工場のお仕事を探していると、よく見かけるのが「寮完備」の文字。これはつまり、働く場所はもちろん、住む場所まで会社が用意してくれているというわけです。
しかも条件をよく見てみると…、寮費無料というところもけっこうあるではないですか!
ちなみにバブルの時期にはたくさんの会社が寮を持っていたそうですが、バブルが弾けた時、寮を手放す会社が多かったそう。でも、工場は今も寮を持っている会社が多くあります。
働く場所はもちろん、住む環境までお膳立てをしてくれているというわけです。

寮は会社の福利厚生の一環

そもそも、会社が寮を用意しているのは福利厚生の一環。
社員が少しでも働きやすくなるように、労働力を確保するために用意しているのです。寮費が無料なのも、より良い労働力の確保のため。「寮費無料だなんて、何か裏があるんじゃないの?」などと勘ぐる必要はありません。
これは、働きやすい環境を整えることで少しでも社員に長く働いてもらいたい、という会社の想いの結晶。きちんと社員として働いていれば受けて当然の報酬ですから、遠慮なく甘えておきましょう。
会社によっては、様々なタイプの寮を用意しています。例えば、独身者が対象の「独身寮」や女性だけが入居できる「女子寮」、夫婦やお子さんがいる場合は「家族寮」、「単身赴任者寮」など対象者によって建物を分けている場合があります。
建物は会社の敷地内に建てていることもあれば、民間の不動産会社を通して建物自体を会社が借り上げていることもあります。
  
工場求人の寮はバラエティが豊富「即入寮可編」
  
工場求人の寮はバラエティが豊富「カップル・家族寮編」
  
工場求人の寮はバラエティが豊富「食事付き寮編」
  
工場求人の寮はバラエティが豊富「格安寮・寮費無料編」
  

至れり尽くせり寮暮らし

寮には備え付けの家電製品などがある場合が多く、なかには身ひとつで引っ越してきてもそのまま住めてしまう、というところも。
食事が付いているところもなどもあり、社員が少しでも働きやすくなるようにと、至れり尽くせりです。特に工場勤務の場合は、工場の場所の都合で寮暮らしの方が逆に通勤には便利だったりします。寮費は無料でない場合でも大抵が格安ですから、お金を溜めたい・職場に近いところで暮らしたいという人には、寮に入るのがおすすめです。お仕事探しの際は、仕事情報の福利厚生をよく確認しましょう。

  
寮の一般的な大きさは1R?
  
1R寮の生活について
  

一人暮らしは最低限ここに注意

一人暮らしというと、なんでも自由に生活できるイメージができますが、一軒家というわけではなく、アパート、マンションといった集合住宅に住むことが殆どになるかと思います。
集合住宅は一軒家と違い、集合住宅ならではのルールがあります。
初めて集合住宅に住んだ時、一軒家の時と同じ感覚で暮らしているとトラブルの元になることも…。特に本人はこれまで通り暮らしているだけですから、自覚なくルール違反を行ってしまうのが難しいところ。
あらかじめ、集合住宅でのルールを学んでおいて、トラブルなく過ごすように心がけることが大切です。

  
寮のルールを破った場合、どうなるの?
  
寮って門限はあるの?
  

みんなで住んでいる、ということをくれぐれもお忘れなく

まず、集合住宅では自分の部屋以外は住人みんなの共有スペースです。玄関前の廊下など自分の部屋の延長のような感覚になるかもしれませんが、ここも共有スペースのひとつ。勝手に物を置かないようにしましょう。
そして、ゴミ出し。一軒家でもゴミ出しの日は決まっていますが、集合住宅はなおさら気をつけなければなりません。なぜなら、たくさんの人がゴミを出すわけですから、曜日を守らなかったり、決められた分別をきちんと行わなかったりすると、住宅全員が迷惑するからです。
ゴミを出す曜日や出し方のルールは、少し地区が変われば変わるもの。一軒家住まいの時と同じ感覚で出してしまわないよう、ご注意ください。
それに、音の問題も重要です。思った以上に他人の生活音は気になるもの。集合住宅は壁や床が隣の部屋とつながっていますから、建物によって壁が薄ければ音も漏れやすくなっています。夜中に音楽を大音量でかけたり、友人と騒いだりは絶対にやめましょう。部屋の中をドタドタ歩くのもNG。
生活音は、下手をすれば傷害事件に発展するほど問題になりやすい点です。夜中は基本的に皆寝ている時間ですから、極力音を立てないようにしましょう。

  
寮生活と生活音
  
寮の生活を楽しむ(音楽)
  

