資格はいるの?種類や給料も解説!フォークリフトの求人まとめ

資格はいるの?種類や給料も解説!フォークリフトの求人まとめ

  • 投稿日:2019/11/12
  • 更新日:2019/10/31

目次

    大きなツメを荷物の下に差し込み、持ち運び、上げ下げするフォークリフト。工場はもちろん、港や倉庫、ときには街なかの店舗の裏などで見かけることもあるため、憧れている人もいるのではないでしょうか。
      
    ここでは、フォークリフトの種類や必要な資格、気になる給料などについて紹介します。
      
    工場で働くなら、フォークリフトに乗るのも選択肢のひとつとして検討してみましょう。
      

    フォークリフトってどんなの?

    フォークリフトは、荷物を運搬するための乗り物で、2本の大きなフォークと、フォークを上げ下げするためのマストが取り付けられているのが特徴です。
      
    人の手で運ぶことが難しい重い荷物も、フォークを荷物の下や荷物を載せたパレットに差し込んで持ち上げ、移動させることできます。
      
    また、マストを使ってフォークを上昇させ、高い場所に荷物を保管したり、逆に、高い場所にある荷物を取り出したりすることもフォークリフトが得意な仕事です。
      
      
    荷物を持ち上げるためのフォークは、爪と呼ばれることもあります。
      
    フォークリフトの大きな特徴ですが、仕事内容によってはラムと呼ばれる1本の棒であったり、マジックハンドのように荷物を掴めるようになっていたり、さまざまです。
      
    また、フォークには、いろいろな種類のアタッチメントが取り付けられることもあります。
      
    フォークを持ち上げるためのマストは、上昇と下降だけではなく、前後に傾けることも可能です。
      
    荷物を持ち上げると、その重さで、荷物を載せたままフォークが前方に傾いてしまいます。
      
    そのため、マストを後に倒すことで荷物を水平に保つ必要があるのです。
      
      
    荷物を運搬し、上げ下げするための特殊な装置が取り付けられたフォークリフトですが、運転そのものはそれほど難しくありません。
      
    フォークを上げたり下げたりする以外は、自動車の運転とそれほど違いはないのです。
      
    ただし、小回りがきく点と、バック走行の機会が多くなる点には慣れなくてはいけません。
      
    フォークリフトの運転手は、多くの職場で求められています。
      
    なぜなら、工場や倉庫などでは、フォークリフトはなくてはならない存在だからです。
      

    フォークリフトにはどんな種類があるの?

    フォークリフトは、横に移動できるものや全方向に移動できるもの、荷物と一緒に運転手も上昇や下降ができるものなどさまざまな種類があります。
      
    とはいえ、基本的にはカウンターバランスフォークリフトとリーチフォークリフトの2種類です。
      
    この2つのフォークリフトは、大きな違いがあります。
      
    カウンターバランスフォークリフトは、最もよく使われているフォークリフトです。
      
    前輪よりも前方にマストとフォークがあり、後にはカウンタウエイトと呼ばれる重りがついています。
      
    カウンターでバランスを取るので、カウンターバランスフォークリフトと呼ばれるのです。
      
    重りがあるため、重い荷物を持ち上げたときも車体が安定し、転倒しにくいというメリットがあります。
      
    カウンターバランスフォークリフトとは運転席に座って自動車のように運転するので、自動車の運転ができれば習得は早いです。
      
      
    カウンターバランスフォークリフトが座って運転するのに対し、立った状態で運転をするのがリーチフォークリフトです。
      
    リーチフォークリフトは、フォークを前後に動かすことができます。
      
    フォークを引き込むことで車体が短くなるので、カウンターバランスフォークリフトと比べると、かなり小回りがきくのがメリットです。
      
    そのため、工場や倉庫など狭い室内では、リーチフォークリフトがよく利用されます。
      
    前進や後進を手元のレバーで操作する点や、足元のブレーキを離すと止まる点など、自動車の運転とはかなり違う部分があり、自由自在に動かすには慣れが必要です。
      
      
    フォークリフトは、動力の違いによって分けることもあります。
      
    ガソリンエンジンやディーゼルエンジンで動くエンジン式と、電気で動くバッテリ式です。
      
    バッテリ式は音が静かで排気ガスも出ないというメリットがあるため、室内の作業場でよく使用されます。
      
    また、エンジン式のフォークリフトには、ガスを燃料にしているものもあります。
      

    フォークリフトの運転には資格が必要?

