工場の稼働率が低迷している場合、どのように改善していけばいいか悩んでしまうという方もいるのではないでしょうか。当然、工場によって忙しさは変わってきます。しかし、決して「稼働率が良いから儲かっている」というわけではありません。また、同音異義語で“可動率”という言葉もあり、ややこしいというのが現状です。今回は、そんな工場の稼働率について、基本的なことと、可動率との違いについてご紹介します。

稼働率ってどんな意味?

稼働率とは、簡単に言ってしまえば「忙しさ」です。これは、工場で作られる製品がどの程度効率的に作られているのかを見る目安で、数値が大きくなればなるほど効率よく運用されているという評価になります。現在、多くの工場では機械が導入されており、機械で作業が行われています。工場の機械が壊れてしまうと、どうしても稼働率は低下してしまい、余計なコストがかかってしまいます。では、余計なコストをかけないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

  
答えは、定期的なメンテナンスを行うことです。生産ラインが止まってしまえば、その分、仕事をすることができず、会社は生産もしていないのに社員に給料を支払わなければなりません。定期的にメンテナンスを行うことで、一定の稼働率を確保することができます。また、複数のラインがある場合は個々の製造ラインの生産量を調節することで、効率の低下を防ぐことが可能です。

可動率との違いは?

可動率とは、機械が動くはずだった時間の目安のことを指します。正常に動いていない生産ラインで作った製品は、壊れていたり、一部に欠陥があったりします。

  
そうなれば、製品として出荷することはできません。可動率は、「正常運転時間÷総運転時間×100%」で求められます。例えば、Aという機械が100時間動いており、そのうち95時間正常に動いていたとします。この場合の可動率は、95%になります。上司に「機械の可動率を調べてこい」などと言われた際には、こちらの可動率が正しいです。誤って稼働率を計算しないようにしましょう。

稼働率を改善するには

稼働率が低下してしまっている場合、改善方法は2つあります。1つ目は、「営業を行うこと」です。工場で生産可能な能力に対し、受注数が少ない場合、自然と稼働率は低下してしまいます。そのため、営業活動を行い、受注数を増やす必要があります。しかし、稼働率が100%を超えてしまえば、残業や休日出勤をしなければならなくなってしまうため、うまく調節する必要があります。2つ目は、「計画の見直し」です。

  
従業員の仕事がなく暇を持て余している場合は、シフトの変更など計画の見直しを行うと良いでしょう。稼働率が低下しているときでも暇を持て余している従業員に給与を支払わなければならず、余計なコストがかかってしまいます。それを防ぐために、計画を見直して稼働率の改善につなげるようにすると良いでしょう。

やってはいけないこと

稼働率が低下しているからと言って、無理に製造ラインのピッチを引き上げて仕事をする必要はありません。なぜなら、売れていないのに生産をしても無駄だからです。企業は、在庫を抱えるだけでもコストを要します。ある自動車メーカーが行っている「ジャストインタイム」では、必要なときに必要な分だけ製造を行っています。
  

そのため、余計な在庫を持っていません。注文も無いのに稼働率を上げれば、その分余計なコストがかかり、さらに企業財政を悪化させてしまう恐れがあります。また、複数工場があって稼働率が低下している場合も同じです。その場合は、一部の工場を休みにして、1箇所に資源を集中させることで、効率化を図れます。このように、工場の稼働率は無理に引き上げてはいけません。稼働率が良い状態を保ちたいのであれば、定期的にメンテナンスを行い、従業員の仕事の効率化を狙うと自然と稼働率も上がっていくことが期待できます。

  
二交代制で働く工場のお仕事とライフスタイルとは?
  
コツコツ頑張れば高収入も期待できる工場の求人とお仕事の特徴
  

ジョブコンプラスでは工場・製造業の求人が多数掲載!
検索機能が充実しているため、仕事内容はもちろん、勤務地や給与、勤務時間など様々な方法から希望を絞ることができます。

また、会員限定の「適性診断」が受ければ、自分の性格や能力・仕事に活かせる強みが分かるので、より安心して仕事探しができます。

さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスをお気軽にご利用ください!



{{-- --}}

求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

☆関連するタグ

コツ

運営者

ジョブマガジン編集部
  • ジョブマガジン編集部
  • ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
    工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断