工場の仕事では、寮完備の求人がたくさんあるということが1つの特徴です。
  
敷金・礼金などがかからないどころか、行きの交通費まで会社が支給してくれるので、安心して仕事に就くことができます。
  
帰りの交通費は会社が支給してくれるケースとしてくれないケースがあるようなので要確認です。
  
寮に入って働くうえで気になることの1つが、プライベートがしっかりと守られるのかどうかということではないでしょうか。
  
ここでは、工場の寮生活でプライベートがどこまで守られるのかを紹介します。
  

寮のタイプは大きく分けて2つ

寮には大きく分けると2つのタイプがあります。
  
会社が所有している土地の上に社員寮を建築したタイプと、一般的な賃貸マンションやアパートを部分的もしくは一括で借り上げをして寮としているタイプです。
  
不景気の影響などで、企業が多額のコストをかけて社員寮を建てるというケースは少なくなっている傾向です。
  
また、工場では生産量の増減次第でスタッフの人数を調整しており、スタッフを大量に増やすというタイミングでは社員寮を保有している企業でも部屋の数が足りなくなることがあります。
  
そのため、一般的な賃貸マンションやアパートを部分的もしくは一括で借り上げをして寮としているタイプが増えてきています。
  
どちらのタイプの寮であるかによってプライベートが守られるレベルも異なってくるでしょう。
  

賃貸マンションと同じレベルのプライバシーがある?

会社が保有している社員寮の場合には、賃貸マンションと同じレベルのプライバシーまではあまり期待しないほうがよいでしょう。
  
部屋のドアに鍵はついていますが、社員寮の管理人が鍵を管理しています。
  
長期間出勤をしない人がいた場合、管理人がやってきて部屋を空けて中を見るということもあるでしょう。
  
実際に、工場の住み込み労働では「人間関係がうまくいかない」といった理由で夜逃げをしてしまう人もいるのです。
  
そのような人がいるので、管理人は各部屋のカギを保有しています。
  
逆にいえば、長期間出勤をしなかったり、連絡をとらなかったりしなければ鍵を開けて中に入られるということは基本的にはありません。
  
また、社員寮にもよりますが、トイレやお風呂が共通ということがあります。
  
大浴場がついている場合には入浴できる時間が決められているので、寮生活の中で裸の付き合いをすることになるでしょう。
  

一般的な賃貸物件を借り上げしている場合にはプライバシーレベルが高い傾向

一般的な賃貸物件を会社が借り上げをして寮としている場合には、基本的には賃貸マンション・アパートと同じレベルのプライバシーがあります。
  
会社が賃貸物件のオーナーと賃貸借契約を結んでおり、それを寮として労働者に提供している形になるからです。
  
本来ならば大家さんと入居者が直接賃貸借契約を結ぶところを、間に会社が入っているイメージです。
  
敷金・礼金、仲介手数料などのコストは福利厚生の一環として会社が負担してくれていますので、メリットのほうが大きいでしょう。
  
ワンルームの部屋ならばそれぞれの部屋にトイレやバスがついています。
  
部分的に1つ2つの部屋を借り上げしているだけの場合には、近隣の住民は会社の関係者ではなく一般人となっています。
  
常識・マナーには注意しておきましょう。
  
以上はワンルームの場合の説明ですが、2LDKの部屋に2人で住むということもあります。
  
その場合には、どのような人と相部屋になるのかがわからないので、運の要素も絡んでくるはずです。
  
知らない人と相部屋は絶対に嫌だという人は、あらかじめ面接のときなどに伝えておきましょう。
  
【関連記事】1R寮(ワンルーム寮)の生活について解説!
  
【関連記事】寮は相部屋であることもあり得る?相部屋だった場合の注意点とは?

寮生活におけるプライベートは基本的には守られる

寮完備の工場求人の中には、とても条件が良いものもあります。
  
また、都会に住んでいる人が地方の工場で働いてみることも良い経験となるはずです。
  
その逆で、地方に住んでいる人が都会もしくは別のエリアの工場で働いてみるということもまた良い経験となるでしょう。
  
せっかく希望の条件の仕事を見つけたのに、寮生活でプライベートが守られるのかどうかが不安ということだけが理由で工場の仕事を諦めてしまうのはもったいないです。
  
どのようなタイプの寮となるのかということに左右はされるものの、工場求人の寮生活では基本的にはプライベートは守られます。
  
どうしても不安だという人は、ワンルームを寮としている求人に応募するのがおすすめです。
  
一般的なワンルームマンションを寮としている場合なら、寮生活とはいっても賃貸マンションで暮らす場合とほとんど変わりがありません。
  
寮生活のプライベートが守られるのかどうかが不安で応募をためらっているという人は、とりあえず応募をしてみて説明会や面接のときに詳しい説明を受けてみましょう。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
寮内で快適な生活を送るために!知っておきたい防音対策の方法とは
  
期間工を希望する人が知っておきたい生活環境や生活内容とは?
  
寮生活にまつわる代表的な疑問とその回答
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
寮あり・住み込みの工場求人をチェック