自動車工場勤務は労災保険の対象になるの?

自動車工場勤務は労災保険の対象になるの?

  • 投稿日:2017/11/30
  • 更新日:2017/11/30

目次

    働くうえで心配されるのが労働上で起こる体調不良やケガです。
    特に工場勤務の場合は作業中の事故なども考えられ、労災保険が適用になるかどうかは他の職種より気になるところでしょう。
      
    そこで、自動車工場での労災保険はどうなっているのかについて解説します。
      
    実際にどのような事例が報告されているのも説明していくので、自動車工場勤務を検討する際の参考にしてみましょう。
      
    また、工場勤務をするうえでの注意点についても触れてみます。
      

    法律で義務づけされている労災保険の加入

    労働者を1人でも雇用している事業者は、労働保険に加入しなければなりません。
      
    これは雇用保険法の第5条にある労働者災害補償保険法第3条で事業者の義務として定められているものです。
      
    労働保険とは「労災保険」そして「雇用保険」の2つを指します。
      
    労働保険への加入は一部の農林水産業を除いてすべての産業に適用されます。
      
    つまり一般の会社や工場、病院など1人でも従業員の雇用があれば必ず労働保険の加入が必要です。
      
    個人と法人に関係なくすべての事業者が該当するもので、労働者が希望しなくても加入することが義務になっています。
      
    労働保険に未加入の事業者は勤務中に労働者がケガを負った場合などはそれだけ負担が大きくなり、不利な状況が予想されます。
      

    自動車工場も労災保険の加入対象になっている

    自動車工場ももちろん労災保険の加入対象です。
      
    しっかり法規を守っている自動車工場であれば、労災保険にも雇用保険にも加入しているので安心して働けると考えていいでしょう。
      
    では、どんなときに労災保険が適用になり、補償されるのはどれくらいの期間なのでしょうか。
      
    「雇用保険労災指導協会」では、労災保険の適用に対して「どういうときに何をいつまでいくら補償するか」という内容で分かりやすく基準を定めています。
      
    それによると、作業上のケガや職業病に対してはその治療にかかる金額を完治するまで全額負担することとしています。
      
    適用になるのは労災指定病院での治療が原則です。
      
    ただし、近くに指定病院がなかった場合の対処や障害が残った場合についても基準を設けています。
      

    実際に報告されている労災の内容とは?

    「厚生労働省労働基準局」は労働災害が発生した状況を産業別と事故のタイプ別で分析しています。
      
    その資料によると2015年の製造業の重大災害は前年度の2014年と比較して15.3%減少しています。
      
    また、他の産業も含めた2015年の重大災害の発生をタイプ別に見ると交通事故が48%、中毒・薬傷が19%とやや多く、火災・高温は5%で爆発は8.3%という結果です。
      
    2015年の死亡災害に至っては、製造業は前年度の2014年より11.1%減少しています。
      
    産業全体での死亡災害で最も多いのは墜落・転落の26%で、その次に多いのが19%の交通事故です。
      
    挟まれ・巻き込まれ事故が13%と続き、高温・低温物との接触など製造上の事故につながるものはわずか3%にとどまっています。
      
    厚生労働省 平成27年労働災害発生状況等
    http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11302000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Anzenka/H27rousaikakutei_betten.pdf

    労災保険に加入しているところがほとんど

    加入の義務や行政の指導などもあり、自動車工場ではほとんどの事業者が労災保険に加入していると言えるでしょう。
      
    労働上で起こった災害に関しては事業者が労災保険を通して労働者を保護することが義務づけられています。
      
    また、労働が原因と考えられる病気などに関しても同様の保護をするよう指導されているため、自動車工場でも安心して勤務できるでしょう。
      
    ただし、加入を義務づけてはいるものの、必ずしもすべての事業者がきちんと加入しているとは限りません。
      
    もちろん、未加入が発覚すれば指導を受けることにはなります。
      
    また、加入していない事業者は労働者に対しても十分な安全配慮を行なっていない可能性が高くなります。
      
    安全に勤務するためにも労働保険の加入や就業規定などを重視することが必要です。
      
    自動車工場の勤務も労災保険の対象になるので、求人募集を見るときは労災保険や雇用保険への加入がしっかりされているかどうかを確認しましょう。
      

      
      
    ▼他の記事をチェックしたい方はこちら!
      
    労災保険制度の基本と労働災害発生時の給付申請について
      
    自動車メーカーの工場勤務、その年収はいかに!?
      
    工場で働くために知りたい!自動車工場ではどの製造工程が人気?
      
      
    ▼お仕事を探したい方はこちら!
      
    自動車の工場求人をチェック

    合わせて読みたい関連記事

    「工場Q&A」カテゴリの人気記事ランキング

    ジョブマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスで求人検索!

    運営者

    ジョブマガジン編集部
    ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
    工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

    ジョブコンプラス

    工場・製造業のお仕事いっぱい!

    • 1R寮
    • 期間工
    • 高収入
    • 日払い
      OK

    ジョブコンプラス

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    キャンペーン

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP

    1. ジョブコンプラス工場求人TOP
    2. ジョブマガジン
    3. 自動車工場勤務は労災保険の対象になるの?