現代の交通手段において、欠かすことのできない「自動車」。自動車は精密な機械であり、トラブルが起こってしまうと知識のない人が修理することは困難です。また、自動車事故に繋がる危険性などもあり、安全に自動車を運転するためには、自動車のプロ、つまり自動車整備士の力が必要不可欠です。今回は、人々の安全な自動車ライフを支える「自動車整備士」についてまとめてみました。

☆自動車整備士という職種

自動車整備士とは、自動車の点検やトラブルを抱えた自動車の修理などを行う職業のことを指します。また、整備や修理など自動車に関わる知識を持つことを証明するための資格に、自動車整備士資格が存在します。自動車整備士資格は、国が設ける国家資格のうちの1つです。自動車整備士になるためには、必ずしも資格が必要というわけではありません。実務経験を積んでから受験資格を経て、自動車整備士資格を受験するという方も多くいます。勤務先としては、自動車販売店や、整備工場、ガソリンスタンド、運送会社などがあげられます。自動車に関わる多くの企業が、自動車整備士を必要としています。

☆自動車整備士の仕事内容とは

自動車整備士の仕事内容は、大きく分けて3つの種類に分けることができます。1つ目が「点検」に関する仕事です。自動車は走行することや、製造から時間が経つにつれ、内部の部品が劣化したり、消耗したりしてしまいます。明確なトラブルが起こらないからといって放置しておくことは、突発的なトラブルを招き、交通事故の原因に繋がります。そこで、自動車整備士は自動車を定期的に点検し、部品のチェックや交換を行います。2つ目は「緊急整備」です。緊急整備とは、突発的な交通事故によって破損した箇所や、エンジントラブルなどの修理や整備を行うことです。3つ目は「分解整備」です。自動車の部品は、1つ1つが非常に精巧に作られています。特にエンジンやギアはたくさんの部品が使用されています。このエンジンやギアなどの分解、修理を行うことを分解整備と呼びます。分解整備は、非常に高度な技術と知識を必要とするため、国から認可を受けた「指定工場」や「認定工場」のみでしか行うことができません。

☆自動車整備士の資格について

自動車整備士資格の受験資格を取得するには、「資格の種類に合わせた実務経験を積む」または「国土交通省に認定された学校を卒業する」という2つの方法があります。国土交通省に認定された学校や学科で受験資格を取得する場合は、学校や学科によって通学する年数は異なる場合もあります。自動車整備士資格は、1級、2級、3級、特殊整備士とそれぞれ等級が分かれています。自動車整備士の資格は等級によって、技術や知識の深さが区別されるだけではなく、同じ等級内でもさらに車種によって資格が分けられます。車種は、ガソリン、ディーゼル、シャシ、二輪などに区分されており、受験する資格等級や車種によって受験の際に出題される内容もそれぞれ異なります。

☆整備を通し、人々に安全を提供する自動車整備士

自動車を安全に走行させるためには、定期的な自動車点検は必要不可欠です。自動車整備を行うことによって、突発的な交通事故以外の自動車トラブルは未然に防ぐことができます。自動車トラブルの原因の多くが、部品の消耗や破損によるものであり、自動車の不具合に見舞われた際には、専門知識を持たない所有者に対し、自動車整備士がトラブルの原因や自動車の状態について分かりやすく説明することも必要になります。また、従来にはない新製品が登場することなどもあり、自動車整備士は自動車に関する知識を常に収集しなくてはいけません。自動車整備を通し、人々に安全と笑顔を提供することが自動車整備士の仕事であるといえます。