寮の生活を始めるにあたって、心配なのが宅配物・郵便物の受け取り方です。管理人のいる集合寮と、アパート・マンション形式のワンルーム寮とで受け取り方法が異なっているため、それぞれのポイントを押さえておきましょう。また、プライバシーを確保するために活用したい「郵便局留め」システムについてもご紹介します。

☆集合寮の場合は管理人にお任せ

集合寮とは、大きな建物に共用スペースと個室とが用意されている寮です。大浴場や洗面所、トイレ、洗濯・乾燥スペース、食堂などが共用スペースであり、個人の居室は比較的小さめで、寝具やテレビなどが備え付けられています。このような集合寮の場合、宅配物や郵便物は寮の管理人がまとめて受け取り、それぞれの部屋に配るという方法が一般的です。  基本的に管理人は毎日常駐しているため、宅配物・郵便物を受け取ればその日には配ってもらえることがほとんどです。また、寮によっては個人用の郵便受けが用意されているケースもあり、この場合は管理人を経由せず直接受け取りが可能です。

☆ワンルーム寮の場合は個別に受け取り

ワンルーム寮とは、アパートやマンションを寮として利用しているものです。一般的なアパート、マンションとほぼ変わらない建物であるため、宅配物・郵便物も個々人で受け取ることになります。郵便物の配達にあたっては、エントランスフロアに集合郵便受けが設置されている場合と、個別の玄関先の郵便受けまで配達される場合とがあります。宅配物ならば印鑑が必要なため、すべて自室の玄関先で受け取ることになります。  ただし建物によっては、エントランスフロアに宅配ボックスが設置されていることも。宅配ボックスがあれば、自身が不在の時でも宅配物を受け取ることが可能です。

  
ワンルーム寮と集合寮の違いを知ろう
  

☆気になる宛先の書き方

会社の寮では、宅配物・郵便物の宛先の書き方に迷うこともあるのではないでしょうか。寮の宛先は、普通の住宅と同じように「住所・建物名・号室・氏名」を記載すれば届くため、会社名などは無理に書く必要がありません。特にワンルーム寮は、外見も配達の仕組みも一般的なアパートやマンションと大差ないため、普通の1人暮らしをするのと同じように宛先を表記すれば問題ないといえます。
  
集合寮であっても、「◯◯県◯◯市◯◯町✕-✕-✕◯◯寮◯◯号室◯◯様」などの宛先で届きます。管理人が一旦まとめて受け取りますが、管理人気付にする必要もありません。ただし、入社したばかりで自分の居室が決まっていない場合などは、管理人と相談し、号室を書かずに氏名だけ書き、自分が取りに行くまで預かっていてもらうなどの方法があります。

☆集合寮だけど宅配物・郵便物を見られたくない時は

集合寮だと届いた荷物や手紙を一旦管理人が受け取るため、管理人や他の従業員に見られる可能性があります。中身までは開封しないと思われますが、宅配物の伝票にある内容物表記などは見られてしまうことが多いため、もし知られたくない届け物があれば、別の方法で受け取ることがおすすめです。
  
 最もよく利用されている方法は、最寄りの郵便局留めにし、自身で郵便局まで取りに行くというものです。宛先に、寮の住所や氏名を記載する必要はありますが、先頭に大きく「◯◯郵便局留め」と明記しておけば、その郵便局に留め置かれたままになります。特別な利用手続きや手数料は必要なく、全国にある郵便局のほとんどで利用することができる点がメリットです。  覚えておきたいポイントとしては、受け取りの際に本人確認ができる免許証などを持参すること、留置期間は郵便局に到着した日から10日間だという点です。このように、寮のタイプによって宅配物・郵便物の届き方が異なることを知った上で、郵便局留めなど便利なサービスを活用していきましょう。

  
寮での盗難が心配な時の盗難防止対策とは?
  
寮のセキュリティはしっかりしている?
  

  
寮あり・住み込みの工場求人はこちら