    2. ジョブマガジン
    3. ボイラーを稼働している工場では必須のボイラー技士!1級・2級はどんな資格?