スバルグループには多くの自動車関連企業が存在しています。細かな金属パーツやエンジンなどさまざまな分野に特化した企業が複数あります。
  
スバル車の製造は、グループ企業の協力を要として展開されているといえるでしょう。
  
スバルグループの各企業は、自動車製造の分野においてなくてはならない存在ともいえます。
  
具体的にスバルグループには、どういった企業があるのでしょうか。
  
ここでは、スバル株式会社のグループ企業について紹介します。
  

日本の自動車産業を支えるスバルグループの特徴

スバル株式会社は日本を代表する自動車メーカーの1つです。
  
スバルグループでは、あらゆる環境に適応できる高い性能をもった自動車の製造を目指しています。
  
また、それと同時に、全ての人が快適さを手に入れられるような車作りが追及されています。
  
安全性能と走行性能の両面でより優れた車の製造を作るという目標により、さまざまな技術開発に取り組んでいるのがスバルグループの特徴です。
  
こういった考え方に基づいて開発されたのが「シンメトリカルAWD」です。
  
シンメトリカルAWDは、前輪駆動で低重心を特徴としています。
  
コンパクトな水平対向エンジンの採用により、より快適な走行を実現できました。
  
スバルグループの自動車関連事業を担う企業は複数あり、各社の連携によってスムーズに自動車が製造されています。
  
いずれも高い技術力をもつ企業ばかりです。
  
それぞれが専門分野に特化した部品作りに力を入れてきました。
  
各社はスバル車の製造に携わる中で培った技術力をさらに活かし、今後の躍進を目指しています。
  

スバルグループの自動車製造を支える企業

スバルグループには、自動車製造を支える複数の企業があります。
  
各企業はスバル車を支える重要な役割を担う存在です。
  
各分野に特化して作られる部品は性能が高いだけでなく、安全面にも配慮されています。
  
スバルグループの自動車関連事業においては、高い技術力を活かして活躍する企業がそろっています。
  
・富士機械株式会社
〒371-0035群馬県前橋市岩神町二丁目24番3号
富士機械は、スバル車の部品を製造しています。
  
具体的には、小型系自動車用トランスミッションやオイルポンプなど、自動車に必要不可欠といえる複数の種類の部品を作っています。
  
富士機械は、かつて新時代を築く車として注目された「スバル360」の製造から長きにわたってスバル車の歴史を支えてきました。
  
自動車部品専門メーカーとして培った技術を応用し、産業機械や建設機械用のトランスミッションの開発にも力を入れています。
  
  
・株式会社イチタン
〒373-0037 群馬県太田市新道町74番地
イチタンは、自動車や産業機械用の鍛造製品を作っています。
  
イチタンは金属加工をおこなう鍛造において高い技術力を誇っており、スバル車の製造に欠かせない部品を扱う企業です。
  
サスペンションやトランスミッションなど、複雑で細かい部品を製造しています。
  
高品質と低コストを徹底的に追及することで、多くの自動車の部品として採用されています。
  
イチタンは、スバル車の性能や安全性を支える陰の立役者ともいえるでしょう。
  
  
・桐生工業株式会社
〒376-0011群馬県桐生市相生町2-704
霧生工業は、スバル車のエンジンやトランスミッションなどの組立・再生事業を担う企業です。
  
また、板金補修用部品の製造や防錆塗膜施工もおこなっています。
  
ほかにも、6軸ドライビングシミュレーターの製造にも力を入れています。
  
ゲームとは全く違ったリアルなドライビングを体験でき、ドライブに対する安全意識を高められる製品です。
  
さらに桐生工業は、教習車や福祉車両などをはじめとするスバルの特装車の製造もしています。
  
それぞれの用途に合わせ、スバル車をより快適にする工夫を導入しています。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
スバル工場の特徴や場所は!?工場見学はできる?
  
航空機から自動車へ!スバル自動車の歴史を紹介します
  
スバルの自動車国内生産は4拠点!生産工場の特徴もご紹介
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
メーカーの工場求人をチェック
  
期間工のお仕事探しなら期間工求人特集をチェック