派遣として働く上でネイルはどのくらいの派手さまで許されるのか

派遣として働く上でネイルはどのくらいの派手さまで許されるのか

  • 投稿日:2016/06/03
  • 更新日:2020/06/11

目次

    工場系で働いてみたいけど、オシャレは怠りたくないという女性は多いのではないでしょうか。
    女性ののほとんどの方ががネイルをしたことがあったり、ネイルをしてみたいと思っていると思います。
    ジョブコンプラスでは、工場系で働きたいと思っている女性の皆さんの疑問にお答えします。

    ☆髪の毛や化粧はどの程度良いの?

    工場で働く女性は髪の毛が暗い方から明るい方、メイクはナチュラルな方から派手な方と外見は様々です。
    食品加工のお仕事はギャザーキャップを着用するため、髪の毛をギャザーキャップの中にをしっかりと入れれば、髪の色は問題ありません。
    食品以外の工場勤務の場合は、ヘルメットをかぶることがあります。
    ヘルメットをかぶる場合は、髪の毛が仕事の妨げにならないようしっかりと結めば大丈夫です。
    気になる化粧はナチュラルメイクの方からしっかりとメイクされている方まで様々です。
    化粧で気を付けることがあるとすればつけまつげは、製品の中に入ってしまう場合があるのでつけない方が安全でしょう。
    髪の毛や化粧のことを説明させていただきましたが、企業によってルールは異なりますので面接時か就業前に必ず採用担当者に確認しましょう。

    ☆工場勤務はネイルOK?

    女性の方は工場勤務ではネイルがOKかすごく気になりますよね。
    女性の場合、派手なネイルでなくても爪の保護でトップコートを塗っている方も多いのではないでしょうか。
    では実際に、工場勤務はネイルがOKかというと、正直、職場環境によって様々です。
    しかし、インターネットで実際に働いている方の声を検索してみると、ネイルOKの工場も多いようです。

    ☆どのくらいの派手さなら大丈夫?

    ネイルOKと言われてもどのくらいまでネイルをして大丈夫なのか気になりますよね。
    ネイルOKと言っても工場は製品を作る大事な場所です。ストーンを沢山のせたりするのはやめましょう。
    どうしても派手にしたい方はしっかりと厚めにジェルで固めてもらうなどしてストーンが取れたりすることがないようにしましょう。
    また、スカルプや長めの爪は仕事に支障が出る可能性があるので、爪は出来るだけ短めで、ナチュラルなジェルネイルにしましょう。
    ネイルOKと言われても初日出勤日やすぐにネイルをするのではなく、仕事や職場環境に慣れてからにしましょう。
    必ず工場長や採用担当者にどれくらいまでの派手さなら大丈夫なのかを聞き、一般常識内でネイルをしましょう。

    ☆まとめ

    ●工場で働く女性の外見はナチュラルメイクの方から派手な方まで外見は様々
    ●髪の毛はギャザーキャップやヘルメットにしまうため、髪色は自由な工場が多い
    ●工場ではネイルOKの職場が多い
    ●仕事に支障が出ないよう、ネイルは爪が短めでナチュラルデザインにすると良い
    ●ネイルは仕事や職場環境に慣れてからにした方が良い
    ●ネイルOKと言われても一般常識内でネイルをする
     
    服装自由染髪OK!の工場求人はこちら
    女性活躍中の工場求人はこちら
    全国の工場・製造業求人を探す

    合わせて読みたい関連記事

    「お仕事ナビ」カテゴリの人気記事ランキング

    ジョブマガジンカテゴリ

    ジョブコンプラスで求人検索!

    運営者

    ジョブマガジン編集部
    ジョブマガジンは、工場のお仕事に携わる方向けの情報メディアです。
    工場で働く前に知っておきたい資格、工場でのお仕事内容はもちろん、採用されるために必要な面接のコツやノウハウ、応募の際の注意点など、求職に役立つ情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

    ジョブコンプラス

    工場・製造業のお仕事いっぱい!

    • 1R寮
    • 期間工
    • 高収入
    • 日払い
      OK

    ジョブコンプラス

    まずは会員登録!

    • 最新のお仕事情報をメールでお届け!
    • 入力なしでカンタンに応募ができる!
    • 履歴書作成ができる!証明写真も簡単!

    会員登録(無料)

    じょぶコン吉

    ジョブコンプラス専門サイト

    PAGE TOP

    1. ジョブコンプラス工場求人TOP
    2. ジョブマガジン
    3. 派遣として働く上でネイルはどのくらいの派手さまで許されるのか