工場では、さまざまな役割の人が働いています。その中でも特に重要なのは、製造に関する専門技術を用いて作業をする人たちです。そのような人たちは技術職と呼ばれています。工場が対象とする製品によって専門技術は異なりますが、どの工場であっても技術職は中核を担う重要な存在といえます。
  
しかし、具体的に技術職がどのような仕事をしているのか分からない人もいるでしょう。そこで今回は、工場勤務の技術職について解説します。

技術職と技能職との違いは?

工場勤務をして製造に携わっているからといって、必ずしも技術職というわけではありません。専門知識がなくても製造に関わることは可能だからです。専門知識を持たずに製造を行う人たちは技能職と呼ばれており、技術職とは区別されています。
  
技能職は流れ作業の工程の一つを任されて、ルーチンワークに分類される作業を行うのが一般的です。一方で専門知識を有する技術職は、流れ作業ではなく生産体制を築くための仕事を担当するケースが多いです。
  
つまり技術職は、技能職が量産を行える仕組みを作り上げるのが主な仕事といえます。技術職で使う専門知識は仕事を通じて学ぶことも可能ですが、一般的には働き始める前に大学や専門学校で学びます。

技術職が担当する主な仕事は?

工場で技術職が担当する生産体制の構築は、とても重要な仕事です。
  
具体的には、原料から製品を作り上げる一連の工程を設計します。この設計の出来次第で、製品のクオリティや製造にかかるコストが大きく変わります。いったん築いた生産体制は長く使われることになるので、売上や経費に影響を与え続けることになるでしょう。
  
また設計するだけで、技術職の役割は終わりではありません。生産設備の稼働状況を監視することも大切な役割です。監視中に問題を発見したら調査を行い、改善の方法を考えたり再設計をしたりすることになります。生産体制に問題がないことを確認するテストも仕事の一つです。このように工場勤務の技術職は、多くの役割を担っています。

開発部門との橋渡しも重要な役割!

開発部門と工場の橋渡しも、工場勤務の技術職が担う大切な役割です。メーカーの研究所や事業所で開発された製品を工場で製造できるようにします。開発部門が決めた仕様どおりに、製品を作れるようにするには、さまざまな調整を行わなければなりません。
  
また実際には仕様どおりに作るのが難しい場合もあります。無理に製造しようとすると、完成品の中に不良品が混入する可能性が高くなってしまいます。難しい場合は現場の従業員に意見を求めて、仕様の問題点を抽出するケースが多いです。それらを開発部門に伝えると、製造しやすいように製品の仕様を変更するなどの処置が取られます。
  
このように技術職の仕事は、メーカーの製品を適切に生産するのに欠かせません。

やりがいが大きな仕事!コミュニケーション能力なども必要

技術職は生産体制を築くのに、対象分野の専門知識を用います。たとえば自動車工場であれば、自動車の製造に関する専門知識が必要です。しかし技術職に必要なのは専門知識だけではありません。
  
現場の従業員の意見をまとめたり、開発部門と交渉を行ったりするため、高いコミュニケーション能力を求められます。また注意力と発想力を兼ね備えていることも大切です。生産体制の細かな欠陥に築かなければなりませんし、問題の解決方法を発案する必要もあるからです。物事を多角的に見られることも重要な素養といえます。生産設備や従業員、原料など、製造の速度や製品の品質に影響する要因は多数あります。生産体制の改善を行っていくには、それらを総合的に検証していかなければなりません。
  
このように工場勤務の技術職はさまざまな能力が求められます。それらを用いて、今回紹介したような重要な役割を果たします。非常に大きなやりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
生産・工程管理の仕事内容と求められる資質・やりがいについて
  
やりがいナンバーワン!工場の生産管理の仕事とは?
  
持っていると業務のレベルアップができる!生産管理に役立つ資格
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
経験者優遇!の工場求人をチェック