資格や免許の中には、独学での勉強が可能で就職に有利なものも少なくありません。その1つとして、「危険物取扱者」が注目されています。ここでは、危険物取扱者免状の中でも人気の「乙種第4類」を中心にまとめました。
  

「危険物取扱者」とは?

「危険物取扱者」とは「消防法」に定められた国家資格です。
  
ガソリンスタンドや化学工場など、一定数量の危険物を貯蔵したり扱ったりする施設には、危険物取扱者を置くことが定められています。
  
危険物取扱者には「甲種」「乙種」(第1類~第6類)「丙種」の3種類があります。
  
甲種を取得すると、すべての危険物の取扱と定期点検・保安監督ができます。
  
また、乙種では、試験に合格した類の危険物が取扱と定期点検・保安監督の対象になります。
  
さらに、丙種の対象には、乙種のうち指定の危険物のみの取扱と定期点検となっています。
  
関連記事:「危険物取扱者の「甲種・乙種・丙種」の種類の違いはなに?」
  
  
危険物取扱者になるためには、まず、各都道府県で行われる試験を受験して合格する必要があります。
  
その後、試験合格後に申請することで免状が取得できます。
  
免状は運転免許証と同じサイズで、使用の有無に関わらず10年ごとの写真書換えが必要になります。
  
書換えの期日は免状に記載されますが、忘れないように心掛けましょう。
  

どんな勉強方法がいいの?

危険物取扱者のうち、甲種以外は自分が希望する試験が受けられます。
  
なかでも、ガソリンスタンドの仕事で役立つ「乙種第4類」(乙4、おつよんと呼ばれることが多い)に人気があります。
  
また、丙種の免状を目指す人は、少し頑張って乙4を取得することでセルフ式ガソリンスタンドでの立ち合い業務ができます。
  
乙種には第1類から第6類まであり、試験科目には「危険物に関する法令」「基礎的な物理学及び基礎的な化学」「危険物の性質並びにその火災及び消火の方法」から構成されています。
  
試験勉強の大きなポイントは、ただ単に覚えるだけでなく、きちんと意味を理解することだといえます。
  
試験勉強をするときは、項目ごとにポイントを押さえましょう。
  
問題を解くときは問題を最後まで読むことも大切です。
  
また、実際に問題を解いてから、間違いやすい箇所をチェックしましょう。
  
問題の表現が微妙な場合も少なくありませんので、迷わないようにしたいですね。
  
計算問題は計算後の単位誤りにも要注意です。
  
なお、試験勉強をするときは、主な教材を決めた上で効率的に進めていきましょう。
  

受験資格は?

危険物取扱者試験の受験資格が必要なのは「甲種」のみで、「乙種」や「丙種」には特別な資格はありません。
  
年齢制限もないため、乙種を制覇した小学生が話題にもなりました。
  
また、甲種を受験するためには化学に関する単位を取得できる大学の卒業生などが有利な傾向がみられます。
  
もちろん、免状交付後2年以上の実務経験を積むなど、乙種からチャレンジできることも大きな魅力です。
  
なお、所定の条件を満たす場合は試験の一部免除対象になることも知っておきましょう。
  

受験方法や場所は?

危険物取扱者試験はマークシート方式で行われます。
  
合格を勝ち取るには、それぞれの科目で60%以上を正解することが条件になります。
  
もちろん、問題用紙と回答用紙は別々ですので、回答欄を間違わないようにしましょう。
  
また、回答選びに迷う問題も少なくありませんので、きちんと試験勉強して受験することが大切です。
  
ちなみに、甲種は5肢択一式・2時間30分、乙種は5肢択一式・2時間、丙種は4肢択一式・1時間15分になっています。
  
また、一部免除対象になる科目がある人は、免除科目数に合わせて短縮されます。
  
危険物取扱者試験の実施時期や回数は地域によってさまざまですが、人気の高い「乙4」の実施回数は多いようです。
  
試験会場は地域の学校や公共施設などで行われますが、上履きが必要なところもあります。
  
また、駐車場の関係もあり、会場までの行き来には公共交通機関の利用の案内がなされていますので、くれぐれも注意しましょう。
  
なお、危険物取扱者試験の受験はほかの都道府県でも可能ですが、合格後の免状申請手続きなどを考えると地元で受けたほうが何かと便利なようです。
  
詳細については、消防試験研究センターの各支部や地元の消防署などへの照会をお勧めします。
  

  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
消防設備士と危険物取扱者の違いとは?両方取得したほうがいいの?
  
さまざまな製品に利用される化学に関わる業種
  
工場で安全に仕事をするには?危険性や対策などを紹介!
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
化学の工場求人をチェック
  
資格・免許取得支援ありの工場求人をチェック

ジョブコンプラスでは免許・資格が活かせる工場の求人が多数掲載!
保持している免許や資格を絞り込んで求人の検索ができるから、自分に合った仕事がすぐに見つかります。

今は特に資格を持っていない方でも大丈夫!取得支援をしてくれる企業もあるから安心してキャリアアップを目指すことができます!
資格を持つことで給料アップや幹部候補につながったり、就職にかなり有利に働きます。

免許・資格が活かせる求人や取得をサポートしてくれる職場を今すぐチェックしよう!