ジョブコンプラスお仕事ガイド 働くなら知りたい!工場のお仕事をご案内

ドライバー業界情報
中型4トントラックの運転手の特徴とは

中型4トントラックを街で見かける機会は多く、馴染みのある車です。しかし、よく見かける4トントラックの積載量やサイズを知っている人は少ないのではないでしょうか。
道路交通法の改正で中型免許の取得方法も変わりました。
  
そこで今回は中型4トントラックの積載量や免許取得の条件、運転する上で気をつけるポイントを紹介します。

4トントラックの大きさや積載量は

4トントラックと聞くと4トンまで積載できるとイメージする人も多いでしょう。
  
しかし、4トン近くまで積めるトラックというだけで車種によっては必ず4トン積めるわけではありません。
  
4トントラックのサイズは5つあり、標準タイプで車両寸法が全長7.6メートル、全幅2.2メートル、全高2.68メートルです。
  
車両寸法は車種によってサイズがことなりますが、最大積載量は4.5〜6.5トン以内、車両総重量7.5〜11トン以内と決まっています。

4トントラックを運転するために必要な免許とは

4トントラックを運転するには中型免許が必要です。
  
平成19年6月1日までに普通免許を取得している場合「8トン限定中型免許」として、特に中型免許を取得することなく運転が可能です。
  
しかし、平成19年6月2日〜平成29年3月11日までに免許を取得した人は、中型免許の取得が必要になります。
  
平成29年3月12日以降に中型免許を取得する場合、年齢が20歳を超えていること、普通免許等保有通算2年以上が必要です。
  
18歳以上で中型免許は取得できないので、免許を取得したい場合は「準中型免許」と呼ばれる最大積載量が2トン以上4.5トン未満の免許を取得する方法しかありません。
  
中型自動車免許についてはこちら
  
準中型免許についてはこちら
  

  

4トントラックの運転のポイントや注意点とは

4トントラックは普通自動車に比べ、運転席の高さや車幅も違うので、普通自動車に乗り慣れている人は感覚が上手くつかめない人もいるでしょう。
  
4トントラックの運転に慣れるためには3つポイントがあります。
  
1つ目は左折するときの内輪差を意識することです。
  
乗用車を運転しているときは内輪差をあまり気にすることなく曲がれますが、トラックの場合は内輪差を考えて曲がらないとガードレールに接触する可能性があります。
  
ある程度真っ直ぐ進んでからハンドルを切ることでガードレールにぶつかることなくスムーズに左折が可能です。
  
2つ目は右折するときです。
  
左折同様、内輪差を考え運転しないと車や人に接触する可能性があります。
  
右折する場合は左へ膨らましてから右へハンドルを切ることで上手に曲がることができます。
  
3つ目はバックや方向転換です。
  
車体の感覚がわかりにくいことや後方の目視ができないことによって難易度が上がります。
  
バックするときのコツは運転席とタイヤの位置をあらかじめ把握しておくこと、外輪差を意識することがポイントです。
  
バックの運転はある程度慣れが必要になるので、安全な場所で練習しましょう。
  
注意点も2つあります。
  
1つ目はトラックの真下に注意を払うことです。
  
乗用車に比べ運転席の位置が高く、全体を見渡しやすいですが死角となる場所は真下なのです。
  
特に小さい子供や猫など急な飛び出しに気が付かず事故を起こす可能性があります。
  
トラックの真下部分はミラーを設置している車種もあるので、発進時には十分ミラーと目視確認をしてから出発しましょう。
  
2つ目は高速道路でスピードを出し過ぎないことです。
  
特に風が強い日は横風の影響を受けやすく、ハンドルを取られることがあります。
  
高速道路ではスピードの上げすぎに注意しましょう。

4トントラック運転手のメリットとは

4トントラックの運転手のメリットは、地理に詳しくなることや色々な場所に行けることです。
  
トラックドライバーは荷物を正確に時間通り運ぶ仕事なので、走りやすく混み合わない道に詳しくなります。
  
長距離トラックの運転手や地域のトラックドライバーであれば色々な場所へ行くことが可能です。
  
休憩中に外の景色を見て気分転換になったり、新しいお店を発見したりと刺激があります。
  
ほかにも、トラック運転手の仕事は中型免許や大型免許、さらには高度な運転技術が必要とされるので、当分の間は仕事がなくなるということもないでしょう。
  
運送会社によっては大型免許の取得に補助を出すところもあるので、会社補助を利用して資格取得が可能です。

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
勘違いをしていませんか?4t・8t・10tトラックの違いとそれぞれに必要な免許
  
車両の寸法や積載量が違う?ドライバーなら知っておきたいトラックの規格
  
守りたいトラックの積載量…過積載の罰則って厳しいの?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
4tトラックのドライバー求人をチェック

ジョブコンプラスDは、トラックドライバー・タクシードライバーをはじめ、
配送ドライバーやバスドライバーなど、運送・物流業界の求人を多数掲載!
大型トラックを運転して資材・食料品・自動車部品等の配送や、
中型トラックでカゴ台車を配送したり決まった店舗にルート配送する仕事など、
運ぶモノや職種を細かく指定することも可能。

また、小型トラックや軽自動車での配達ドライバーとして個人宅へ宅配する仕事もあります。
さっそく自分に合う仕事を探したい!まずは色々と役立つ情報だけを集めておきたい!
仕事探しをさらに充実させるためにジョブコンプラスDをお気軽にご利用ください!

ドライバー・運転手求人の仕事探しならジョブコンプラスD



{{-- --}}

求職に役立つ情報をLINEでGET!

友だち追加

☆関連するタグ

トラック

会員登録

ジョブコンプラス会員なら情報が常時6000件以上!"待っている"だけで希望の求人情報が届きます!

会員限定メール配信中だコン♪「新着のお仕事」や「オススメのお仕事」をメールでゲット!

今すぐ登録する(無料)

オリジナル適性診断