日本の製造業において、大きなシェアを占めている製造方法、それがプレス加工です。その技術は世界的にも優れていると称賛されており、多くの海外への輸出製品もプレス加工によって生み出されています。大きな資格も持たずに働けて、工場のノウハウを学ぶこともできるプレス加工は、現在就職先を考えている方にとって魅力的な職場だといえるでしょう。ここでは、そんなプレス加工の仕事内容を紹介しています。そして、プレス加工のお仕事に就くメリットも述べていますので、ぜひとも参考にしてください。

☆プレス加工工場ってどんな仕事?

プレス加工と聞くと、その名前から材料を機械で挟んで、加工する仕事だと想像がつくことでしょう。そのイメージは的外れではないといえます。実際の現場では「金型」と呼ばれる金属の型を使って加工を行ないます。金型に材料を入れて、機械によって上下から圧力を加え、形を変形させます。そのうえで、変化した形を定着させるまでがプレス加工の仕事になります。つまり、材料を設計図どおりに加工し、形を定着させるまでが「プレス加工」と呼ばれている領域なのです。

☆プレス加工工場の仕事の流れ

では、実際に工場ではどのような仕事内容が行なわれているのでしょうか。金型に圧力を加えるには、金属を変形できるほどの強い力が必要とされます。そこで、プレス機械と呼ばれる専門の機械を使って金型に圧力を加える必要があります。この機械の操作が、プレス加工工場で行なわれる主な仕事内容です。プレス機械には機械式プレスと液圧式プレスの2種類があり、機械式プレスとは電動力でモーターを動かして作動する機械です。それに対して液圧式プレスとは水や油の圧力で作動する機械です。機械式プレスはメンテナンスが簡単というメリットがあります。液圧式プレスはメンテナンスの手間こそかかりますが、遠隔で操作しやすいというメリットがあり、作業の安全制が高まります。工場で生産している製品などによって、機械は使い分けられています。

☆プレス加工によって作られる製品

プレス加工によって作られる製品にはどんなものがあるのでしょうか。まず、プレスによって加工できる金属製品が挙げられます。自動車のドアやボンネットといった自動車のパーツは、主にプレス加工によって製造されています。自動車工場にいくと、多くのプレス機械を目にすることができるでしょう。身近なものでプレス加工により作られている代表的な存在が硬貨です。金属を原材料としており、細かい文字や模様が入った硬貨は、まさにプレス加工向きの物質だといえます。

☆プレス加工工場で働くメリットとは

プレス加工工場で働くとどんなメリットややりがいがあるのでしょうか。まず、日本の最先端の技術を学べるというメリットがあります。日本のプレス加工のノウハウは世界的に見てもトップクラスです。これは、プレス加工によってパーツが作られている自動車の生産台数が世界的に上位であることと無関係ではないのです。小さな町工場が海外からの発注を受けた事例もあるほど、日本のプレス加工は注目されています。そうした技術のノウハウを日々の業務から吸収することによって、将来独立を考えている人には有益な体験となることでしょう特に、機械に興味がある人なら、機械の操作が多い仕事内容なので、毎日充実した気持ちで働くことが可能です。また、身近な製品の製造に携わっているというやりがいも得られます。自動車が好きな人はもちろん、硬貨は誰もが使用するものなので、日常生活の中で社会に貢献している意識を持って過ごすことができます。日本人の生活から切っても切り離せないものづくり、それがプレス加工のお仕事なのです。

ジョブコンプラスでは工場・製造業の求人が多数掲載!
検索機能が充実しているため、仕事内容はもちろん、勤務地や給与、勤務時間など様々な方法から希望を絞ることができます。

また、会員限定の「適性診断」が受ければ、自分の性格や能力・仕事に活かせる強みが分かるので、より安心して仕事探しができます。

さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスをお気軽にご利用ください!