危険物の取り扱いや保安監督などは、資格を持った危険物取扱者が行うことが消防法で定められています。危険物取扱者はさまざまな職場で活躍できるので、目指している人も多いかもしれません。
  
工場で働く場合でも、持っていると有利な資格のひとつです。
  
しかし、危険物取扱者の資格には、甲種と乙種、丙種の3種類があります。
  
この3つにはどのような違いがあるのでしょうか。
  
それぞれの資格で扱えるものや責任の範囲、さらに資格の取得方法についてまとめてみました。
  

危険物取扱者とはどんな資格なのか

危険物取扱者とは、ガソリンスタンドや石油貯蔵タンクのような、一定数を超える危険物を貯蔵する施設に、必ず置かなければならない有資格者です。
  
甲種と乙種は、それぞれの種類で認められている危険物を取り扱う以外に、点検業務や保安監督まで担うことができます。
  
灯油やガソリンのような、火災や爆発につながりやすいものは、消防法で危険物として指定されています。
  
何も知識を持たない者が扱うことで、思わぬ危険が生じることもあります。
  
そのため、危険物に沿った正しい知識を有した取扱者が必要なのです。
  

甲種で扱える物品と対応できる範囲は?

甲種が扱えるのは、第1〜第6類までで、つまり、消防法に定めのあるすべての危険物が取り扱いの対象になります。
  
さらに、無資格者に対して立ち会うことも可能です。
  
3つの資格の中では最も対応できる範囲が広く、それだけに、持っているとさまざまな工場で活躍できるのではないでしょうか。
  
甲種は、実務経験が6カ月以上あると、危険物保安監督者になることもできます。
  
さらに、危険物保安監督者になれば、甲種防火管理者の有資格者としても認めてもらえます。
  
甲種は、危険物取扱者のプロフェッショナルといえるでしょう。
  

乙種で取り扱える危険物と責任の範囲とは?

乙種が取り扱えるのは、第1〜第6類の危険物の中で、資格を取得できたものだけです。
  
乙種の第1類は酸化性個体、第2類は可燃性個体、第3類は自然発火性物質及び禁水性物質と、第4類の引火性液体、第5類の自己反応性物質に、第6類の酸化性液体で、個別の取得ができます。
  
乙種は取得した際の対象資格に甲種とは少し異なる点があります。
  
甲種取得者は防火管理者の有資格者と認めてもらえますが、乙種は取得したとしても資格要件の学識経験者等と認められません。
  
ただし、危険物保安監督者には乙種も取扱うことができる危険物の種類に限り選任されることが可能です。
  
乙種危険物取扱者(取得している類のみ)であること、かつ製造所等において6カ月以上の危険物取扱いの実務経験を有していることを条件として、危険物保安監督者になることができます。
  
また、甲種を取得するには乙種の免許取得後、2年以上の実務経験が必要です。
  
そのため、乙種をまず取得してから甲種を取る人はたくさんいます。
  

丙種が扱える危険物と責任はどこまで?

丙種が取り扱えるのは、第4類の中で、特定の危険物だけです。
  
第4類だけといっても、ガソリンに灯油、軽油、重油に潤滑油、引火点130度以上の第3石油類に、第4石油類、植物性油類まで取り扱いの対象になります。
  
丙種の場合は、甲種と乙種に比べて取り扱える危険物の幅が狭いのが特徴です。
  
そして、大きな違いは、無資格者への立会いや危険物保安監督者になることはできないという点でしょう。
  
ただし、第4類を扱う工場であれば、まったく問題はありません。
  

受験資格はある?条件や難易度による違いは?

乙種と丙種については、誰でも受験することができます。
  
甲種については、乙種の資格を取得した後、2年以上の実務経験があるか、または大学で化学を専攻し、卒業免状を持っていることなどが受験の条件です。
  
乙種のうち、4種類以上を持っている場合も受験できます。
  
乙種と丙種は特に受験資格が設けられていないので、大学で化学を専攻していない場合は、まずこの2つのいずれかを受験するといいかもしれません。
  
甲種を目指している人は、まず乙種を取得しておくのが一般的です。
  
工場での就職を考える場合にも、乙種を取得しておけば、そのまま実務経験を積むことができます。
  
大学で化学を学んでいない人が危険物取扱者を目指すなら、まず乙種か丙種を受験し、さらに上を目指す場合は乙種で実務経験を積んでから甲種の受験を考えるといいでしょう。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
危険物取扱者免状を取得する方法とは?
  
さまざまな製品に利用される化学に関わる業種
  
工場勤務で使える資格をご紹介!
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
資格が活かせる工場求人をチェック
  
工場・製造業求人の仕事探しをする
  

ジョブコンプラスでは免許・資格が活かせる工場の求人が多数掲載!
保持している免許や資格を絞り込んで求人の検索ができるから、自分に合った仕事がすぐに見つかります。

今は特に資格を持っていない方でも大丈夫!取得支援をしてくれる企業もあるから安心してキャリアアップを目指すことができます!
資格を持つことで給料アップや幹部候補につながったり、就職にかなり有利に働きます。

免許・資格が活かせる求人や取得をサポートしてくれる職場を今すぐチェックしよう!





求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

☆関連するタグ

化学 資格

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断