製造業・メーカーの求人(正社員・派遣)のお仕事

正社員の求人多数!こだわり条件で探せる!工場・製造業専門求人サイト 会員登録者数日本最大級 ジョブコンプラス 正社員の求人多数!こだわり条件で探せる!工場・製造業専門求人サイト 会員登録者数日本最大級 ジョブコンプラス

05月26日更新

求人件数 15590

希望条件から探す

メーカー・企業 求人特集

メリットから求人を探す

おすすめのメーカー求人情報

新着のメーカー・企業求人(05月26日更新)

新着の工場求人一覧

期間工求人特集

未経験から憧れの
大手メーカー直接雇用!
稼げる&メリット
いっぱい!

詳細を見る

まずは会員登録!

  • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
  • あなたを採用したい企業からスカウトが届く!
  • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

会員登録(無料)

会員登録のメリット

LINEアカウントお仕事さがし!!

制作スタッフのリアルな日常も同時配信中!推しメンを見つけて楽しもう!

LINE公式アカウント

求職お役立ちコンテンツ

ジョブコンプラスがお届けする完全求人ガイド ジョブマガジン

工場のお仕事やブルーカラーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を、ジョブマガジンがもれなく届けます!

詳しくはこちら

ジョブコンプラス専門サイト

じょぶコン吉

求人掲載をお考えの企業様へ

  • 製造業の経験者を採用できる!
  • 20~30代の若年層の採用に強い!
  • 企業の魅力を引き出すオリジナル画像を制作!

詳細を見る

ジョブコンプラスメーカー専門ページについて

ジョブコンプラスのメーカー専門ページとは

ジョブコンプラスのメーカー求人案件専門の特集ページです!キープボタンやWEB履歴書機能、まとめて応募など機能が充実しているので応募がカンタンです!メリットボタンを使えば、人気の条件でお仕事を絞り込むことができるのでぜひご活用ください。
メーカー専門ページでは、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱など、日本が誇る自動車製造の大手優良メーカーの正社員、期間工(期間社員、期間従業員)のお仕事や寮付き・寮完備のお仕事などおすすめ求人ご紹介しています。

工場で働くメリットとは

工場で働くメリットはたくさんあります。
まずは未経験でも働きやすいお仕事が多いです。工場のお仕事はライン作業など決まった工程の作業を進めます。マニュアルや研修が整っているため、未経験の方でも安心してお仕事を始めることができます。また、工場求人は寮付きのお仕事に就くことができることも特徴です。食事付き、水光熱費無料、備品完備な、赴任旅費支給など生活費をかけずに済むことで貯金がしやすいというメリットがあります。短期間ですぐにお金を稼ぎたい、といった方には特に向いています。

製造業のメーカーで正社員として働くことは、派遣社員として働くよりもより大きなやりがいを感じることができます。工場の正社員のお仕事は、通常のライン、物流、加工などを行う仕事のほかに、派遣社員やアルバイトで働く方を束ねる、生産・工程管理、品質管理のようなお仕事も出てきます。製品の安定したクオリティを保つために、データを調査・分析し、改善を繰り返します。メーカーの顔である製品を消費者に届けるために、工場の生産における頭脳的な役割を担うのです。
このように、専門知識を持った技術職が生産体制を構築したり、開発部門と連携したりすることによって工場は安定した生産を続けることができるのです。流れ作業を行う技能職も重要な役割ではありますが、自らの専門知識を持ってより多くの役割を担う技能職は、責任がある分、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

また、正社員雇用には派遣社員と違い、メーカーからの直接雇用社員となります。企業からしたら派遣社員は自社の社員ではないので、教育コストをかけることはできません。工場で専門の知識をや熟練した技術を持って将来活躍してもらうためにも、正社員に対してより充実した教育の機会が与えられるのです。自らのキャリアアップを実現したい方は、正社員として働くことが確かな一歩になります。

工場でのお仕事は、正社員として働くほかに、期間工(期間社員・期間従業員)として働く方法もあります。期間工は働く期間が定められた契約社員を指します。派遣社員とは異なり、企業からの直接雇用となることが特徴です。仕事の内容としては工場での自動車や電子部品の製造ラインでの作業が多いです。退職金やボーナスが正社員と同様にもらえるわけではありませんが、期間工には契約満了慰労金や満了報奨金といった支給があります。責任を持って仕事を続けていれば定期的にボーナスのような収入が発生するので、安定した給料を得やすいでしょう。

そんな工場のお仕事の中でも、大手メーカーのお仕事となれば、より充実したボーナスや福利厚生にも期待できます。仮に残業が発生したとしても大手メーカーであれば残業代がしっかりとついてくるので中小企業でありがちなサービス残業になってしまう心配もありません。メーカーは単調な作業でもコツコツと責任感を持って作業ができる人材を求めているので、学歴や職歴関係なく採用がされやすいという点もメリットです。時期によっては大量の製品を生産するために大規模な人員募集をすることもあります。チャンスを見逃さないように、ジョブコンプラスに会員登録をして、おすすめ求人をチェックしましょう。

