工場で働く旨みは決して小さなものではありません。
  
とりわけ製造業の人材不足が深刻化する中、工場勤務は売り手市場の状況が長く続いています。好条件の求人も多く出回っているため、より高収入が見込める仕事でもあります。
  
特に夜勤のある工場に勤務することができれば、日勤で働く以上の年収が期待できるでしょう。工場では夜勤専従という働き方はあまりありませんが、日勤と夜勤を組み合わせた柔軟な働き方を続けていれば、高い報酬を望むことも決して不可能ではありません。
  
もちろん、夜勤で働くとなれば、体調維持やタイムスケジュールの管理はしっかりとしておく必要があります。しかしそれさえクリアすれば、効率よく高収入を得ることができる働き方です。

☆日勤よりも高い給料

夜勤で働く場合、日勤に比べて時給を高くしなければならないと法律で決められています。
  
具体的には、労働基準法の規定によって、夜の22時から朝の5時まで勤務をする場合は、日勤のときに比べて時給を25%アップさせなければならないことになっています。
  
すなわち夜勤で働くことによって、日勤よりも高い給料を確保することができるということです。とりわけ工場は24時間稼働しているケースも少なくなく、夜勤という働き方が幅広く受け入れられている業界です。夜勤を中心に働くことで、年収そのものを大きくアップさせることもできるでしょう。
  
ただ、夜勤は不規則な生活を強いられるという側面もあるので、体調を崩さぬよう働き方には十分に注意して計画的に働くことが肝心です。

☆夜勤で見込まれる年収

夜勤を中心に1年間工場で働いたとすると、日勤のみで活動するより大幅な年収アップが見込まれます。
  
時給換算で25%の手当てがもらえるため、日勤と同じ日数を夜勤で働けば、単純計算で年収も25%上昇することになります。特に派遣やバイトで働く場合、夜勤などの勤務形態は収入に直結する指標です。
  
一方、正社員で働く場合は、夜勤のみなどといった勤務形態は少なく、残業という形で夜勤手当が上乗せされるケースが多いようです。そのため、夜勤で高収入を稼ぎたいというのであれば、派遣やバイトという形で働いた方がより大きな旨みを享受することができるでしょう。

☆夜勤のある工場で働く旨み

夜勤のある工場とそうでない工場とでは、得られる収入に大きな開きが生じます。
  
工場勤務そのものの時給や年収は、他の業種と比べると必ずしも高収入とは言えないところがありますが、夜勤がある工場で働くことができれば、一般に高収入と言われる業種などと肩を並べるほどの年収を得ることも不可能ではありません。
  
日勤のみの工場であると、平均的な年収相場はボーナスなしでおよそ200万円強といったところですが、夜勤のある工場の場合、年収相場は同じくボーナスなしで300万円前後にまで跳ね上がります。
  
どれだけ残業や夜勤をしたかでも変わってきますが、ともかく夜勤があるかないかで工場勤務の年収は大きく変わってくると言えるでしょう。

☆年収以外にも旨みの多い夜勤

年収工場の夜勤は何も年収だけに旨みがあるわけではありません。夜勤を中心に働くことによって、昼間を自由な活動時間として確保することができますし、派遣やバイトで働く場合はダブルワークで更なる収入を得るチャンスも増えるでしょう。
  
ダブルワークで掛け持ちして働けば、工場夜勤の収入にプラスして、より高い年収を確保することも可能です。昼と夜に合わせて働くことができれば、お金を効率よく貯めることもできるでしょう。
  
ただ、やはり夜勤を継続して続けるのは難しいことです。昼夜逆転の生活になったり、睡眠時間を確保できないということもあります。ですから、夜勤で高年収を稼ぐためには、体調の管理が何よりも重要になってくるということを意識しておきましょう。