「運ぶ」だけがいすゞのすべてじゃない!

昭和初期、株式会社東京石川島造船所から独立する形で創業されたいすゞ自動車。
  
創業当初は「株式会社石川島自動車製造所」という名前であり、2018年現在の社名になったのは1949年のことです。
  
1930年代から大型車両の開発と生産を積極的に行い、大型車両とそれに搭載される高速ディーゼルエンジンの分野で日本を代表するメーカーとなりました。
  
特に第二次世界大戦後、いすゞ自動車のトラックで食糧や物資の輸送を行ったことが戦後復興の一助となり、そのことがトラックに対する情熱の原点になっています。
  
そんないすゞ自動車の企業理念は「『運ぶ』を支え、信頼されるパートナーとして、豊かな暮らし創りに貢献します」です。
  
単に輸送機器の供給をするだけでなく、社会や環境との調和を図ることで信頼される企業になり、そのなかで発展を続けていくことを目指しています。
  
この企業理念の実現のため、共に定められているのが行動指針です。
  
行動指針では、「商品」「自己」「組織」に対して何をすべきかが示されています。
  
「商品」に対しては、常にニーズを追求し求められる商品を提供することを約束し、「自己」に対しては誠実かつ迅速な対応をすることが求められています。
  
そして「組織」に対しては、チームワークを重視し世界中の仲間と結束することが、従業員に求められているのです。
  

いすゞ自動車のエンブレムの由来とは

トラックなどで知られる「いすゞ自動車」のエンブレムは、「ISUZU」の文字をスタイリッシュに表記したものになっています。
  
このエンブレムの由来は、いすゞ自動車の企業理念を表現したことから来ているとされています。
  
いすゞ自動車の企業理念は「世界中のお客様に、心から満足していただける商品とサービスを創造し、社会に貢献するとともに、人間性豊かな企業として発展する」で、エンブレムはこの企業理念をシンボリックに表現し、ISUZUの文字をシンプルかつモダンなデザインでマーク化したものとなっています。
  
日本のみならず、世界中で親しまれる思いを込めて、ローマ字表記となっています。
  
なお、いすゞ自動車のエンブレムは、1974年~1991年まで、2018年現在の「ISUZU」を表記したものではなく、先がとがった2本の柱をイメージしたシンボリックなものでした。
  
この2本の柱は「お客様とともに伸びゆくISUZU」と「社会との調和のもとに伸びゆくISUZU」を象徴しているものとされていました。
  
ほかの自動車メーカーと同様に企業を表すシンボルとしていましたが、1992年以降はシンプルな「ISUZU」のエンブレムとなりました。
  

始まりは大正!日本の成長を支えてきたいすゞ

ディーゼルエンジン技術を得意とし、大型車両を多く生産するいすゞ自動車。
  
その歴史は古く、創業は第一次世界大戦直後の1916年のことです。
  
株式会社石川島造船所と東京瓦斯電気工業株式会社が自動車製造を企画したことに始まり、100年以上の歴史を誇ります。
  
1922年には史上初となる国産乗用車を生産、1934年に商工省標準形式自動車をいずれ社名の由来となる「いすゞ」と命名しました。
  
「いすゞ」という名前は伊勢神宮内を流れる五十鈴川にちなんでつけられたものです。
  
太平洋戦争、そして第二次世界大戦期には鉄道省と協力しながら大型車両の開発と生産を行い、車両に搭載するディーゼルエンジンの分野で国内をリードしていました。
  
第二次世界大戦後の1949年には社名を「いすゞ自動車株式会社」と変更、引き続き大型車両を積極的に生産し続けました。
  
その車両で物資や食糧を方々へ運び、戦後復興の一翼を担っていたといわれています。
  
海外進出もそのころから行い、ゼネラルモーターズと資本関係を結ぶまでに成長します。
  
1960年ころまでには大型車両だけでなく小型、中型トラックや産業エンジンを生産するようになり、日本の高度経済成長を大きく支えました。
  
そして、1990年代になるとバスシリーズの生産も行われるようになります。
  
安全性能だけでなく環境にも配慮した車両を開発するなど、ディーゼルエンジンのリーディングカンパニーを目指して、いすゞ自動車はさまざまな取り組みを続けています。
  

いくつ知っていますか?いすゞの車種の車名の由来

【PAネロ】
  
PAネロの「PA」は、イタリア語で「広場」を意味する「ピアッツァ」。
  
「ネロ」は同じくイタリア語で「黒」がその由来となっています。
  
合わせて、高級でスポーティな車種であるPAネロのイメージを体現した名前だと言えるでしょう。
  
  
【アスカ】
  
飛鳥時代の「あすか」からとられた名前です。
  
これからの国際化時代のなかで、いすゞの日本車の在り方を考えた名前となっています。
  
なお、英語表記だとスペルは「ASUKA」になりますが、これだと海外では「アシュカ」と読まれてしまいます。
  
そのため、スペルは「ASKA」という造語となっています。
  
  
【ウィザード】
  
名前の通り、「魔法使い」の意味の「WIZARD」からとられています。
  
オフロード、オンロードを問わず、ドライバーの思い通りに、魔法のように願いを叶えてくれるという意味が込められています。
  
また、Wondering Imagination Zing Adventure Romance Dreamのそれぞれの頭文字を取った名前でもあります。
  
  
【ERGA】
  
ラテン語からとられており、その意味は「○○に向かって」というもの。
  
「新たな時代へ向かって走り出す」という願いが込められた名前となっています。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
どのメーカーを選ぶ?自動車工場の気になる給料の相場とは
  
自動車の製造工場での仕事とは?生産工程ごとに内容をご紹介!
  
ジョブコンプラスならでは!メリットだらけの大手メーカー求人をチェック
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
メーカーの工場求人をチェック
  
大企業・大手企業・安定の工場求人をチェック