工場勤務では、耳栓を持っておくとなにかと便利です。工場によっては耳栓の着用が義務付けられているところもあり、そのような工場では耳栓を支給してもらえますが、耳栓の着用が義務付けられていない工場では基本的に耳栓が配られることはありません。しかし、自分で通販などを利用して購入しておくと、さまざまな良い効果が得られることがあります。
  
ここでは、工場勤務で耳栓を持っておくと便利な理由について解説をすると同時に、注意点についてもご紹介します。

耳栓はストレス対策で効果を発揮する!?

工場によっては、金属を切断する音や、機械の稼動音など、常に騒音がしているという現場もあります。人がストレスを受けずにいられる音の大きさは、40~50デシベルと言われています。これは静かなオフィスと同レベルです。家庭用洗濯機の音が70デシベル程度ですが、工場では90デシベル以上の音が常にするような現場もあります。
  
大きな音を長時間聞き続けていると、心理的なストレスになるだけでなく、場合によっては食欲がなくなったり、血圧が上がったりするなど、身体にも悪影響が出てしまうことがあります。
  
工場にもよりますが、機械の稼動音程度ならば耳栓の着用は義務付けられていない工場が多いです。しかし、自分で耳栓を用意して着用をすることで、ストレス対策になります。

工場によっては耳栓の着用が義務になっている?

工場勤務では、耳栓が支給されて着用を義務付けているような工場もあります。工場全体で耳栓の着用が義務付けられているということはあまりなく、特に騒音がある部署に配属された場合に、耳栓の着用が義務付けられるようです。
  
例えば、金属を切断するような仕事をしている人は、原則として耳栓をつけています。特に騒音がある現場で、騒音障害になる可能性があるのに、会社がなんの対処もしなかった場合には、労働安全衛生違反で損害賠償などを請求されてしまうこともあります。そのため、そのような現場では耳栓の着用を義務付けているのです。
  
耳栓の着用をしないと、ただちに解雇されるということはあまりありませんが、再三の注意を無視して耳栓を付けずに作業をしていると、解雇や契約更新なしなどの措置がとられる可能性が高くなります。自分の健康のためにも、ルールを守って作業をしましょう。

耳栓をつけての作業には危険もある?

工場勤務では、どのようなケースでも耳栓をつけていいというわけでもありません。工場内では自動のロボットが走っているような現場もあります。耳栓を付けて仕事をしていると、工場内を走っているロボットなどの接近に気づかずに、事故が起きてしまうということもあります。このように、工場内では危険もあるので、目と耳によってしっかりと周囲を確認して行動をしなければなりません。また、ライン作業では口頭で伝達をしながら作業をしていることもあります。前の工程の人からなにかを伝えられたのに、耳栓をしていたために聞き取れず、ミスを出してしまうということもあります。
  
耳栓をつけて作業することはおすすめできますが、危険がないことや、仕事に支障が出ないということが前提になります。あらかじめリーダーなどに事情を説明して、耳栓を着用しながら作業をしても問題がないかどうかを聞いておきましょう。

おすすめの耳栓の種類は?

ひとくちに耳栓と言っても、さまざまなタイプのものがあります。中にはヘッドホンタイプのおしゃれなものもありますが、音楽を聴きながら仕事をしていると誤解されてしまう可能性もあるので、そういったタイプのものは避けたほうが無難です。基本的には、プラグタイムのシンプルな耳栓を選んでおくのがおすすめです。ハンドタイプの耳栓はひもがついているので、機械などに巻き込まれる恐れがあるため避けましょう。
  
また、つけ心地、素材のやわらかさ、遮音性なども重要になります。耳栓の遮音性能の規格は、NRRという単位で表されます。市販の耳栓の商品説明を見ていると、「NRR28〜NRR33」などと書かれていますが、工場の騒音が90デシベルの場合に、NRR33の耳栓を着用すると、57デシベルにまで音の大きさが抑えられます。普通の会話は60デシベル程度ですので、ささやき声程度になるでしょう。
  
どの周波数帯に強みを持つ耳栓なのかということも重要です。工場の騒音は高音域なので、高周波のノイズをカットすることに強い耳栓がおすすめです。
  
金属は面白い!様々な製品と業種
  
マシニングセンタって何?機械加工の資格について一挙公開!
  
鉄・金属の工場求人はこちら