ジョブコンプラスお仕事ガイド 働くなら知りたい!工場のお仕事をご案内

お仕事ナビ
工場求人のお仕事の特徴!コツコツ頑張れば高収入も期待できる

求人であればどんな内容でも構わないなどという人はまずいないでしょう。自分の適性に合わない仕事を選んでしまうと、働き始めてからが大変です。例えば、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人が、接客やセールスの求人に申し込んでしまうと、もし採用されても成果を上げるのはかなり難しいのではないでしょうか?ですから、せっかく仕事を探すのであれば、自分の適性に合った求人に申し込むことが重要です。
  
もし、人とコミュニケーションを取るのが苦手だけど、ひとりでコツコツ仕事をすることは苦にならないというのであれば、工場のお仕事が向いているかもしれません。工場は全国各地にたくさんあり、そこで働く人も大勢必要です。そのため、工場の求人は年間を通して地域を問わず頻繁にあります。自分の適性にぴったり合う求人を見つけるために、あらかじめ工場での仕事内容や求人の特徴などについて知っておきましょう。

☆工場の求人で募集される仕事の内容は?

工場の求人で募集される仕事は、ベルトコンベアの前に立って黙々とものを取り付けたり検品をしたりするようなライン作業が中心です。電子部品や精密機器などの工場では、部品の取り付け作業や検品が主な仕事になります。扱う品物が小さく取り扱いの難しいものが多いため、緻密な作業が要求されますが、重いものを運ぶ必要はない職場です。
  
逆に大きな自動車を組み立てる場合には、重いものを運んだり身体を使ったりしながら部品の取り付けや検査などの作業を進めていきます。金属やプラスチックなどを機械で加工する工場では、加工機械を操作するオペレーターの求人が目立ちます。
  
食品工場には、生鮮食品を直接手作業で切り分けたり、調理したりする仕事がある食品加工工場と、すべての食品を機械で加工し、その補助的な作業を人間が行っている食品製造工場があります。食品工場に関しては、どんなものをどのような形に加工するかといった加工の内容や、工場の規模によって仕事内容が大きく異なります。
  
いずれにせよ、どのようなものを扱う工場であっても、出来上がった製品を検品、検査する作業と、梱包や出荷などの作業は必ず必要です。また、工場の中には、ベルトコンベアを使わず、すべての工程を職人が手作業で行う町工場のようなところもあります。
  
このように、工場での仕事は機械のオペレーター、部品の取り付け作業、機械が加工を行う際の補助作業、出来上がった製品の検査・検品、梱包・出荷作業の5つに分けることができます。工場の仕事には、初心者でもすぐにできるようになるものと、経験を重ねなければできないものがありますが、多くは最初にしっかりと作業の仕方を教われば誰でもすぐにできるようになる単純作業です。

☆工場の求人特徴は?

工場の求人の特徴は、未経験可の仕事が多く、年齢制限も無いかそんなに厳しくない場合が多いという点です。また、大手企業の工場でも業界についての詳しい知識がなくても採用されやすい点も特徴と言ってよいでしょう。
  
工場での作業は細かく分割されていて、担当する部分が限られていることが理由として考えられます。もちろん、募集対象になっている作業の内容や工場の規模、扱っている品物などで仕事内容が大きく異なるため、職種によっては募集対象の性別や年齢が限られることもあります。しかし、工場内の単純作業であれば、これまで外で仕事をしたことがない人でも採用されるケースが多く、1から仕事を覚えるチャンスをもらえます。
  
ですから、工場での求人を探すときには、工場でどんな仕事をしたいのか、しっかりとターゲットを絞って探す必要があります。工場での仕事は、寮付き求人も多く、地方の広大な敷地に作られた大企業の大きな工場で働くチャンスも生まれます。初心者でもできる作業から、ある程度の経験がないとできない作業まで、作業内容にも幅があるため、何の工場で働くかだけでなく、どんなことができるかも考えておくことが大事です。
  
また、日勤のみ、夜勤のみ、2交代制、3交代制など、勤務スタイルが工場によって違います。夜間も稼働している工場と稼働していない工場、土日が出勤になる工場とそうでない工場など、工場の稼働時間によって、求人の内容が違ってくるため、その点は注意が必要です。
  
それともう1つ、工場の求人に限らずチェックが必要な点が雇用形態です。同じ工場で同じ作業をしても、正社員か期間工かアルバイトかといった雇用形態の違いで給与や待遇に差が出ます。この点は工場での仕事でも同様ですから、必ずチェックしておきましょう。

☆工場で働くメリット・デメリットは?

