工場勤務では遠方に居住する人に対して負担をかけず面接したり事前に人数を絞ったりすることなどを目的として電話面接が行われることがあります。
  
通常の面接と比べて電話面接で心がけておきたいことはあるのでしょうか。事前に注意点が分かっていれば、効率よく面接対策を立てることができるでしょう。
  
そこで今回は電話面接で自己紹介をするときの注意点についてまとめてみました。ぜひ面接前の対策を立てるのに参考にしてください。

良好な通話環境を確保する

電話面接をするときには面接に集中できる環境を整えることが大切です。
  
面接の日時が決まったら、それに合わせて自宅で待機するとよいでしょう。外出先では雑音が気になりますし電波の状態が不安定なこともあります。自宅に固定電話があれば固定電話で面接を受けるようにしましょう。
  
携帯やスマートフォンを利用するときには、途中で電池が切れないよう事前に充電を済ませておきます。自宅に家族がいるときには面接の予定があることを伝えて、その時間帯は静かにしてもらうとよいでしょう。面接中に音が鳴らないよう、室内の機器をチェックしておくことも大切です。
  
約束の時刻まで待機しても電話がかかってこないときは、手違いが起きている可能性もあるので確認の電話をしておくと安心です。

ハキハキ&表情豊かに話すことを心がけて

通常の面接と違って電話面接ではお互いの姿や表情を確認することができません。
  
音声から得られた情報で、その人の印象が決まるので感じのよい受け答えができるよう心がけるとよいでしょう。
  
電話面接の注意点としてふだん通りのトーンのまま電話で話をすると、ボソボソと聞こえたり暗く感じられたりすることがあります。相手に明るい印象を与えるためには意識してワントーン高めの声でハキハキと話すのが効果的です。
  
また電話では相手に表情が見えないからといって無表情で話をしないように気を付けることもポイントです。
  
電話口で「相手が笑顔でいるのか」「無表情でいるのか」ということは声の調子から雰囲気が伝わるものです。そのため実際に相手と会って自己紹介する感覚で、表情豊かに会話することを心がけましょう。

話し言葉にクセがないかどうか確認する

電話面接で自己紹介をするときの注意点として自分の話し言葉のクセをチェックしておくこともあげられます。
  
ふだんの会話で気づくことは難しいので、友人や家族に気になる口癖がないかどうか尋ねてみるとよいでしょう。
  
自分の話を客観的に聞ける方法もあります。面接用の自己紹介を声に出して行い、それを録音しておくのです。
  
音声を再生すると、言葉と言葉の間に「あー」とか「えー」といった、意味のない音が交じっていることがあります。
  
また意識せず繰り返し使っていて耳ざわりに感じられる単語があるかもしれません。
  
録音した音声を再生すると他人が話しているように客観的に聞くことができるので、ふだん気づかなかったクセをとらえることができるでしょう。

メモや資料は手元に準備…頼りすぎないことも大切!

電話面接では自分の姿が相手から見えないので、資料や書きとめたメモを手元に置いておくことができます。
  
そのため、面接用に提出した履歴書や経歴書、添え状をコピーしていつでも確認できるようにしておくとよいでしょう。
  
また自己紹介の際、志望動機や前職を辞めた理由など質問されそうなことは、あらかじめ簡潔に答えをまとめておくとスムーズに受け答えができます。
  
質問と答えを準備しておくと心強く感じるものですが注意点もあります。
  
電話面接では面接官が質問してから返事をするまでに時間が空いてしまうと、会話の流れが途切れてしまいがちです。質問を受けてからメモをいちいち確認していると返事をするのに時間がかかってしまうので、メモを見ながら話していることが相手にも伝わってしまうでしょう。
  
気まずい沈黙やぎこちない会話を避けるためにはメモに書いてあることを頭の中にしっかり入れておく必要があります。メモを確認するのはうっかり忘れてしまったときのみにするとよいでしょう。
  
電話面接では音声があなたの印象を左右します。簡潔にハキハキとテンポのよい会話ができるよう心がけましょう。

  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
電話面接が決まった!自己紹介の注意点とはどんなこと?
  
工場求人の電話面接のコツとよく聞かれる質問
  
工場求人の電話面接対策!受かるコツを紹介
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
工場・製造業求人を探す