クレーンには多様な種類があります。土木や建築の現場などで巨大なクレーンを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
  
一方、工場内の天井には、工場が扱う荷物をスピーディーに移動させるためのクレーンが設置されています。
  
いずれの場合も、クレーンを操作するにはクレーンの種類に対応した資格が必要です。
  
また、資格を取得する方法は1通りではありません。
  
クレーン・デリック運転士免許は、平成18年にクレーン免許とデリック免許が統合されてできた免許資格です。
  
ここでは、クレーン免許の種類やクレーン・デリック運転士の仕事内容、および資格取得の流れなどについて詳しく解説します。
  

クレーン・デリック運転士ってどんなものなの?

クレーン・デリック運転士免許は、クレーンとデリックの両方をカバーしている資格です。
  
このうち、デリックとは原動機によってワイヤーロープを操作しながら荷物をつり上げる機械装置のことで、つり上げ荷重が0.5トン以上のマストかブームを備えたものを指します。
  
主に建築現場などで利用されてきましたが、その数は減ってきています。
  
一方、クレーン・デリック運転士が操作できるのは、移動式クレーンを除く種類のクレーンです。
  
移動式クレーンとは、 動力を使って荷物をつりあげかつ水平に運搬できる機械装置のうち、不特定の場所に移動できるつり上げ荷重5トン以上のものです。
  
移動式クレーンを操作するには、移動式クレーン運転士免許が欠かせません。
  

クレーンの免許にはどんな種類があるの?

クレーンを操作する資格を得るためには、免許を取得するか技能講習あるいは特別教育を受けなくてはなりません。
  
このうち、免許は国家資格にあたり、クレーン・デリック運転士免許と移動式クレーン運転士免許の2種類があります。
  
先にみたように、移動式クレーン運転士免許は移動式クレーンを操作するときに必要です。
  
一方、クレーン・デリック運転士免許には、3つの種類があります。
  
それが、クレーン・デリック運転士免許(限定なし)とクレーン・デリック運転士免許 (クレーン限定)、およびクレーン・デリック運転士免許(床上運転式クレーン限定)です。
  
そもそも、クレーン・デリック運転士免許の対象となるクレーンには3種類あり、つり上げ荷重が5トン以上のクレーンと5トン未満のクレーン、およびデリックが含まれます。
  
さらに、5トン以上のクレーンには、無線操作式と床上操作式、および床上運転式の3種類があるのです。
  
床上操作式と床上運転式はどちらも床上で操作をする点は変わりません。
  
操作者が荷物とともに移動する方式が床上操作式であり、クレーンとともに移動するのが床上運転式となります。
  
クレーン・デリック運転士免許のうち、「床上運転式クレーン限定」の資格では床上運転式と床上操作式、および5トン未満のクレーンのみが操作可能です。
  
また、「クレーン限定」の場合は、デリック以外の対象クレーンを操作できます。
  
一方、「限定なし」になるとデリックも含めたすべての対象クレーンを操作できるのです。
  

クレーン・デリック運転士は工場でどんな仕事をするの?

工場内の天井に設置されたクレーンを操作する場合、クレーン・デリック運転士免許があると無線操作や5トン以上の荷物にも対応できるので重宝されます。
  
工場でのクレーン・デリック運転士の仕事内容は、指示に従って天井クレーンを操作して、荷物を移動させるといったものになるでしょう。
  
クレーンが必要になるのは、人力で運ぶのが難しい重い荷物や大きな荷物を移動させる場合です。
  
そのため、少しのミスが重大な事故につながりかねません。
  
状況を把握して周囲の人と適切にコミュニケーションを取りながら、正確に操作することが求められます。
  
クレーン・デリック運転士は長時間クレーンを操作する必要があるため、クレーン操作が好きでないと厳しい仕事です。
  
また、責任感と危機管理能力が欠かせません。
  
移動式を除くクレーンを操作できるようになるには、クレーン・デリック運転士免許(限定なし)が必要です。
  
しかし、つり上げ荷重が5トン以上のクレーンであっても床上操作式に限定すれば、床上操作式クレーン運転の技能講習を受けるだけで操作できます。
  
また、つり上げ荷重が5トン未満のクレーンなら、クレーン運転の特別教育を受けるだけで操作可能になるのです。
  
すぐには国家資格が取れなくても、少しずつスキルアップしていけるのがクレーン運転士のメリットではないでしょうか。
  
スキルアップできれば業務の幅も広がり、収入アップも期待できるでしょう。
  

クレーン・デリック運転士の資格取得について知ろう!条件や取得までの流れとは?

クレーン・デリック運転士免許を取得する方法は2通りあります。
  
1つは直接試験を受けて合格する方法であり、もう1つは教習所や学校を卒業してから試験を受ける方法です。
  
クレーン・デリック運転士免許の試験には学科試験と実技試験があり、実務経験がない人が実技試験をパスするのは容易ではありません。
  
一方、クレーンの教習所や学校を卒業すれば、実技試験が免除になります。
  
受験資格にはとくに条件がなく、性別や学歴、年齢は不問です。
  
ただし、免許の交付は満18歳以上が対象となります。
  
全国に7カ所ある試験会場で毎月1~2回試験が開催されており、受験費用として学科試験で6800円、実技試験で1万1100円がかかります。
  
試験を受ける予定のセンターに本人確認書類を添付した受験申請書を提出して、試験に臨みましょう。
  
学科試験は4科目あり、100点満点中60点以上で合格です。
  
試験に合格したら、「免許証発行センター]で免許申請の手続きを行う流れとなります(いずれも2018年11月時点)。
  
工場への就職を希望しているなら、クレーン・デリック運転士免許をあらかじめ取得しておくと有利です。
  
しかし、実際に工場で働きながらクレーン操作を学んだうえで、試験にいどむという方法もあります。
  
資格取得にかかる費用を会社が負担してくれるケースも少なくありません。
  
クレーン操作には玉掛け作業がつきものなので、取得の容易な玉掛けの資格(国家資格)を取ることから始めてみるのも良い方法です。
  
クレーンとデリックの両方を対象とするクレーン・デリック運転士免許は工場勤務で大変重宝される資格なので、積極的かつ地道に取得を目指しましょう。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
クレーン運転士の資格はどうやって取れば良いの?
  
玉掛け・クレーンの工場求人の業種とやりがいについて
  
クレーン運転工の年収ってどれくらい?基本的な仕事内容から平均年収まで
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
玉掛け・クレーンの工場求人をチェック
  
資格・免許取得支援ありの工場求人をチェック

ジョブコンプラスでは免許・資格が活かせる工場の求人が多数掲載!
保持している免許や資格を絞り込んで求人の検索ができるから、自分に合った仕事がすぐに見つかります。

今は特に資格を持っていない方でも大丈夫!取得支援をしてくれる企業もあるから安心してキャリアアップを目指すことができます!
資格を持つことで給料アップや幹部候補につながったり、就職にかなり有利に働きます。

免許・資格が活かせる求人や取得をサポートしてくれる職場を今すぐチェックしよう!





求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

☆関連するタグ

玉掛け・クレーン 資格

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断