メンテナンスとは?

メンテナンスとは、製造装置の保守、保全、状態管理をすることを言います。定期的なパーツの交換、クリーニング、トラブル等の対応を行います。製造装置も劣化と老朽化はやむを得ません。定期的な確認により長く使用できたり、破損や事故を未然に防ぐことができます。
  
メンテナンスをメンテと呼ぶことがあります。病院や健康診断に行く際に「体をメンテする」と言ったことはありませんか?人も同じで定期的なメンテを心掛けることによってより健康な人生を送ることができます。ガンの早期発見が良い例です。
  
体調は変わらずも、レントゲンや内視鏡にて確認して治療することによって、寿命が伸びるケースがあります。製造装置=設備も同じことが言えますね。

メンテナンスのその他業務

設備を安全、安定、効率的に稼働させるために、部品の取り換えをします。また、検査から点検まで行った後は、報告書の作成をします。
  
問題がない・問題がある・問題がおきそうであるといった結果を記載していくことによって、安心して生産していくことができます。大事故を未然に防ぐこともできますね。

何をメンテナンスするの?

具体的にメンテナンスする例をご紹介します。工作機器・コンプレッサー・ポンプ・油圧機器・モーター・熱交換器・集塵機・バーツフィーダ・ベルトコンベア・熱設備・配管・研磨機・バッテリー交換・スピンドルなどがあります。工場内外を問わず巡回と点検を行います。

メンテナンスで使う道具

作業するプロは、道具にもこだわりがあります。愛着が生まれてお仕事もはかどります。
主なメンテナンスキットとしては、スパナ・ラジオペンチ・ペンチ・ドライバー・ハンマー・やすり・ナットまわし・六角レンチなどがあります。
  
安全に寄与するものとして、手袋・マスク・メガネ・安全靴・作業服・ヘルメットなどがあります。職場によって身に付けるものが変わりますね。
  
工場内のスローガンは、いつも「安全第一」で「労働災害0」です。怪我のないように作業していただきたいものです。

製造以外のメンテナンス

製造以外の業界ではビルのメンテナンスが代表例の一つです。ビルを対象として、保守、機器の点検と運転、清掃を行います。
  
2012年からの東日本大震災の復興需要と2013年からのアベノミクスによる景気向上の影響で、東京都においては、インバウンドによるホテルの賑わいや、新たにオフィスを構える会社が増えていることもあり、人不足が続いているようです。
 
工場機械や設備など幅広くメンテナンスする業種
  
  
メンテナンスの工場求人はこちら
  
全国の工場・製造業求人を探す