工場で働きたいけれど、喘息やアレルギーがあるからやっていけるか心配という人も多いのではないでしょうか。
実際にやっていけるかどうかということは症状の強さや職場の環境にもよるため、できるかできないかを一概に判別することはできません。
  
しかし、どのような職場環境が症状をより誘発させやすいかをあらかじめ知っておくことで、やっていけるかどうかを知る目安にはなるでしょう。
  
そこで今回は、喘息やアレルギー持ちの人が工場勤務をする場合に気をつけるべきいくつかのポイントについて解説します。
  

職場で喘息になる人の20%以上は職場環境が原因!

インドネシアのあるウェブサイトの記事によると、米国医学図書館は職場で喘息を引き起こす人の20%は職場の空気中にある塵やほこりのほか、職場の臭い、煙が原因であるという見解を示したと伝えられています。
  
また、同記事におけるアレルギーと肺の専門家の意見では、職業の中には喘息患者には向かないものがあるされています。
  
そういったことからも、喘息やアレルギーの症状がある人は工場勤務を始める前に具体的な仕事の内容や職場の環境についてあらかじめよく調べておく必要があるでしょう。
  
喘息やアレルギーがあるからといって工場勤務ができないわけではありませんが、仕事の内容や職場の環境次第では症状を悪化させてしまうおそれがあることを忘れてはいけません。
  

喘息やアレルギーを悪化させやすい職場とは?

それでは実際どのような職場が喘息やアレルギーの症状を悪化させやすいのでしょうか。
  
まず挙げられるのは木屑が発生する工場です。
  
のこぎりで木材を切断したり、やすりをかけたりする工場では大量の木屑が発生します。
  
この木屑が目や鼻、気管支に入ってしまうと炎症を引き起こす原因となるのです。
  
また、パンを製造する工場も気をつける必要があります。
  
パン工場では実際に調理をする場合はもちろんのこと、調理をしない現場であっても粉や塵が原因で症状を悪化させてしまう可能性があります。
  
そのほか、織物業も気をつけましょう。
  
パキスタンで行われたアンケート調査では、織物業に従事する人の20%以上が頻繁に咳き込んだり息苦しさを感じたりといった肺への悪影響を受けていることが明らかとなりました。
  
湯気や織物業独特の強い香料がそれらの原因ではないかと言われています。
  
海外の調査ではあるものの、決して無視できないものと言えるでしょう。
  

喘息やアレルギーの悪化を予防するためには?

喘息やアレルギー発作の最大の原因は風邪、過労、ストレスの3つだといわれています。
  
そのため、喘息やアレルギー持ちの人はこの3つについてしっかり自己管理することが大切です。
  
とりわけ喘息発作は夜から明け方にかけての副交感神経が優位になったときに起こりやすいといわれていますので、できるだけ夜勤を避けたほうがよいでしょう。
  
また、もし可能であればこまめな休憩を入れて疲れを溜めないことも大切です。
  
とは言うものの、実際工場勤務中は中々自分で仕事のペースを調整することは難しいかもしれません。
  
そこで、最低限できることとしては、室内の換気、マスクの着用、うがい・手洗いの徹底が挙げられます。
  

そのほかの喘息やアレルギーを誘発する原因

工場にもさまざまな職場があります。
  
その中には喘息やアレルギーの症状を誘発させやすいところもありますので、工場勤務を考えている人は注意する必要があります。
  
たとえば、窒素化合物や硫黄酸化物、ホルムアルデヒド、エンドトキシン、二酸化硫黄、オゾンによる煙は喘息を誘発することが知られています。
  
職場でそのような煙が発生する場合には、あらかじめ配置換えなどを希望したほうがよいでしょう。
  
また、アレルギー持ちの人のなかには天然ゴムアレルギーという人もいます。
  
仕事で天然ゴムの手袋を使用するといった人は、天然ゴムの原料であるラテックスがアレルゲンでないかどうかをあらかじめ調べておくのがおすすめです。
  
そのほか、タバコの煙も喘息の発作を引き起こす要因のひとつといわれています。
  
多くの工場では敷地内での分煙が徹底されていますので、喘息やアレルギーの症状がある人は自分が吸わないのはもちろんのこと、喫煙所にも近づかないようにしましょう。
  
喘息やアレルギーがあっても多くの場合は工場勤務ができる一方で、仕事内容や職場環境が症状を悪化させてしまうことのないよう、あらかじめ注意しておくことが大切です。
  

  
  
▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
  
落とされたらリターン?期間工の健康診断の壁!
  
期間工の採用時に行われる健康診断、気になるその中身とは?
  
工場勤務でマスクが外せない!ニキビの悪化にどう対処する?
  
  
▼お仕事を探したい方はこちら!
  
工場・製造業求人の仕事探しをする