HINOの「H」を象徴し、地平線から昇る太陽、日の出をイメージしたというマーク。
一度はトラックやバスで目にしたことがあるのではないでしょうか。
  
日野自動車のシンボルマークです。
  
日野自動車グループはトラックやバスをはじめ、その部品や販売に至るまでをグループの関連企業で支えています。
  
そんな日野自動車グループにはどのような企業があるのでしょうか。
  
ここでは、日野自動車グループの特徴や関連企業について紹介します。
  

日野自動車とはどんな会社なのか

日野自動車は、本社のある東京都日野市を拠点に創立されたトラック、バスの商用車メーカーです。
  
「人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界と未来に貢献する」を会社の使命として、長いあいだ、世界の人々から信頼される商用車メーカーを目指してきました。
  
そのシンボルマークはHINOの「H」を象徴しており、未来に向けて挑戦を続ける日野自動車の活気と発展性を表現したものとなっています。
  
日野自動車は「もっと、はたらくトラック・バス」をスローガンに掲げ、多様化するニーズに応えてきました。
  
今後も必要とされる存在であり続けるため、挑戦を続けています。
  
地球環境保全や交通事故の削減を視野に入れた「安全・環境技術を追求した適格商品」の提供、そして、車の稼働率向上や物流の効率化など、さまざまなニーズに対応した「最高にカスタマイズされたトータルサポート」の実現、さらに社会全体をとらえた「新たな領域へのチャレンジ」を目指しています。
  

日野自動車の関連企業の特徴とは

日野自動車グループはトラックやバスに関わる事業をそれぞれの会社の得意分野を活かし、支え合いながらその業績を伸ばしています。
  
  
・福島製鋼株式会社
〒960-8661 福島県福島市笹木野字天竺田8番地1
  
鋳物技術を経営の柱として日野自動車工場のグループ会社として設立。
  
自動車をはじめ、建設機械や鉄道車両などの重要部品となる鋳造製品を提供し続けてきました。
  
また、日本で最初にジルコンサンドを原料とした電融ジルコニアの開発に成功し、商品名「ジルボン」として提供しています。
  
  
・理研製造株式会社
〒371-0846 群馬県前橋市元総社町395-3
  
熱間鍛造の技術によりトラックやバス、建設機械などのエンジンの中心部や駆動部分など、強度を要する重要な場所に使われる製品を提供しています。
  
鍛造とは、熱した鋼を叩いて潰すことによって鋼を強くし形を作っていく技術です。
  
そのほか、海外展開に応えるためのグローバルな生産体制の構築にも力を入れています。
  
  
・株式会社ソーシン
〒358-0045 埼玉県入間市寺竹 1115-1
  
トラック、バス部品の可動製品や複雑な形状をした機能製品の設計から加工まで、あらゆるニーズに応えてきました。
  
創造と進歩を胸に、進化し続ける元気な企業を目指しています。
  
  
・株式会社武部鉄工所
〒243-0041 神奈川県厚木市緑ヶ丘5-18-1
  
トラック、バスのフレームのスペシャリストと名高い武部鉄工所。
  
なぜなら、日本国内を走るトラックのほぼ半数がこの武部鉄工所のフレームを使っているからです。
  
培った技術で生活や産業の物資輸送に貢献することを使命として活動を続けています。
  
  
・株式会社トランテックス
〒924-8580 石川県白山市徳丸町670番地
  
トラックやオリジナルパーツの販売、および事故修理やリニューアルにも対応しています。
  
なお、社名のトランテックスには、「トランスポート(輸送)」、「テクノロジー(技術)」に「スペース(荷室空間)」・「システム(輸送システム)」・「サプライヤー(供給者)」の3つの頭文字Sを加え、「高度な技術力で高品質の車両を提供する」という意味が込められています。
  
  
・明友機工株式会社
〒407-0033 山梨県韮崎市竜岡町下條南割字西原466番地
  
パイプ加工技術を活かし、トラック・バスの足回り部品やサイドミラーステー等の自動車関連部、そのほか、ビニールハウス・ぶどう支柱等の農業器材まで、多種多様な製品を製造販売しています。
  
  
・株式会社日野エンジニアリングアネックス
〒350-1234 埼玉県日高市上鹿山689番地の1
  
小型車から大型トラック、バスのカスタマイズ作業を行います。
  
設計から改造作業、検査までを一貫体制で対応しています。
  
  
・株式会社日野ロジスパック
〒198-0025 東京都青梅市末広町1-5-1
  
日野自動車のトラック・バスの修理に必要な補給部品を製造元から受け包装商品化します。
  
欠品誤品の無いよう毎日の品質確認をするとともに、発注当日の発送を行い、トラックやバスの安全を守ります。
  
  
・株式会社日野ヒューテック
〒191-0003 東京都日野市日野台1-9-5
  
日野グループのトラック・バスを主体とした車両開発受託、設計派遣等のエンジニアリング事業。
  
さらには、施設管理・商品販売・不動産関係業務等のサービス事業と、その事業は多岐に渡ります。
  
  
・日野テクニカルサービス株式会社
〒191-8660 東京都日野市日野台3丁目1番地1(日野自動車株式会社内)
  
日野テクニカルサービスは、日野自動車工業(現日野自動車)海外技術部の1セクションが分社化して設立されました。
  
車の使われ方や整備の実態を理解しているという強みを活かし、日野自動車製品の国内・海外向け取扱説明書、整備解説書、新型車解説書、パーツカタログの制作を主業務としています。
  
さらに、企画・デザイン・編集をはじめ、Web媒体の制作へも業務を拡大し業績を伸ばしています。
  
  
・日野トレーディング株式会社
〒192-0023 東京都八王子市久保山町2-2
  
日野トレーディングは、日野自動車グループ内唯一の商社です。
  
「プラス1私たちの付加価値をお客様に」を社のスローガンとして、自動車関連部品から設備、資材、保険、旅行商品といった幅広いサービスを提供しています。
  
  
・日野ユートラック&エンジニアリング株式会社
〒350-1234 埼玉県日高市上鹿山689-1
  
日野グループにおける中古車事業、中古部品事業の拡大を目指し、中古車および中古部品の国内販売を実施。
  
さらに、エンジン・トランスミッション・実験設備の受託設計を行います。
  
  
・日野コンピューターシステム株式会社
〒191-0003 東京都日野市日野台1-16-12
  
日野自動車のIT部門と協業して、情報システムの開発・保守、運用を継続的に担当しています。
  
日野グループ全般に渡るコンサルティングから情報・通信システムの開発・維持・運用管理に取り組んでいます。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
自動車メーカー特集!日野自動車とは!
  
日野自動車の国内生産拠点まとめ生産工場は全国に4カ所
  
自動車の製造工場での仕事とは?生産工程ごとに内容をご紹介!
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
日野自動車の工場求人をチェック
  
メーカーの工場求人をチェック
  
自動車の工場求人をチェック