工場の期間工と聞くと、寮生活を思い浮かべる人は多いかもしれません。しかし、寮はプライバシーの問題があったり、周りも同じ仕事をしているため気が休まらなかったりすることがあります。その他にも、寮に入るのが嫌だったり、勤務先の工場と自宅が近かったりといった理由で、自宅通勤をしたい人もいることでしょう。
  
そこで今回は、期間工と自宅通勤について詳しく解説していきます。また、自宅通勤をする際のメリット・デメリットも一緒に見ていきましょう。

会社によって自宅通勤ができるところとできないところがある

期間工といってもさまざまな会社のさまざまな工場があるため、一様に期間工は自宅通勤ができるかどうかを断定することはできません。
  
自宅通勤が可能な会社や工場もあれば、そうではないところもあります。日本を代表する自動車メーカーでは、自宅通勤ができないことが多いです。研修中は全員が寮に入るように言われ、研修後も配属される工場の寮に入ることになります。
  
一方、日本の自動車メーカーのなかには、自宅通勤できるところも多くなっています。そのため、これらの会社の工場では賃貸で一人暮らしをして、自家用車や自転車、バイクなどで工場へ通勤することは可能です。自宅通勤をしたい人は寮で暮らさなくても良い会社の工場を選ぶようにしましょう。

  
自宅と職場の距離が近い!寮には入るべき?
  

自家用車がないと自宅通勤は厳しいかも

自宅通勤ができる工場であっても、必ずしも公共交通機関が発達していない可能性があるので注意してください。
  
基本的に寮暮らしを推奨している会社では、自動車かバイクがなければ通うのは難しい場合があります。工場は期間工専用のバスを朝と夕方に運行していたり、寮と工場を結ぶ路線バスがあったりすることが多いからです。
  
そのため、寮暮らしの期間工は、基本的に働いている間は公共交通機関を利用して工場に通う必要はありません。工場は多くの場合、街中から少し離れたところに建てられています。徒歩や自転車で通いたいと考えている人も、通勤が難しい可能性が高いです。自宅通勤をしようと考えている人は、基本的に自家用車かバイクを所有していることが望ましいです。

  
車・バイク通勤OKな案件を選ぶ時のポイントとは
  

マイカー通勤で交通費は支給されるの?

多くの会社では福利厚生として自宅通勤者に交通費が支給されますが、期間工の場合は一体どのようになっているのでしょうか。
  
期間工でも、自宅通勤者であればもちろん交通費が支給されるケースが多いです。マイカー通勤であっても、ガソリン代が支給されることがあります。これは会社の方針によるところが大きいですが、遠方から自宅通勤をする期間工の場合、高速道路代までも支給されることもあります。
  
そのため、自宅通勤をする期間工であっても、寮で暮らす期間工と同様、ほとんど無料で自宅から職場の工場まで行き来することが可能です。むしろ、寮暮らしの場合は寮から工場までのバスに乗り遅れると、タクシーを使って工場まで向かわなければならないこともあるので、自宅からマイカー通勤をした方が利便性は高いといえます。

  
通勤で車を使いたい場合は寮に駐車場があるかどうかが気になる
  

自宅通勤で注意すべきこと

寮のメリットは、家賃や水道光熱費など住居にかかる費用がアパートを借りて暮らすよりも断然安いことです。そのため、期間工になったらできるだけ寮に入りたいという人もいることでしょう。特にお金を貯めることが期間工として働く目的の場合は、寮生活の方がお得になることもあります。
  
しかし、自宅が配属先の工場から近いと、寮生活を希望したとしても寮に入れないことがあります。寮に確実に入りたい場合は、全寮制の自動車メーカーなどに応募すると良いでしょう。
  
数カ月だけ働く工場の期間工であっても、自宅通勤をすることは基本的に可能です。ただし、期間工はほとんど例外なく寮に入るルールを設けている会社や工場もあるため、応募する段階で募集要項をよく読んでおく必要があります。
  
寮生活が苦手だったり、実家から通いたかったりする人もいることでしょう。そのような場合は自宅通勤が可能な会社の期間工に応募して、あなたが思い描くような期間工ライフを送りましょう。

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
コツコツ頑張れば高収入も期待できる工場の求人とお仕事の特徴
  
疑問にお答えします!工場求人の寮生活
  
知らないと損!意外と稼げる「期間工」の求人
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
期間工のお仕事探しなら期間工求人特集をチェック
  
車・バイク通勤OKの工場求人をチェック