工場で働く場合、会社が寮を用意してくれていると大きなメリットが期待できます。寮は福利厚生が目的であるため、一般的な賃貸物件の家賃と比較すると、安い使用料で住宅費用を済ませることができますし、通勤にも便利な場所に寮があるケースも多いです。しかし、気になることもあります。その1つとして相部屋かどうかという点があげられます。そこで、寮が相部屋という可能性があるかどうか、もし相部屋だった場合の注意点などについてお伝えします。

☆寮のメリット・デメリットは何か?

まず、寮が相部屋であるかどうかにかかわらず、寮のメリットやデメリットについて理解しておくことが大切です。寮のメリットは、経済的な面と時間的な面の両面があります。会社は寮を用意する場合、福利厚生目的で運営するため営利を追求する必要がありません。社員や契約社員などに良好な住環境を提供して仕事をしやすくすることで、結果的に会社はメリットを得られるからです。
  
そのため、家賃にあたる寮の使用料は、一般的な賃貸物件の賃料と比較すると相当安く設定できます。また、通勤に便利な場所に寮があるケースが多く、工場の隣に寮があることも珍しくありません。通勤時間の短縮という時間的なメリットも得られる可能性があります。一方、デメリットとしては、門限や食事、外出の届出が必要といった制限がかかる点などがあげられます。

  
寮のメリットとデメリットとは
  
送迎バスがある求人案件のメリット・デメリット
  
寮って門限はあるの?
  

☆寮が相部屋という可能性はあるか?

では、寮が相部屋という可能性はあるのでしょうか?工場で働く人のために用意された寮は、相部屋という可能性はあります。多くの労働者を受け入れて住む場所を確保するためには、相部屋にするのが効率的です。寮を使用する人によっては、相部屋ではプライベート空間を確保できないという点をデメリットと感じる可能性もありますが、話し相手がいる、孤独を感じなくて済むという点をメリットと考える人もいるでしょう。
  
過去に工場で人員整理が行われた場合などは、寮が1人部屋である可能性は高いですが、増産になって新たに人を募集しているような工場の場合は、相部屋というケースも十分考えられるでしょう。

☆寮が相部屋だった場合は相部屋になる人と良好な人間関係を築くことに注意が必要

寮が相部屋だった場合、相部屋のデメリットを減らしてメリットを活かすことによって、より快適な生活をすることができるようになるでしょう。まず気を付けるべき点は、相部屋のパートナーと良好な人間関係を築くことです。工場のシフトが違えば部屋で一緒になる時間は少ないとはいえ、相部屋である限り同じ部屋の中で一緒に過ごす時間は一定以上あるはずです。
  
その時間を険悪な関係で過ごすことになると、快適な生活ができないだけでなく仕事にも支障がでてしまうでしょう。友人関係までにはなれないとしても、社会人としての常識の範囲で最低限のマナーを守り、相手を尊重して良い人間関係を築くように心がけることが大切です。

  
寮では管理人・同居人への引越し挨拶が必要なのか?
  

☆寮の相部屋の人が外国人だった場合の注意点とは?

工場の場合は外国人が働いているケースも多く、相部屋のパートナーが外国人ということも考えられます。そういったケースは、相手の国の文化や習慣を尊重する姿勢も必要となるでしょう。日本の常識に基づいた言動が相手を深く傷つけてしまう可能性があることに注意する必要があります。しかし、生活に支障があるような行動を相手がとる場合は、お互いによく話し合って、双方にとって良い条件を決めるといった工夫も必要になるかもしれません。
  
外国人と相部屋になった場合は、異文化を吸収するまたとない機会というつもりで過ごすと、より良い人間関係が築きやすいでしょう。そういった姿勢で臨んでも、耐えられない状態になるようであれば、最後の手段として会社に相談することも考えられます。寮が相部屋だった場合は、快適な生活を送って寮のメリットを最大限享受できるように、良好な人間関係を築けるよう自ら進んで行動することがポイントとなるでしょう。

  
期間工で働く外国人労働者の実態!学歴やスキルとは?
  

  
寮あり・住み込みの工場求人はこちら