期間工は短期間にお金を稼ぐ方法としては有効です。なぜなら、期間工は比較的体力のいる仕事ですが、そのぶん給与が一般的な事務員などと比べると高いケースが多いからです。
  
しかし、期間工のことをよく知らない人のなかには漠然とした不安を抱えている人もいるでしょう。
  
正社員との違いについて知りたい人も多いのではないでしょうか。
  
そこで、この記事では、期間工と正社員の雇用形態や年収の計算方法の違いなどについて紹介します。
  

期間工と正社員では雇用形態はどのように違うの?

期間工と正社員の雇用形態の違いとしては、有期契約と無期契約が挙げられます。
  
一般的に正社員として入社すると雇用主は従業員を解雇するためには、それなりの理由が必要です。
  
理由もなく解雇すると不当解雇とみなされて会社にはペナルティが課されるので、長期的な視点に立って採用計画を考えなければいけません。
  
しかし、期間工のような有期契約の雇用形態では、あらかじめ勤務する期間が定められているため、会社側は必要なときに必要な人員を確保すればよいのです。
  
労働者側にとってもあらかじめ契約期間がはっきりとわかっているため、仕事に集中できるというメリットがあります。
  
  
そのため、期間工として働く人は比較的短期間に集中して稼ぐ人が多いのが特徴です。
  
「留学のために学費を貯めたい」「欲しい車がある」など、特定の目的をもってお金を稼ぐのに向いている職業だといえるでしょう。
  
関連記事:「期間工で働いたときにどれくらいの貯金が出来るのか」
  

期間工から正社員になると仕事内容は変わる?

正社員になると福利厚生が良くなったり、ボーナスが支給されたりしますが、期間工として働いているときと比較して仕事内容が特別変わるというわけではありません。
  
なぜなら、正社員になっても基本的には今までと同じものを作るということに変わりないからです。
  
しかし、期間工という立場であったときと比較すると指導する機会も増えるので、複数の作業工程を覚えておかなければいけません。
  
そもそも、ひとつの作業工程しか覚えていない期間工では、いくら面接での態度が良くても正社員になるのは難しいでしょう。
  
関連記事:「工場の求人を探しているなら!知っておきたい正社員の特徴」
  
  
また、正社員として働きだしてからも、より多くの作業工程を習熟させる努力は必要です。
  
作業工程を習熟させるためにサービス残業を行っている人もいて、そのような人ほど昇進したり、ライン作業から管理部門へ異動していたりするケースも多いです。
  
正社員になったからといって、すぐに仕事内容が大きく変化することはあまりありませんが、これまで以上に責任感を持って真摯に仕事へ取り組む必要があります。
  
関連記事:「生産・工程管理の仕事内容と求められる資質・やりがいについて」
  

正社員の年収はどうやって計算する?

正社員の毎月の給与は、基本給に加えて残業代やその他の手当が加算されて支払われます。
  
ただし、残業代は管理職になると管理職手当が支給されるので支払われなくなる点は、期間工と異なるので注意が必要です。
  
その他の手当には、住宅手当や資格手当といったものなどが該当します。
  
働いている会社によってどのような手当てが支給されるかは大きく異なるので、正社員として働くつもりの会社の手当はよく調べたうえで面接に臨みましょう。
  
  
また、正社員の年収を計算するうえで大切なのは、ボーナスが支給されることです。
  
ボーナスの支給額にもよりますが、期間工と比較すると年収が高くなりやすい要因のひとつに挙げられます。
  
たとえば、正社員として毎月の基本給30万円、資格手当1万円で働いている場合を考えてみましょう。
  
基本給と資格手当の合計額は「31万円×12カ月=372万円」です。
  
仮に、残業代の毎月平均額が4万円、ボーナスで年間60万円支給されていた場合の年収は、「372万円+48万円+60万円=480万円」となります。
  
関連記事:「工場勤務の管理職ってどんな仕事?給料はどれくらい?」
  
関連記事:「ボーナスってもらえるの?気になる工場勤務の年収とボーナスの謎」
  

期間工の年収の計算方法は正社員と違う?

期間工の年収の基礎となるのは基本給と残業代、その他手当で、正社員と基本的には同じです。
  
ただし、正社員と比較すると昇進する機会はありませんので、基本給が上がるということはありません。
  
あらかじめ定められた支給額に基づいて基本給や残業代は支給されます。
  
求人によっては満了慰労金や入社祝い金などの特別手当がつくことがある点はメリットです。
  
一般的に満了慰労金は労働期間が長くなればなるほど高くなる傾向にあります。
  
契約期間が3カ月であれば10万円、6カ月であれば15万円といった具合です。
  
  
仮に、12カ月契約で基本給が25万円、毎月の残業手当が5万円だった場合における期間工の年収は「(25万円+5万円)×12カ月=360万円」となります。
  
これに加えて、入社祝い金20万円、満了慰労金20万円が支給された場合の年収は400万円です。
  
期間工と正社員の雇用形態の違いは、無期契約と有期契約という点で異なります。
  
仕事内容はそれほど大きく変わりませんが、正社員になると責任が増すので、常に努力する姿勢は大切になるでしょう。
  
年収については満了祝い金や入社祝い金といった特別手当が支給されるので、期間工もそれほど悪くありません。
  
特別手当は求人によって支給される額が異なるので、有利な条件の工場を探して面接を受けましょう。
  
関連記事:「入社祝い金って何?いつもらえるの?気になる疑問を徹底解説!」
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
各業界の工場での仕事に興味あり!勤務形態や業界の年収は?
  
期間工の満了金のシステムはどうなっているのか?
  
期間工から正社員になりたい!そのコツとはどんなもの?
  

ジョブコンプラスは製造業専門求人サイトだから、期間工・期間従業員の求人も多数掲載!
誰もが知っている世界的大手メーカーや有名な製品の製造のお仕事も。

給料は月収例30万円以上や、入社祝い金10万円などメリットがいっぱい!
短期間でしっかり稼ぎたい!いずれは大手メーカーの正社員として働きたい!
そんな方にオススメの期間工・期間従業員の求人特集を今すぐチェックしよう!