工場では、老若男女いろいろな年齢の人が働いています。そのため、人数が多く年齢の幅が広いとコミュニケーションを取るのが大変だと思いがちですが、実際はそうではありません。工場での仕事は決められた作業をひとりで黙々と繰り返すことが多いため、仕事中に周りとの関係で煩わしい思いをするようなことは少ないでしょう。
  
もちろん、部署ごとに他の人との協力が必要なこともありますが、必要最低限のコミュニケーションを取れば仕事はできます。工場での仕事の場合、他の人とかかわりを持つのは休憩時間や終業後が中心になるため、メリハリのある時間の使い方になるでしょう。工場には様々な人が集まっているため、休憩時間の過ごし方も比較的自由です。1人で過ごしても特に文句を言われることはありませんし、気心の合う人がいれば、自然と話せるようになっていきます。積極的に人と関わろうと思えば仲間を集めて様々な活動をすることができる一方、最低限の付き合いだけにとどめるということもできるのが工場で働くメリットと言えるかもしれません。また、2交代制や3交代制、夜勤専従の場合は、日勤で働くよりも同じ時間で多く稼ぐことができる点もメリットと言えるでしょう。
  
その一方でデメリットを挙げるとしたら、時間の使い方に慣れるまでは、寝不足になったり、疲労感が溜まったりすることがあるかもしれません。2交代制や3交代制の工場で働くときは、計画的に睡眠時間を確保して、生活時間をコントロールする必要があります。しかし、きちんと時間のやりくりができるようになれば、世の中に多い日勤で土日休みの人と休みがずれるため、混雑を避けて出かけられる点は工場で働くメリットと言えるかもしれません。

☆工場求人のお給料はどのくらい?

工場求人のお給料と言っても、何の工場か、どんな職種かによって大きな差があります。もちろん、正社員かパートやアルバイトかという点でも差は大きくなります。
  
アルバイトやパートで働くという点で、お給料の高い業種を見てみると、最も高いのは車やバイク、重機などを製造する工場で、平均の時給が1,200円前後です。これら製造工場では、作業を何万という工程に細分化したうえでそれぞれに人を配置しなければならないため、多くの人を確保するために時給を高めに設定していると考えられます。次に高いのが医薬品、化学薬品などの工場ですが、これは、検査や検品にもある程度の専門知識が必要なためです。続いて電子部品や半導体などの精密機器の工場ですが、これは商品の需要が高く、コンスタントに製造し続けるために人を確保する必要があるからだと考えられます。
  
あらゆる業界の工場を合わせた場合、日勤の平均時給は1,000円前後ですが、工場の仕事の中でも、業種によってはもっと高収入が期待できるものもあります。例えば、生産技術系の仕事や溶接など専門知識の必要な仕事であれば、アルバイトでも1,400円ほどの時給になります。
  
また、ラインでの単純作業でも夜勤は2割程度時給が高くなりますから、積極的に夜勤や時間外にもシフトを入れて行けば、高収入が期待できます。しかし、工場求人のお給料は、業界と業種だけで決まるわけではありません。それらに加えて、経営している会社の経営状況や、どんな製品を作っているかによっても差が見られます。ですから、お給料を比較するときは、ただ単純に金額の大小だけで比べず、どの企業の何を作っている工場の求人かといった点をよく見て選ぶことが大事です。

☆工場でのお仕事に向いているのはどんな人?