すれ違ったら、軽く挨拶くらいはしよう

最近は、引っ越した際に、お隣に挨拶するということも減っているようですが、廊下で他の住人とすれ違った際には、せめて軽く会釈、できれば「こんにちは」「こんばんは」くらいの声かけくらいはしておきましょう。
とりたてて親しくする必要はありませんが、同じ住宅に住んでいる人に悪印象をもたれても良いことはありません。
皆が気持ちよく過ごせるように、マナーを守って暮らすようにしましょう。

敷金礼金の中身をしっかり理解しよう

引っ越し先の物件を探す際、必ず耳に入ってくるのが「敷金」「礼金」という言葉。数万円からナシまでいろいろな場合がありますが、この「敷金」「礼金」、詳細はよく知らなくてもあまり良いイメージを持っていない方も多いのでは?
それもあながち間違いではないかもしれませんが、そもそも「敷金」「礼金」とはなんなのか、を見てみましょう。

もしもの時の担保金である「敷金」

まず敷金。
法律では『借り手の債務を担保するために、貸し手に渡すもので、賃貸契約終了時に、借り手に債務不履行がなければ返金するもの』と書いてあります。
平たく言うと、これは大家に預けておくお金です。
実際に入居した後は部屋を使うわけですから、時間の経過に従って壁なども傷みますし、あなたが退去する際には清掃や鍵の付け替えも必要となります。大家は、それらの必要となる出費をこの敷金から払うのです。
敷金から清掃費などを引いてもまだ余っていた場合、基本的に敷金はあなたへ返還となります。
でも「返ってくるんだ!」などとアテにしてはいけませんよ。長く住めば当然部屋も痛みますから、修繕費用も多くかかります。長く住んだ人ほど戻ってこないもの、と考えておいた方が良いでしょう。

「礼金」はお礼のお金 え、誰に?

そして「礼金」。
これは文字通り、大家に「お部屋貸してくれてありがとう」とお礼の意味を込めて渡すお金です。
え、なんでそんなお金払う必要があるの?と思われた方、正解です。
これは戦後の慣習がなぜか残っているもので、今ではまったく意味のない出費となっていると言って差し支えないでしょう。

  
寮の退去のタイミング
  

「備品」は自分のものではない

備える品、と書いて「備品」。
その通り、会社や学校などで、必要なものとして備え付けてある品物のことです。
職場だけでなく、寮にもたくさんの備品がありますよね。例えばテレビがついている寮ならば、そのテレビももちろん「備品」です。あなたのこれからの暮らしに必要なるだろう、と考えられて置いてある品物なのです。仕事で必要なものを自費で揃えるのは大変ですから、備品がしっかり揃っている会社はありがたいもの。でも、この備品、あくまで会社が用意したものであって、あなたにプレゼントしたものではありません。備品は自分のものではないので勘違いしないように。

  
寮の備品が壊れたらどうしらいいの?
  

出来心で備品を持ってかえってしまったら…?

大きな機械はもちろん、小さな工具だって会社の大事な備品です。
黙って持っていくなど言語道断。ここをお読みの方に限ってないことだとは思いますが、出来心で持って帰ることなど絶対にしないように。
例えばAさんという人が、出来心で会社の工具をもらってかえったとしましょう。たくさんあるから一本くらいなくなってもわからないだろう、とAさんはたかをくくっていたのですが、その時会社側は備品の数をしっかり管理していますからすぐにバレてしまいました。
それでもAさんは特に大事には考えず、「まぁ謝れば許してくれるだろう」と思っていたのですが…。なんと会社が被害届けを提出したために、窃盗犯として逮捕されてしまいました。

自分のものは自分のもの、会社のものは会社のもの

これはあくまで例えばの話ですが、会社の備品を盗むことはれっきとした窃盗となります。
しかもAさんの場合は、「うっかり持って帰ってしまった」のではなく「故意にもって帰った」のだからタチが悪い。下手したら窃盗の前科がついてしまいます。
そんなことになってしまわないよう、自分の持ち物と会社の物も区別はハッキリつけておきましょう。
もちつもたれつ、おまえの物はおれの物、という理屈は社会では通用しませんよ。

  
引越しの際に必要な手続きって!?
  
寮あり・住み込みの工場求人はこちら
  

ジョブコンプラスでは寮付き・住み込みの求人が約1万件以上掲載!
寮費無料や水光熱費の補助などのサポートがある職場や、完全個室の1Rの部屋に、家族も一緒に住める広さの寮。

また、家具家電付きやWi-Fi無料でインターネットし放題、寮と職場までの送迎サービス付きなど様々な特典も充実しています。

仕事だけでなく、住む場所や周辺の環境にもこだわりたい!今よりも快適な場所へすぐに住みたい!
そんな方にオススメの寮付き・住み込みの求人を今すぐチェックしよう!