    フォークリフトの運転には免許が必要です。
      
    普通自動車運転免許を持っていても、フォークリフトの運転はできません。
      
    また、無資格で運転をすると罰則を受けることになります。
      
    フォークリフトを運転するには、フォークリフト運転技能講習を受講し、フォークリフト運転技能講習修了証の発行を受けなくてはいけません。
      
    フォークリフト運転技能講習修了証は、フォークリフト免許とも呼ばれます。
      
    フォークリフト免許は、道路交通法によって定められているのではなく労働安全衛生法によって定められている点が普通自動車運転免許との大きな違いです。
      
    そのため、フォークリフト免許は、普通自動車運転免許証に免許の種類が追加で記載されるのではなく、まったく別のカードが発行されます。
      
      
    多くの職場で使用されているフォークリフトの最大積載量は1トン以上です。
      
    しかし、最大積載量1トン未満のフォークリフトにしか乗らないことがはっきりしているなら、フォークリフト運転技能講習を受ける必要はありません。
      
    最大積載量1トン未満のフォークリフトには、「フォークリフト運転業務に関わる特別教育」を受ければフォークリフト免許がなくても乗ることができるのです。
      
    逆に、フォークリフト免許を持っていれば、1トン未満のフォークリフトに乗るために特別教習を受ける必要はありません。
      
    なお、フォークリフトで公道を走行する場合は、フォークリフト免許とは別に特殊自動車免許が必要です。
      

    フォークリフト免許を取得するにはどうすればいいの?

    フォークリフト運転技能講習は、各都道府県の労働局長が登録した教育機関で受けることができます。
      
    フォークリフト免許の受験資格は、18歳以上であるということだけです。
      
    ただし、普通免許があったり、大型特殊免許があったり、または、1トン未満のフォークリフトの経験があると、講習時間や費用に違いがあります。
      
    免許が何もなく、1トン未満のフォークリフトの操作経験もない場合は講習時間も費用も最大になりますが、それでも講習時間は35時間、費用は4万円程度です。
      
    フォークリフト免許の合格率は98%以上ともされていて、取得しやすい資格のひとつといえます。
      

    フォークリフトの給料はどれぐらい?

    フォークリフトは、多くの職場で使われています。
      
    しかし、免許が必要なので誰でも運転できるわけではありません。
      
    そのため、フォークリフト免許を持っていて経験もあれば、求められやすいです。
      
    また、給料の面でも手当がつくなど、他の作業をする人よりも高い傾向があります。
      
    カウンターバランスフォークリフトとリーチフォークリフトでは、給料に違いはないのが一般的です。
      
    とはいえ、カウンターバランスフォークリフトは未経験でも乗りやすいため、競争率は高いでしょう。
      
    両方乗ることができれば、歓迎される職場が多くなります。
      

    フォークリフトの仕事で気をつけることは?

    フォークリフトは、荷物を運んでいるときは前方が見づらくなります。
      
    そのため、仕事内容によっては、バック走行をすることが多くなります。
      
    慣れるまでは、慎重に運転をしましょう。
      
    とはいえ、運転に慣れてきた頃が、事故を起こしやすくなるタイミングです。
      
    仕事になれたと感じたら、運転にはさらに気をつける必要があります。
      
    また、バッテリ式のフォークリフトの場合は、乗ろうとしたときに充電がされていないと、運転することができません。
      
    休憩時間や帰るときには充電をするのを忘れないようにしましょう。
      

    フォークリフト免許をとって仕事の幅を広げよう

    フォークリフト免許は国家資格です。
      
    また、一度取得すると、一生使うことができます。
      
    さらに、免許を取得するのもそれほど難しくはありません。
      
    工場で働くことを考えているなら、フォークリフトも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
      
    資格があることで給料が高くなる職場が多いので、しっかりと稼ぐことができておすすめです。
      

    合わせて読みたい関連記事

    「お仕事ナビ」カテゴリの人気記事ランキング

    ジョブマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスで求人検索!

    運営者

    ジョブマガジン編集部
    ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
    工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

    ジョブコンプラス

    工場・製造業のお仕事いっぱい!

    • 1R寮
    • 期間工
    • 高収入
    • 日払い
      OK

    ジョブコンプラス

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP

    1. ジョブコンプラス工場求人TOP
    2. ジョブマガジン
    3. 資格はいるの?種類や給料も解説!フォークリフトの求人まとめ