ドライバーとして働くなら中型免許は必須!試験内容や難易度、合格率について知っておこう

ドライバーとして働くなら中型免許は必須!試験内容や難易度、合格率について知っておこう

  • 投稿日:2019/08/02
  • 更新日:2019/08/30

目次

    ドライバーとして働くのであれば、中型免許は最低限取得しておきたい資格です。
    中型免許の試験は「学科試験」と「実技試験」に分かれています。中型免許の勉強を始める前に、それぞれの試験内容や合格基準について知っておくとよいでしょう。
      
    この記事では、中型免許の試験内容や合格率、中型免許を取得するメリットについて紹介します。
      

    筆記試験の合格基準は90点!

    結論からいうと、筆記試験の合格基準は90点です。
      
    試験内容は、第1~第2段階までの教習内容となっており、仮免許の筆記試験で出題された範囲も含まれています。
      
    そのため、仮免許の筆記試験で出された問題と類似するものも多く、しっかりと段階を踏んで学習していけばそれほど難しいものではありません。
      
    筆記試験は1問1点の文章問題90問、1問2点の危険予測問題から構成されており、最高点は100点です。
      
    文章問題は仮免許と同様の出題となっているので、同じような感覚で取り組めるという点は安心できるでしょう。
      
    危険予測問題はイラストを見たうえで予測される危険について答える形式となっています。
      
    なお、試験時間は50分、回答方法はマークシート式です。
      
    問題数に比べて試験時間はそれほど長くないので、時間配分をよく考えて回答するように心がけましょう。
      

    実技試験の合格基準は70点!

    実技試験では、助手席に教官を乗せた状態で路上を走り、その後教習所内で方向転換や縦列駐車をするといった流れで行われます。
      
    採点方法は減点方式が採用されており、スタート直後の100点からマイナスの運転操作があれば、どんどん点数が減らされるのが特徴です。
      
    たとえば、「右左折時の不確認」「急ハンドル」といった操作をしてしまうと、10点の減点となります。
      
    合格基準は70点となっており、万が一試験途中で70点になるとその時点ですぐに試験は中止です。
      
    教習所で卒業検定まで進んでいれば、基本的な操作方法については問題ないケースが多いです。
      
    それにもかかわらず、失敗してしまうケースとしては「平常心を失ってしまう」という理由が挙げられます。
      
    試験時間についての制限はありませんので、落ち着いた状態で試験を受けることが大切です。
      
     width=
      

    中型免許の合格率は90%以上!

    中型免許の合格率は90%以上といわれています。
      
    合格率からも分かるとおり、しっかりと準備しておけば、それほど難易度の高いものではありません。
      
    失敗する人の多くは緊張するあまり、普段通りの実力が出せなかったことが原因です。
      
    大切なことは日ごろから試験本番を意識して練習を重ねることでしょう。
      
    常に緊張感を持って練習を重ねていれば、試験本番でも普段と変わらない意識で臨みやすいはずです。
      
    そのためには、特に実技試験の減点項目についての知識を得ておくことをおすすめします。
      
    なぜなら、実技試験での実際の減点項目を普段の練習から意識しておくことで、細かなミスを減らせる可能性が高まるからです。
      
    少ない時間で効率的に練習する方法を常に意識してみましょう。
      

    中型免許取得のメリットはドライバーとしての仕事の幅が広がること

    中型免許を取得すれば、「車両総重量7.5t以上11t未満」「最大積載量4.5t以上6.5t未満」「乗車定員11人以上29人以下」の自動車が運転できるようになります。
      
    具体的には4tトラックを運転できるようになるので、運送業や土木、建築業などの現場で働きやすくなるでしょう。
      
    これまでは運べなかった荷物を運べるようになるので、仕事の幅が広がるはずです。
      
    また、中型自動車第二種免許を取得することで、マイクロバスの運転ができるようになります。
      
    乗客を乗せて走れるようになるので、さらにドライバーとして仕事を選べるようになる点もメリットです。
      

    中型免許の難易度は高くない!まずはチャレンジしてみよう

    中型免許を取得すれば、4tトラックを運転できるようになります。
      
    仕事の幅が一気に広がる可能性があるので、ドライバーとして長く働くつもりであれば取得を積極的に考えてみましょう。
      
    試験について難しそうな印象を持っている人もいるかもしれませんが、実際の合格率は90%以上となっており、難易度はそれほど高くありません。
      
    とりあえずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
      

      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    中型自動車免許を取りたい!その料金・費用の相場を知ろう!
      
    中型自動車免許を限定解除する方法って?
      
    給料や平均年収は?運転手から中型トラックドライバーへの転職は
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    中型自動車免許のドライバー求人をチェック
      
      
      

    合わせて読みたい関連記事

    「職種・免許ガイド」カテゴリの人気記事ランキング

    ドライバーマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスDで求人検索!

    運営者

    ドライバーマガジン編集部
    ドライバーマガジンは、トラック、タクシー、バスなどドライバーのお仕事に携わる方向けの情報メディアです。 ドライバーの職種の違いや免許の取得方法、職種別の年収情報など、お仕事を始めるために必要な情報から、タクシードライバーとして稼ぐコツなど、ドライバーのお仕事をしたいと思ったあなたが必要としている情報を届けます!是非ご覧ください!

    ジョブコンプラスD

    ドライバー・運転手のお仕事いっぱい!

    • 正社員
    • 未経験
      OK
    • 高収入

    ジョブコンプラスD

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP