試験を受けるための申し込み方法は?勉強方法は?ボイラー技士資格の試験概要

試験を受けるための申し込み方法は?勉強方法は?ボイラー技士資格の試験概要

  • 投稿日:2019/06/25
  • 更新日:2020/05/13

目次

    温水や蒸気の生成と供給、建物内の空調などの管理に必要とされるボイラーは、一部の規模が小さなタイプを除き、すべての取り扱いに「ボイラー技士免許」が必要です。
    ボイラーを使用する事業所でボイラー技士として活躍したいなら、国家資格を取得しなければいけません。
      
    そこで、この記事では、ボイラー技士資格の試験の申込方法や実施頻度などについて、試験取得のための勉強方法と併せて解説します。
      

    年に何回チャンスがある?ボイラー技士の試験頻度

    ボイラー技士免許は、階級の高いものから順に、特級ボイラー技士、一級ボイラー技士、二級ボイラー技士の3つの種類があります。
      
    試験が開催される頻度は、3つの階級それぞれで異なっているため注意が必要です。
      
    まず、特級ボイラー技士の試験の場合、チャンスは1年のうち1回だけとなっています。
      
    試験の申し込みを逃すと翌年まで受験を待たなければいけなくなるため要注意です。
      
    次に、一級ボイラー技士については、決まった月に試験が行われているわけではなく、不定期となっています。
      
    ただし、例年の状況を見ると、おおよそ2カ月に1回の頻度で開催されている傾向です。
      
    最後に、二級ボイラー技士の場合は、毎月1回は試験が開催されていて、ほかの2つの階級と比べるとチャンスは多くなっています。
      
    どの階級の試験を受ける場合であっても、受験を検討しているなら、早めに詳細な日程を確認しておくようにしましょう。
      

    受験に必要な手続きとは?ボイラー技士試験の申込方法

    ボイラー技士の試験を受けたいと思ったら、まずは受験申請書を手に入れなければいけません。
      
    受験申請書の配布場所は、安全衛生技術試験協会の本部と全国にある7つのセンター、コンサルタント試験受験申請書取扱機関です。
      
    安全衛生技術試験協会の本部やセンターからなら郵送してもらうこともできます。
      
    受験申請書を用意できたら、申請書に必要事項を記入し、添付書類、試験手数料、30mm×24mmサイズの証明写真を添えての申し込みが必要です。
      
    添付書類は、受験資格によって異なり、たとえば、中高一貫教育の中等教育学校や高等学校、高等専門学校、短期大学や大学を卒業しているのであれば、その卒業証明書が添付すべき書類となります。
      
    また、二級ボイラー技士免許の取得者が一級ボイラー技士の試験を受ける場合には、二級ボイラー技士免許証の写しを添付します。
      
    さらに、試験手数料は、安全衛生技術試験協会の窓口で直接支払う方法と郵便局や金融機関で払込みをする方法があり、払込みをするなら払込みの受付証明書を提出するようにしましょう。
      
    申請書の提出先は希望する受験地の安全衛生技術センターです。
      
    提出方法は簡易書留による郵便、あるいはセンターの窓口への直接持参のいずれかとなります。
      
    提出すると、10日以内に受験票が送付されてくるため、当日まで失くさないように保管しておくようにしましょう。
      

      

    ボイラー技士の効果的な勉強方法とは

    ボイラー技士免許に合格するためには、科目ごとに40%以上、なおかつ総合的には60%以上の得点をクリアしなければいけません。
      
    試験科目のなかで得意・不得意を作らず、バランスよく学習するようにしましょう。
      
    勉強方法としては、市販されている受験対策テキストを使用するのも方法です。
      
    初めて試験に挑戦する場合でも理解しやすいように基本から丁寧に解説されているテキストもあります。
      
    また、自宅での学習なら、過去問を繰り返し行うことは必須の試験対策です。
      
    事前に基本を理解したうえで行うことが条件ですが、実際に過去の試験問題を解くことにより、理解ができていないところをあらためて把握することができ、弱点の克服にもつながります。
      
    独学が不安なら、日本ボイラー協会などが開催している受験準備講習を受けるのも手です。
      
    また、通信講座を利用したり、スクールに通ったりする方法もあります。
      
    学習の専門家によりまとめられたテキストや模擬試験などを利用することで、効率的に勉強することが可能です。
      

    結果はどうやって確認できる?ボイラー技士試験の合格発表の方法

    ボイラー技士の試験結果は、安全衛生技術試験協会のセンターの掲示板やホームページで確認することができます。
      
    掲示板に記載される番号のなかに、自分の受験番号があれば合格です。
      
    電話などで個別に試験結果を問い合わせることはできないため気を付けましょう。
      
    また、スマートフォンや携帯電話などからだとホームページに合格発表が表示されないこともあるため要注意です。
      
    さらに、合格した場合には、受験者本人宛てで通知書などが届くようになっています。
      
    掲示板やホームページでの発表はあくまでも補助的なもので、通知書が届いて初めて正式な合格となるため、必ず受取を確認するようにしましょう。
      

    合わせて読みたい関連記事

    「お仕事ナビ」カテゴリの人気記事ランキング

    ジョブマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスで求人検索!

    運営者

    ジョブマガジン編集部
    ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
    工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

    ジョブコンプラス

    工場・製造業のお仕事いっぱい!

    • 1R寮
    • 期間工
    • 高収入
    • 日払い
      OK

    ジョブコンプラス

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP

    1. ジョブコンプラス工場求人TOP
    2. ジョブマガジン
    3. 試験を受けるための申し込み方法は?勉強方法は?ボイラー技士資格の試験概要