生産・工程管理の仕事は現場での作業がスムーズに進むように準備を整える役割を果たしています。生産計画に基づいて製造の手順や日程を調整したり原料や部品を調達したりするほか、進捗状況や在庫の管理など幅広い業務があります。ここでは、生産・工程管理の仕事内容や求められる資質、仕事のやりがいについてご紹介します。

☆食品製造工場での生産・工程管理について

食品を製造する工場での生産・工程管理は、主に生産・製造・設備面から業務を行います。現場では生産計画に基づいて製造に必要となる原材料を発注し、生産がスムーズに進むようスケジュールを組み立てます。
 
生産量に応じてどのくらいの人員が必要になるか計算することもあります。また、製造工程の管理では働く人が勤務しやすい体制を整えます。具体的にはシフトの管理や人数の調整を行うほか、スタッフの研修や製造現場での不具合の解消などに取り組みます。
 
さらに、設備の管理では機械の定期点検や修理を行うほか、新たな設備の導入を検討することもあります。工場全体の業務を把握してスタッフが働きやすい環境を整える必要がありますので、積極的に学ぶ姿勢やリーダーシップが求められるといえるでしょう。採用側も長く勤務できる人材を求める傾向がありますので、じっくり仕事に取り組むことができ、現場の中心的役割を担っていると感じられる仕事といえます。

☆部品製造工場での生産・工程管理について

生産・工程管理の仕事はものづくりの現場でも重要な役割を担っています。
 
部品製造工場では生産工程管理や品質管理などの職種で募集が行われます。生産工程管理では、生産を行う現場でスタッフの勤務管理を行うとともに使用する設備のメンテナンスを行います。
 
また、必要な資材を調達したりスケジュール管理のために営業部門と調整を行ったりするほか、製造がスムーズに進むよう生産ラインの改善に取り組むこともあります。品質管理の仕事では製造した部品の品質を保つことができるよう現状の把握を行い、必要に応じて製品の分析を行います。
 
さらにクレームに対応して改善策を示すこともあります。製造現場全体を見渡して業務を行いますので、生産現場での経験がある人や問題解決・調整能力が高い人が求められる傾向があります。業務全体を把握した上で現場に働きかけることができるため、具体的な成果を実感しやすい仕事といえるでしょう。

☆物流センターでの生産・工程管理について

最近は個人による商品の取引が活発化してきており、物流センターでの生産・工程管理の仕事も増えてきています。物流センターでは商品の入荷から出荷までの工程を担当します。入荷した商品については注文通りの数量・商品であるかどうか検品作業を行うとともに伝票の確認やパソコンの入力作業を行います。
 
また、配送を担当するドライバーとの連絡・調整やお客様からの問い合わせに対応します。輸送関係者やお客様など幅広い層に対応しますので、柔軟なコミュニケーション力が求められます。
 
また、伝票記入や電話問い合わせなどでパソコンの入力作業がありますので、基本的なパソコンスキルが必要です。社内の潤滑油的な存在として機能する実感が得られますので、やりがいを感じやすい仕事といえるでしょう。

☆生産・工程管理に必要な資質ややりがいについて

生産・工程管理の仕事では、工場や物流拠点などの仕事全体の流れを把握した上で業務のスケジュールを組み立てていくことが必要になります。
 
生産現場で必要となる資材や原料を期日までに調達するほか、現場で働く人の管理が必要となります。スケジュール管理のために部署間の調整を行ったり、働きやすい環境を整えるために設備の点検を行ったりするほか、クレームに対して根気強い対応が求められることもあります。
 
そのため、生産・工程管理では多様な人と積極的にコミュニケーションが図れるとともに、問題解決を目指して地道な努力ができる人が向いていると考えられます。現場の縁の下の力持ち的な存在であり、業務の根幹を支えるという点で大きなやりがいが感じられる仕事といえるのではないでしょうか。

生産・工程管理の工場求人はこちら
  
全国の工場・製造業求人を探す
  

ジョブコンプラスでは工場・製造業の求人が多数掲載!
検索機能が充実しているため、仕事内容はもちろん、勤務地や給与、勤務時間など様々な方法から希望を絞ることができます。

また、会員限定の「適性診断」が受ければ、自分の性格や能力・仕事に活かせる強みが分かるので、より安心して仕事探しができます。

さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスをお気軽にご利用ください!