工場で働きたい、そう思っている人の中には「精神的にも肉体的にも辛そう」「会話がなくて雰囲気が悪そう」というイメージがあって、働き始めるのを躊躇している方もいるのではないでしょうか。働き始めてから自分に合わないことが分かると、大変辛い思いをすることになるかもしれません。自分に合うのかどうか判断するために、あらかじめ評判は確かめておきたいものです。
  
そこで、工場勤務経験者100人に工場で働いた感想を聞いてみました。

「単純作業が好き」or「退屈でつまらない」

最も多い回答は仕事に関するものでしたが、その内容は「単調な作業が楽」と「退屈でつまらない」に分かれました
  
・工場勤務は慣れるまでが大変ですが、慣れれば基本的に同じ作業なので難しくはないです。(30代/女性/パート・アルバイト)
  
・工場勤務は黙々と作業が出来るので細かい仕事が好きな私は楽しく仕事が出来ました。(40代/女性/専業主婦(主夫))
  
・私は、工場の製品の品質管理を担当しています。毎日同じ仕事の繰り返しで退屈に思う時があります。(30代/男性/正社員)
  
・単調な流れ作業が続くだけなので、楽ではありますが、楽しくはありません。(20代/男性/学生)
  
・プリンタ部材を組み立てる作業をしていました。単純作業でしたが、人との接点がなく、ストレスがない仕事でした。(40代/男性/個人事業主)
  
・検品やレーンの単独作業の場合は、他の人と会話する機会がなく孤独。(30代/女性/専業主婦(主夫))
  
・工場勤務は地道に正確さを求められるが、人間関係も良く、楽しく働くことが出来た。(30代/女性/正社員)
  
単調な作業が多いから慣れてしまえば楽という意見が多いので、複雑な作業が苦手という人には向いているのでしょう。ただし、それを楽しんで続けられるかどうかは資質によるところが大きいようです。
  
会話が少ないということに関しても、人間関係にストレスを感じる人には良い環境に、孤独にストレスを感じる人には悪い環境に感じられるなど個人差がありましたが、それはあくまで仕事中の話です。ですから、職場自体は人間関係が良好だったと感じる人もいて、工場勤務だからといって雰囲気が悪いというわけでないことが伺えます。

地道な作業が好き、ひとりで仕事がしたいという人に向いている

工場の仕事は地道な作業がほとんどなので、それを楽しめる人には向いているようです。また、仕事中にコミュニケーションを取ることが少なく、ひとりで集中したいという方はストレスなく作業に取り組めるということも分かります。
  
工場勤務にマイナスのイメージを持っている方もいるかもしれませんが、単調な作業も会話が少ないことも人によってはメリットになり得る要素だということを知れば、工場勤務の良さが理解できるのではないでしょうか。
  
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20代 – 40代
■調査期間:2017年05月09日~2017年05月23日
■有効回答数:100サンプル

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
軽作業のお仕事というと具体的になにをするの?
  
ライン作業をうまく続けていくためのコツ
  
仕分け・ピッキング・梱包の仕事の募集がある業種とは?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
軽作業の工場求人をチェック
  
仕分け・ピッキング・梱包の工場求人をチェック