工場勤務といえば、理系の人がやるというイメージを持っている人はまだ多いかもしれませんが、現在では文系の人でも工場で働くことがあります。
  
文系の人、理系の人の両方が工場で働いているので、「どちらの出身であるかによって仕事内容や扱いが異なってくるのか?」ということが気になっている人も多いようです。
  
これは工場によって変わってくるので一概にはいえませんが、基本的には文系か理系かで差別はされないと考えておいて良いでしょう。

基本的には、理系・文系で扱いが異なるということはない

工場勤務では、基本的に学歴は採用に影響しないといわれています。20代前半の人は、まだ社会人としての経験が浅いので、学歴が影響する割合が大きくなることもありますが、20代後半くらいになってくると、長い社会人経験の中でどのようなスキルを身につけたのかということが重要になってきます。
  
仮に、学歴が採用や職場への配属に影響するとしても、理系・文系で仕事内容が異なってくるということはほとんどないでしょう。工場の仕事では、決められた作業をしっかりとこなすということが重要になってきます。そのために求められる能力はさまざまですが、理系の勉強をしてきたか、文系の勉強をしてきたかということはほとんど関係ありません。

工場の仕事は変化している

工場の仕事もIT化が進んでいますので、危険な作業はほとんどが機械化されています。そのため、仕事の負担は減ってきているといえるでしょう。また、重いものを持つなどの力仕事も減少傾向にあり、最近ではむしろ機械を操作するという仕事のほうが増えています。
  
機械を操作する仕事ならば、理系の人のほうが有利になると考える人もいるでしょう。しかし、文系の人がパソコンやスマートフォンを操作できないという話はほとんど聞きません。技術は進歩していますが、機械の操作は専門的な知識を持たない一般人でも使いこなせるということを意識して開発されていることが多いため、機械の操作についても文系・理系はあまり関係ないといえるでしょう。

配属先はどのように決められるの?

工場勤務の仕事は、基本的には文系・理系で差別されることはありません。大きな工場などでは、本人の能力に応じて配属先が決められますが、文系か理系かというポイントではなく、体力があるかどうか、重いものを持つ作業もできそうか、手先が器用かどうか、といったポイントで決められることが多いといわれています。
  
ライン作業では同じラインで仕事をしている人とのコミュニケーションも重要になるので、性格や人柄についても重要視されます。
  
しかし、仕事内容によっては差ができることがあります。例えば、コミュニケーション能力が高そうな文系の人は、さまざまな工程の人と話す機会がある部品供給の部署に配属され、集中力があり黙々と作業することが得意そうな理系の人は、機械加工の部署に配属されるといった具合です。
  
しかしこういったことも、文系と理系で差ができるというよりも、個人の能力が判断されてのことですので、差別されているとはいえないでしょう。

社会人になったら理系・文系は関係ない?

工場勤務では、健康管理をしっかりとして、遅刻や欠勤をしないということが重視されています。これは、遅刻や欠勤をしてしまう人が意外にも多いということを意味しています。
  
工場の仕事は肉体労働となりますので、体調管理に失敗をして、欠勤をしてしまうこともあります。また、時間を守れず、遅刻を繰り返してしまう人もいます。そういった人はすぐに解雇されることはなくても、契約が更新されない可能性が高くなるでしょう。
  
社会人になったら、理系と文系のどちらの出身であるかどうかということは、あまり重要ではありません。遅刻や欠勤をせずにしっかりと仕事をこなしているだけでも、「あの人は信頼できる」というイメージを持たれるでしょう。人間的な信頼が、ある意味でもっとも重要になります。
  
さらに余裕があれば、トレーニングジムなどに通って体力をつけたり、仕事に関連した資格をとったりという努力をすることをおすすめします。工場勤務では学歴はほとんど影響せず、日々の努力が成功につながると考えておくと良いでしょう。

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
不器用でなくても務まる?工場勤務で求められている人材とは
  
食品加工の仕事の志望動機で注意しなければいけないこと
  
ライン作業の仕事に応募するとき志望動機にはなにを書けばいい?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
工場・製造業求人を探す