ご希望のお仕事に就くために

ご希望のお仕事に就くためには、その工場の特質に合わせたアピールが重要です。ライン作業なら単調作業でもコツコツとこなすことができる集中力、食品加工なら清潔感がある身なりで面接に臨むなどです。資格を持っている方はそのスキルをアピールしましょう。いずれにしても、真面目に働くことができる方を工場は求めていますので、真面目さや忍耐力があることをアピールしましょう。

ジョブコンプラスからのメッセージ

ジョブコンプラスは、工場・製造業で働く人を応援しています。日本を支えるメーカーで「ものづくり」に関わってみませんか?あなたも知っている製品の製造に工場勤務なら携われるかもしれません。工場でのお仕事を充実させるために、ジョブコンプラスをお気軽にご利用ください!

製造メーカーのお仕事のよくある質問

正社員として工場で勤務するメリットは何ですか?

工場勤務で正社員になる大きなメリットの一つが、雇用の安定です。

製造系のメーカーでは社会情勢の影響を受けやすく、派遣社員は利益率の低下に伴って契約を打ち切られることもあります。企業に直接雇用されている正社員はリストラの対象になるケースは少なく、安心して働けるのが強みです。

福利厚生の充実も正社員ならではの魅力に挙げられます。年に2回のボーナスはもちろん、労災や社会保険など長期で働く上で重要となる補償を受けられるのが魅力です。

正社員の給料はキャリアによって変わりますので、長く続けるほど年収もアップしていきます。将来的なキャリアアップなど、やりがいを持って仕事に取り組めるのも正社員になるメリットの一つです。

直接雇用と派遣社員の違いは何ですか?

製造メーカーで働く場合、直接雇用と派遣社員では所属する会社が違います。

直接雇用だと製造メーカーに所属するのに対して、派遣社員は派遣会社所属となります。そのため、派遣社員は別の会社の人ということで、丁重に扱われることが多いです。

また、給与をはじめとする待遇は働く人が直接メーカーと交渉する必要はなく、派遣会社が交渉してくれます。ただ、派遣社員は契約期間が最長で3年と決まっている上に昇進がありません。あくまでも与えられた仕事を淡々とこなすだけです。

それに対して、直接雇用では正社員の他にアルバイトや期間工など色々な雇用形態がありますが、いずれも昇進できる可能性があります。アルバイトから正社員を経て、管理職になることも不可能ではありません。

製造メーカーの正社員はどのようなお仕事が多いですか?

製造メーカーの正社員に与えられる役割の中でも、特に重要となるのが生産管理になります。

生産管理とは、市場調査や取引先への納品に合わせて製造のスケジュールを決める仕事です。この作業の段階でミスが出ると、在庫過多による赤字など後々大きなトラブルに繋がることもあります。

生産管理と並ぶ正社員の大事な仕事が品質管理です。市場で販売するに当たって、既定の品質をクリアしているか確認する役割を担っています。

製造業は商品を購入した消費者が満足できる物を作らなくてはいけません。些細なミスも見逃さないようにチェックをする必要があります。そのほか、販売ルートを確保する営業や販売、新商品を作るための企画研究なども正社員ならではの業務です。

資格を保有していると求職に有利になりますか?

資格を持っていると、製造メーカーでの就職で有利になることはあります。

代表的なのはフォークリフトの免許溶接の資格などで、できる仕事の幅が広まるため、数多くのメーカーから重宝される可能性が高いです。募集人数が少ないところに大勢が申し込んだ場合、資格があると優先的に選んでもらえるかもしれません。

また、求人の中には特定の資格保有者のみを募集しているものもあるため、資格を保有していると応募できる求人の数も増えます。そして、資格を持っていることでより高度な仕事ができると、当然給与も高くなります。

さらに、メーカーの中には資格に対する特別手当の待遇を用意しているところもあります。このように、資格は取得することには数多くのメリットがあります。

工場の正社員としてのキャリアアップはどのようになりますか?

工場の正社員にはさまざまなキャリアアップの道があります。

例えば、まず考えられるのは現在働いている工場で役職を上げていく方法です。工場にはそれぞれ多少の違いがあるものの、班長・主任・係長・課長・部長・工場長などの管理職が存在します。役職が上がるほどより業務の幅が広がり、収入もアップします。

また、メーカー本社など工場以外の勤務地に転属するキャリアアップも考えられます。管理部門など、工場の業務を統括するような部署は製造部門で得た経験を活かしながら働けるでしょう。

製造物を開発する部門を目指すのも1つの手です。開発に関連するスキルは必要ですが、これまで自分が工場で製造していた物を開発の立場で作り上げるのはまた違うやりがいがあります。

PAGE TOP