面接当日までに準備・確認する事

面接当日になって服装やヘアスタイルであわてないように、前もって準備をしておきます。
服のサイズ・鞄や靴までしっかりチェックしておきましょう。

 

●男性
ヒゲやモミアゲはさっぱりとした好印象になるよう整えると良いでしょう。
指先は汚れやツメの長さに注意しましょう。
靴は汚れやカカトのへりの確認をしましょう。
●女性
派手すぎたり濃すぎたりするメイクは避け、ナチュラルメイクの心掛けをしましょう。
ネイルはメイク同様派手すぎないように注意しましょう。出来ればネイルはしないほうが好ましいでしょう。
靴は派手なヒールは避け、高さは5㎝程度のものにしましょう。

 

他にもいくつか注意点があります。

 

●髪型
男女共、さっぱりとした印象にまとめましょう。明るすぎるカラーリングは控えましょう。

●スーツ
黒や紺・グレーの無地が一般的です。濃色は、顔映えが良くなる効果もあります。
シワや汚れがないかを確認しましょう。

●シャツ・ネクタイ
派手すぎないものをチョイスしましょう。

●靴
汚れがないかの確認、ヒールが高すぎたりつま先があまりにも尖っているなどの個性的なものは控えましょう。

●アクセサリー
派手な腕時計やピアスは控えましょう。

●鞄
大きさはA4サイズの書類が入り、床において自立するタイプがオススメです。

面接会場までの行き方

●公共交通機関の場合
予定の時間だけではなく万が一遅れたりした場合に備えて前後の時間・乗り換え方法なども調べておきます。

●車の場合
会場・企業近くの駐車場に車がとめられるか予め確認しておきます。
近くにコインパーキングなどがあるか調べておくと安心して向かえますよね。
道を調べる際、混みそうな道がないかも確認しておきましょう。

季節によって気をつけたいこと

●春
マスクは表情が見えなくなってしまうので、花粉症、かぜである旨を説明し、了承を得てからつけるようにします。

●夏
企業によってはクールビズでノーネクタイ等の場合も、特に何も言われていない場合は通常通りの準備をして行きます。クールビズでどうぞと言われたら、ノーネクタイでも大丈夫です。汗ばむ季節は面接前に落ち着いて汗をひかせる時間を余分にとっておけるようスケジュールを組みましょう。

●秋・冬
肌寒い季節に手放せないコートや防寒具などの脱ぎ着は会社に入る前、会社から出てから行ないます。コートは裏地側でコンパクトにたたみ、マフラーや手袋もきれいにまとめておきます。たまたま大雪などで交通が混乱する可能性も。そんな時は落ち着いて状況を企業に連絡し、相談すれば大丈夫です。

まとめ

面接当日までは時間に余裕をもったスケジュールを組んで行動しましょう。
また、持ち物チェック表などを作成し、一つ一つ確認しながら進めると良いでしょう。

 
面接について詳しく知りたい方はこちら
全国の工場・製造業求人を探す