工場の求人に応募する人の中には、最初から工場で働きたくて応募する人と、他の仕事はできそうにないから未経験者でも取ってくれそうな工場の求人に応募する人という少なくとも2種類の人がいます。
  
この場合、どちらが工場の仕事に向いているかというと、明らかに工場で働きたくて応募する人の方が向いています。同じ作業をする場合でも、やる気を持って仕事をする人の方が集中力もあり、作業も効率よくこなすことができます。集中して仕事に取り組めばミスも少なくて済むため、仕事が楽しくなるはずです。
  
逆に、他にできる仕事がなさそうだから工場で働くといった感覚で働き始めた人は、モチベーションが低いため、仕事の効率も上がりません。仕事の効率が上がらないと楽しく感じられないため、ますますモチベーションが下がり、仕事の効率が悪くなるという仕組みです。
  
ですから、まず、工場のお仕事に向いているのは、工場での作業を前向きに捉えられる人ということができるでしょう。組み立ては手先が器用な人の方が不器用な人よりも向いていると言えますし、検査や検品作業は目がよい方がよいと言えるかもしれませんが、不器用でも目があまり良くなくてもできない仕事ではありません。
  
しばらく仕事を続けてコツがつかめたら、問題なく作業することができるようになるでしょう。工場でラインの仕事をするのであれば、器用さや目のよさよりも、コツコツと作業に打ち込める集中力が必要になるかもしれません。
  
また、ベテランの人の作業の仕方を目で見て学び、まねてみることができる人は工場の仕事に向いています。最低限の作業の仕方は最初に教えてもらえますが、いかに効率よく作業するかは、ひとりひとりの工夫次第です。昨日よりも効率よく仕事するためにはどうしたらよいかを考えて努力できる人が工場のお仕事に向いていると言ってよいでしょう。

☆工場求人に応募するためにはどんな準備が必要?

工場の仕事には単純作業が多いため、未経験でも初心者でも採用してもらえることが多いのは事実です。しかも、業界や企業のことをほとんど知らなくても働けることが少なくありません。
  
しかし、何も下準備をせずに応募したのでは、採用された後で苦労することになります。というのも、一口に工場のラインの仕事と言っても、ただベルトコンベアで流れてきたものを処理するというだけでは済まないこともあるからです。1つの製品を作り上げるまでに作業工程はいくつもあるため、どこに配置されるかによって作業内容が大きく違います。
  
ですから、事前にホームページなどで、応募しようとしている工場がどのようなラインで製品を作っているか、ラインにはどのような作業があるのかといった点は最低限調べておいた方がよいでしょう。もちろん、企業や業界のこともある程度は知っておいた方がよいのは確かです。工場で作られている製品のことがわかっていれば、ラインの一部分で仕事をする自分の役割にも意味が感じられます。
  
そのうえで、どこに回されても自分はやっていけるかをよく考えてみましょう。実際に採用された場合に、想像通りの場所に配置されるとは限りません。ここのラインならいいけれど、こっちは嫌だというようなところがある場合には応募を見合わせるというのも1つの選択です。
  
ただし、工場内の作業でやりたい仕事とそうでない仕事があっても、やりたくない場所に配置されて当然だと事前に心の準備をしておくことで、どこに配置されても嫌な気持ちにならずに仕事に打ち込めます。想像のうえではやりたくなかった仕事でも、慣れてくると上手にこなせるようになり、仕事がはかどるようになると楽しく働けるようになるはずです。

☆工場で働きたいなら

求人を探すとき、一般的にはハローワークを利用したり、雑誌やインターネットなどで求人情報を探したりしますが、工場で働きたいというのであれば、工場の求人が多く集まるサイトを選んで利用するのが最も確実性の高い方法と言えそうです。
  
工場以外の仕事もたくさん集まってくる情報サイトを利用してしまうと、余分な情報が多すぎるため、本当に欲しい情報がなかなか見つからなくなってしまいます。工場での仕事ばかりを集めた求人サイトを選んで利用すると、工場の種類や規模、職種など条件を絞って検索することができます。効率よく工場の仕事を探すためには、ただ時間や手間をかけるだけでなく、ほしい情報だけをいかに集めるかという点が重要です。
  
ジョブコンプラスであれば、工場・ブルーカラーのお仕事に特化していますので。希望の条件の求人が見つかるでしょう。お仕事の探し方としてはまず、自分がこれだけは外せないという条件をいくつか書き出して、優先順位をつけながら並べておくとよいでしょう。条件はある程度絞っておくことが必要ですが、最初から希望条件を1つだけに絞ってしまうと合うものが見つからなくなる可能性があります。ある程度条件を残しておき、優先順位をつけて探すようにすると、ピッタリの求人情報を探しやすくなります。





☆関連するタグ

コツ メリット 年収 応募

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断