引っ越しは荷物の移動も手間ですが、たくさんある書類の手続きも面倒なことこのうえない。
転居届けだったり住民票だったり、他にも保険の手続きだったり…。
やらなければならないことを考えただけで、引っ越しするのが億劫になってしまいそうです。
ここでは、引っ越しの際に必要な手続きをご紹介します。

一番手続きが多いのは市役所

まずひとつめは、転入届を提出して、住民票を取得しましょう。
引っ越し前の役所であらかじめ「転出証明書」をもらっておき、新しく住む場所の役所へ「転入届」を出して「住民票」もついでに発行してしまいましょう。基本的にこの「転入届」は引っ越し後14日以内には済ませてください。
そして次に、「国民年金」「国民健康保険」が必要な場合はその手続きを。
お次は「印鑑登録」。印鑑登録は登録する実印と、本人だということを証明する書類が必要です。
ここまでは大体全員が行いますが、次からは該当する人のみの手続きです。最初は「福祉・医療・手当関係の手続き」。児童手当や介護保険をもらっている人は手続きが必要です。これは役所で聞いてみても良いかもしれません。
もうひとつ、原付を持ってきた方はナンバーの変更も忘れないように。以上が市役所でできる手続きです。

残念、市役所だけでは終わらない…

ちなみに原付は市役所ですが、自動車や自動二輪の場合は陸運局で行うことになります。そして運転免許証の住所の変更は警察署にて。
全部ひとつの場所でできれば良いのですが、なかなかそういうわけにもいきません。
それに印鑑だったり、本人確認書類など必要なのものを忘れてしまうと、一度帰ってまた足を運ぶ必要も…
面倒なのはわかっているのですから、なるべく無駄なくことを済ませられるよう、あらかじめ必要項目をリストアップしておきましょう。そして、新しい土地の役所や陸運局、警察署の場所を調べ、無駄のないルートで行くようにしたいですね。面倒なことは引き延ばすほど面倒になりますから、一度でさっと終わらせるのが良いでしょう。

  
寮あり・住み込みの工場求人はこちら
  
工場・製造業求人を探す

ジョブコンプラスでは寮付き・住み込みの求人が約1万件以上掲載!
寮費無料や水光熱費の補助などのサポートがある職場や、完全個室の1Rの部屋に、家族も一緒に住める広さの寮。

また、家具家電付きやWi-Fi無料でインターネットし放題、寮と職場までの送迎サービス付きなど様々な特典も充実しています。

仕事だけでなく、住む場所や周辺の環境にもこだわりたい!今よりも快適な場所へすぐに住みたい!
そんな方にオススメの寮付き・住み込みの求人を今すぐチェックしよう!