アパレル関連の仕事は、売り場に立ってお客様に商品を勧めるものだけではありません。
  
衣料品を生産する工場での作業も、立派なアパレル関連の仕事の一部といえます。
  
衣料品関連の工場ではさまざまな作業工程がありますが、直接生産に携わらないで働きたいという人もいることでしょう。
  
そこで今回の記事では、アパレル工場で行う検品作業にスポットライトを当てて、仕事内容やどのような人が向いているかなど幅広く解説していきます。
  

アパレル工場での検品作業の大まかな流れとは

アパレル工場での検品作業は、細かく段階に分かれています。
  
はじめにカテゴリーごとに仕分けを行い、その後の作業を行いやすくしておきます。
  
仕分けには納品されたものを仕分けるだけではなく、返品された商品などの仕分けもあります。
  
続いて検品を行い、商品に問題がないかをチェックします。
  
その後は倉庫や物流センターなどで商品を探し出してひとまとめにするピッキング作業を行います。
  
ピッキングで取り出された商品をタグ付けしたのち、最後は商品を包装する梱包作業を行います。
  
検品作業と聞くと一見体をあまり使わない仕事のように感じるかもしれませんが、広い倉庫内を走り回ることもある、体力を必要とする作業が多くあります。
  
また、正確性も求められる細かな作業も含まれています。
  

気になるアパレル工場での検品作業!その仕事内容とは

アパレル関連の商品検品では、縫製の段階で混入する恐れのある待ち針やミシン針などを見つけて取り除くという重要な仕事があります。
  
検品を適当にしてしまうとお客様を怪我させてしまう危険性があるので、この段階でしっかりとチェックしておかなければなりません。
  
また、アパレル商品特有の不良品としてほつれや毛羽立ちがありますが、これらも検品の段階で発見し取り除いていきます。
  
その他にも、摩擦で起こる傷や汚れ、ボタンやジッパーの不具合などもあわせて点検します。
  
検品ができていないとお客様や卸先のお店からクレームが増え、工場の信用が落ちてしまうことでしょう。
  
検品は工場の信頼性を維持していくためにも、大変責任感のある重大な仕事といえます。
  

検品作業の後半は体力と細かな気配りの両方必要

一連の検品作業の中で特に体力を使うのがピッキングです。
  
ピッキングは伝票や注文書を片手に広い倉庫内を走り回り、商品を集めていきます。
  
慣れてくればおつかいのようで楽しい作業ですが、どこにどの商品があるのか把握するまでは迷って何度も行ったり来たりすることも多いため、余計な時間と体力を消費する可能性があります。
  
ピッキング作業の後は逆に神経を使う細かな手作業となります。
  
タグ付けは数をこなす必要がある作業であり、商品とタグに間違いがないよう配慮しつつも、流れ作業のようにスピードが重視されます。
  
梱包はピッキングされた商品が注文書とあっているかを確認し箱に詰めていく作業ですが、ラッピングが必要な商品に対しては美しく見栄えのする梱包を行う必要があります。
  

アパレル工場での検品作業に向いている人とは

アパレル関連の検品作業は、軽作業に分類されるものがほとんどです。
  
すでに述べたように、アパレル関連の工場の検品には体力と細かな手作業という一見相反する2つの側面がありますが、体力を消費する仕事といっても女性でも問題なく行えるのが一般的です。
  
同じように、体力にあまり自信がない若い人やシニア世代でも、作業に携わることは十分可能です。
  
アパレル工場の検品作業に向いているのは、手際が良く効率的に働ける人や、ミスを極力減らし正確に仕事ができる人、責任感を持って作業を行える人です。
  
また、工場で検品やピッキングをしながらアパレル業界の動向やトレンドなどもチェックできるので、ファッションに関心がある人にとってもぴったりの仕事といえるでしょう。
  
アパレルの仕事といってもさまざまな職種があります。
  
接客業は苦手だけれどアパレル業界に関わった仕事をしたいという人は、工場での軽作業である検品やピッキングで活躍してみてはいかがでしょうか。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
アパレル業界を裏方で支える!工場での検品やピッキング作業ってどんな仕事?
  
未経験でもできる!?ピッキング作業の志望動機の考え方
  
教えて!工場でのピッキングのお仕事って?勤務経験者に聞いた!
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
仕分け・ピッキング・梱包の工場求人をチェック