多くの工場が社員寮を持っており、ひとり暮らしの社員や遠方からやってきた社員をサポートしてくれています。
ただし、寮生活では人間関係が気になる人もいるでしょう。
  
もともと内気なタイプの人には同僚とうまくやっていけるか不安かもしれません。
  
また、まったく違う世代や性格の人とひとつ屋根の下で暮らすイメージも持ちにくいところです。
  
この記事では、寮生活を楽しく送るために人間関係で気をつけたいポイントをまとめてみました。
  

寮生活ではトラブルが起こりにくい!

他人同士が集まって自由に暮らしているとトラブルが起こるリスクは避けられません。
  
同室の人間がいるような寮ではなおさら、同居人への不安はたまりやすい環境にあります。
  
そこで、寮生活ではトラブルを予防するために「寮則」が設けられています。
  
寮則では門限やお風呂、食堂の利用時間などが細かく設定されています。
  
また、寮の中でお酒やタバコを楽しんでいい場所、異性を連れてきてもいいかどうかなども記載されています。
  
寮則を破ったら罰金や奉仕といったペナルティが課せられますし、最悪の場合、退去しなければいけません。
  
つまり、寮則を守れないほど協調性のない人間は最初から寮にいられない仕組みができています。
  
寮生活では普通に過ごしているかぎり、大きなトラブルには巻き込まれないでしょう。
  

あいさつはしっかり!最低限の礼儀作法は守ろう

寮生活では無理してすべての人と仲良くなる必要はありません。
  
仲がいいにこしたことはないものの、社員寮に入っているのは経験を重ねた大人の集まりです。
  
集団が苦手な人間が入寮したとしても、性格を理解して受け入れてくれるでしょう。
  
ただし、同僚たちを無視するような振る舞いを続けていると人間関係を悪化させかねません。
  
寮だけでなく職場でも一緒になる人々です。
  
できれば、穏便な間柄を保つように努力しましょう。
  
顔を合わせたときは「おはようございます」「お疲れ様です」といったあいさつを自らすすんで行うのが礼儀です。
  
また、寮の先輩や年上の人間を敬い、気をつかう姿勢は見せましょう。
  
最低限のマナーを守っていれば、後は楽に暮らせます。
  

性格や考え方はさまざま!おたがいを尊重しよう

他人と一緒に暮らすうえで大きな障害になるのが「価値観の相違」です。
  
たとえば、食堂では静かに過ごしたいのに、同僚たちがにぎやかに会話をしていたらイライラしてしまうでしょう。
  
また、同僚と話をしていて意見の対立を感じたときも思わず言い返したくなるかもしれません。
  
しかし、意見の違う相手に自分の考えを押し付けてもストレスは解消されるわけではありません。
  
むしろ、関係が悪化してさらなるストレスを呼び込むリスクすらあります。
  
実の家族さえ、いつでも意見が合うわけではありませんし、それが社員寮であればいろいろな人がいるのは当然です。
  
おたがいの違いを認めたうえで、時には空気を読んで「相手に深く関わらない」心がけも大切です。
  

寮生活ではずっと我慢をしなければいけないのか

寮生活で人間関係を穏やかに保とうと思ったら、ある程度の我慢は必要です。
  
多少、相手が間違っていてもぐっとこらえて気にしないようにしましょう。
  
それでも、堪えきれないほどひどいルール違反を平気で繰り返す同僚がいるかもしれません。
  
そんなときは無理をして我慢せず、しっかりクレームをつけるのも有効です。
  
相手が悪いのに自分が堪えていては平和な寮生活は続けられないからです。
  
ただし、感情に任せて相手をなじってしまうと寮全体での立場が悪くなります。
  
無関係の人からも「怖い」「感情的」のレッテルを貼られてしまうと、気まずい思いをするでしょう。
  
「抗議」はしても「ケンカ」はしないのがコツです。
  
相手の悪い部分だけを指摘し、具体的にどうすればいいのかを丁寧にお願いしましょう。
  
それでも相手がルール違反をやめないなら、寮長や上司に相談するなど、穏便な方法は残されています。
  
感情に流されず、周囲を常に意識すると寮生活の人間関係は乗り越えられるでしょう。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
人間関係が気になる!期間工にパワハラは多いのか?
  
工場の仕事で人間関係をよくするには?職場環境の特色や心がけなどを紹介!
  
寮では管理人・同居人への引越し挨拶が必要なのか?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
寮あり・住み込みの工場求人をチェック