就職する際に自分をアピールするための方法に資格の取得があります。
資格にはさまざまなものがありますが、国の法律のもとで専門的な知識や技術があることが証明される国家資格は社会的な信用度が高く、就職活動などで有利となりやすい資格です。
  
そして、工場に関わる資格のうち、「ボイラー技士」の資格はこの国家資格にあたります。
  
そこで、今回は取得することでボイラー取扱いのプロとして活躍できるボイラー技士1級について詳しく解説します。
  

どんな資格?1級ボイラー技士の基本の知識

ボイラー技士はボイラーを安全に取り扱うことができるプロフェッショナルです。
  
ボイラーの監視や調整、点検などのすべての工程において、安全に運用し、管理することが仕事となっています。
  
一定以上の大きさを持つボイラーを使用しボイラー技士として活躍するためには、ボイラー技士資格を取得していることが必要です。
  
ボイラーとは密閉した容器に入った水を加熱し、蒸気や温水を発生させることによって機械を動かす力を作る装置をいいます。
  
ボイラー技士の仕事場の対象となるのはボイラー設備が備えられている病院やホテル、入浴施設などです。
  
そして、工場もボイラー技士が必要とされる職場となります。
  
作業過程で加熱や滅菌などを行う際に蒸気や温水を使うことが多いため、ボイラー装置とボイラーを取り扱えるボイラー技士は工場にとって重要な存在となっているのです。
  
ボイラー技士の資格には3つのレベルがあります。
  
さらに、3つのレベルの下にはボイラー技士資格としての認定はないものの、講習を受けることで小型ボイラーや小規模のボイラーを取り扱うことができるようになるランクも用意されています。
  
1級ボイラー技士資格は、3つのレベルの中では真ん中に該当するレベルです。
  
1級より難易度が高い資格として特級ボイラー技士、低い資格として2級ボイラー技士が設定されています。
  

何が違う?2級との違いとは

1級ボイラー技士が2級ボイラー技士と異なる点は、取り扱うことができるボイラーの種類です。
  
1級ボイラー技士は、伝熱面積の合計が500平方m未満のボイラーであれば、すべてを取り扱うことが可能となっています。
  
貫流ボイラーだけを取り扱う場合であれば伝熱面積の合計が500平方m以上のときもこれに含みます。
  
しかし、2級ボイラー技士の場合には、伝熱面積の合計が25平方m未満のボイラーの取り扱いしか認められていません。
  
このため、大型のボイラーを取り扱う必要がある工場では、1級以上の資格を持っていないと、せっかく資格を持っていても活用することができないケースもあるのです。
  
ボイラーを稼働している工場では必須のボイラー技士!2級はどんな資格?
  

受験方法は?難易度は?資格取得のための条件

2級ボイラー技士の資格を取得する場合には受験資格は不要ですが、1級ボイラー技士の資格試験を受験するためには、受験資格の6つの条件のうち1つ以上をクリアしていることが必要となります。
  
条件のうちの1つが2級ボイラー技士の免許を取得していることです。
  
また、3級以上の海技士免許を持っている人や、大学などでボイラーに関する学科を修了し、なおかつ1年以上の実地研修を受けている人も受験資格の条件に該当します。
  
さらに、ボイラー・タービン主任技術者の1種または2種の免状を持っていて伝熱面積の合計が25平方m以上のボイラーの取扱い経験者である人も受験資格者です。
  
汽かん係員試験に合格し伝熱面積の合計が25平方m以上のボイラーの取扱い経験者であったりする場合にも受験資格の条件はクリアとなります。
  

資格試験は午前と午後に分けて行われていて、すべて筆記試験です。
  
午前に開催される試験ではボイラーの構造に関する知識が問われる問題と取扱いに関する知識についての問題がそれぞれ10問ずつ出題されます。
  
午後の出題は、燃料及び燃焼に関する知識と関係法令についての問題が10問ずつです。
  
1級ボイラー技士は、約20~30%の合格率となっている特級ボイラー技士に比べると難易度は高くありませんが、それでも、50~60%程度となっていて誰でも簡単に合格できる試験ではありません。
  

特級ボイラー技士の取得もアリ!ボイラー技士として活躍する働き方

ボイラー技士の仕事は工場が安全に動くために重要な内容です。
  
工場の仕事の中でも一定の需要があったり、資格を持っている人でないとできない業務であったりすることから、比較的安定して仕事につくことが可能となっています。
  
ただし、大規模な工場で働きたいと考えていたり、現状よりもより良い条件の元で仕事がしたいと希望していたりする場合には、ボイラーへの専門的な知識をさらに高め、技術者としてさらなる経験を積むことも必要です。
  
資格は取得すれば就職や転職、昇進が必ず約束されるというものではありません。
  
しかし、資格を取得しておくことで仕事に対して自信が持てるようになったり、知識を活かして仕事に取り組む姿勢が高い評価につながったりすることもあります。
  
自分を高めるためにも、1級ボイラー技士の取得を目指し、さらには1級ボイラー技士の上級試験である特級ボイラー技士の取得も目指してみてはいかがでしょうか。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
ボイラーを稼働している工場では必須のボイラー技士!2級はどんな資格?
  
ボイラー技士は安定収入!?年収やその推移を紹介!
  
生涯役立つ資格!ボイラー技師資格を取得する方法
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
資格が活かせる工場求人をチェック
  
工場・製造業求人の仕事探しをする
  

ジョブコンプラスでは免許・資格が活かせる工場の求人が多数掲載!
保持している免許や資格を絞り込んで求人の検索ができるから、自分に合った仕事がすぐに見つかります。

今は特に資格を持っていない方でも大丈夫!取得支援をしてくれる企業もあるから安心してキャリアアップを目指すことができます!
資格を持つことで給料アップや幹部候補につながったり、就職にかなり有利に働きます。

免許・資格が活かせる求人や取得をサポートしてくれる職場を今すぐチェックしよう!